本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



最近は文筆家としても評価の高い青木さやかさん。実はかなりのアナログ人間の青木さんですが、あえてアナログがいいとか、デジタルデトックスとか確固たる意志があるわけではなく、単純に「電源の入る類のもの」に興味がなく生きてきたらここまできた、と言います。そのめくるめく「アナログライフ」とは。青木さんの新著『...
別窓で開く

U-20女子ワールドカップに臨むU-20なでしこ21人が発表! 池田太体制で18年フランス大会からの連覇を目ざす
 JFA(日本サッカー協会)は7月12日、8月に開催されるU-20女子ワールドカップに臨むメンバー21人を発表した。 コスタリカで開催される今大会で、U-20日本女子代表は、グループDでU-20オランダ女子代表、U-20ガーナ女子代表、U-20アメリカ女子代表と同居。...
別窓で開く

瀬戸康史さん、住吉美紀住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。“プロフェッショナルの素顔に迫る”をテーマに、各界で活躍されている素敵な方をゲストに迎えて話を伺うコーナー「Blue Ocean Professional supported by あきゅ...
別窓で開く

「立ち直れないと思ったことも」カベポスターが『ABCお笑いグランプリ』優勝! 4年連続決勝進出、令和ロマンら抑え念願の王者に
お笑いコンビ・カベポスター(浜田順平、永見大吾)が、10日に開催された『カーネクスト Presents 第43回ABCお笑いグランプリ』のチャンピオンに輝いた。 『ABCお笑いグランプリ』は、1980年に『ABC漫才・落語新人コンクール』としてスタート。1989年からは『ABCお笑い新人グランプリ』...
別窓で開く

“早逝”岡田有希子、“元夫と逮捕”酒井法子、“不倫”ベッキー…それでも「サンミュージックはファミリー」なワケ「大事なことは優しさを常に持つこと」《相澤社長インタビュー》
「酒井法子がもし自殺でも選んだら…」サンミュージック相澤社長が語った“事件”の裏側とダンディ坂野大ヒットまでの苦節「売れるまでは肩身が狭かった」 から続く 1968年に創業し今年54年目を迎えた芸能事務所「サンミュージックプロダクション」。カンニング竹山隆範やダンディ坂野氏ら人気芸人が多く所属し...
別窓で開く

渡邊雄太は「今大会最大のスター」。50年間栄光から遠ざかるアジアカップで日本は番狂わせを起こせるか<DUNKSHOOT>
7月5日、日本バスケットボール協会が来週12日〜24日にジャカルタ(インドネシア)で開催される「FIBAアジアカップ2022」に臨む日本代表メンバーを発表した。...
別窓で開く

中尾ミエ ワタナベエンターテイメントに戻った理由は?
テリー ミエさんって、ずっと芸能界の第一線にいますよね。中尾 やっぱり会社に恵まれましたからね。テリー 渡辺プロね。中尾 でも、渡辺プロに30年いて、そのあと独立して30年1人でやってたんですよ。それで、この間ワタナベエンターテインメントに戻ったから。もう1人でやるの、ちょっと疲れちゃって(笑)。...
別窓で開く

日向坂46初の卒業セレモニー 二期生・渡邉美穂「私の5年間いたこのグループを、みなさんで守り続けてください」
6月28日(火)東京国際フォーラムホールAで、日向坂46の二期生メンバーである渡邉美穂の卒業セレモニーが行われた。日向坂46 「渡邉美穂 卒業セレモニー」  カメラ:上山陽介2017年8月、日向坂46の前身グループ・けやき坂46(ひらがなけやき)の二期生として加入した渡邉。同期の中では初の卒業生で、...
別窓で開く

「準備はできている」京口紘人とのリマッチを“V3戦の相手”ベガが熱望! アクシデントで敗れた前回は「自信につながった」
現地時間6月10日、メキシコ・グアラダハラで行なわれたボクシングWBA世界ライトフライ級王座統一戦に勝利し、4度目の防衛とともに団体内統一を果たした京口紘人(ワタナベ)。激闘を終えたばかりの王者だが、その周囲では、はやくも次戦の話題が聞こえ始めている。...
別窓で開く

決勝進出12組決定! かが屋、カベポスター、令和ロマン、ヨネダ2000らが『ABCお笑いグランプリ』優勝争う、生配信も
23日、『カーネクスト Presents 第43回ABCお笑いグランプリ』(ABCテレビ)の決勝戦に出場する12組のお笑い芸人が、ABEMAで配信されたスペシャル番組内で発表された。 『ABCお笑いグランプリ』は、『ABC漫才・落語新人コンクール』として1980年に誕生し、1989年からは『ABCお...
別窓で開く