本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


豪快弾だけではなく献身性も光る。苦しむ阪神を救った“苦しみ続けた”助っ人ロハスJr.。「突如としてチャンスを掴んだ」
「どんな形でもランナーをかえしたいと思っていた」 苦しむ猛虎に光明をもたらしたのは、そう語った助っ人スラッガーだった。 8月18日、敵地で開催されたヤクルト戦に「3番・左翼」で出場したメル・ロハスJr.(阪神)は3打数(1四球)1安打3打点1本塁打と活躍。出色のパフォーマンスで「8」にまで伸びていた...
別窓で開く

「あまりにも可哀想」“打線の援護ない”藤浪晋太郎に阪神ファン同情。7回10K無四球1失点に「覚醒の予感」と期待
8月13日、阪神の藤浪晋太郎は、京セラドームで行なわれた中日戦に先発出場。7回(107球)、被安打4、10奪三振、無四球、1失点と好投したものの、打線の援護に恵まれず、今季初勝利はお預けに。チームは0対2で敗れ、5連敗を喫した。【動画】5回は三者連続奪三振をマーク!石垣が全く反応できなかった一球をチ...
別窓で開く

「自分のために、家族のためにやろう」——阪神が泥沼から立ち直った主因は“発想の転換”を施したブルペン改革にあり
約4か月前、悪夢の幕開けから長く暗いトンネルを彷徨い続けた猛虎が、美しいまでの上昇曲線を描いてその「強さ」を取り戻した。 前半戦のラストゲームとなった7月24日の横浜DeNAベイスターズ戦。最終回を迎えて1-0とリードはわずか1点。それでも甲子園球場に同点、逆転を憂う空気は微塵も感じられなかった。...
別窓で開く

“まさか”の1軍昇格後は打率4割! 阪神ロハスJr.のアピールに韓国メディアも熱視線「白鳥に生まれ変わるか」
逆境に立たされた猛虎の助っ人が、一転して快進撃を見せている。阪神タイガースのメル・ロハスJr.だ。 入団2年目の今季もロハスJr.の状態は決して芳しいものではなかった。7月末の時点での打撃成績は打率.200、本塁打4本、OPS.685。チームが新助っ人アデルリン・ロドリゲスを新たに獲得した理由の一端...
別窓で開く

“暴れ馬”プイーグが韓国で崖っぷちに。いまだ糸口が見えない打撃不振に逆風強まる「野球に関する話題は聞こえない」
アジア球界に活躍を求めた元MLBスターが、崖っぷちに立たされている。今季から韓国プロ野球(KBO)のキウム・ヒーローズに入団したヤシエル・プイーグだ。 昨年12月に1年100万ドル(約1億1360万円)でキウムと電撃契約を締結したプイーグ。法定速度を大幅に超過した交通違反、乱闘騒動、DV規約違反など...
別窓で開く

【前半戦通信簿|阪神】借金最大16を完済して2位浮上! 投手陣は充実の陣容も、打線は助っ人の不振以外にも懸念材料が<SLUGGER>
阪神46勝46敗2分勝率.500(2位)平均得点:3.40(5位)平均失点:2.81(1位)得失点差:+56(2位)▼前半戦通信簿:まずまずです 矢野燿大監督が今季限りの辞任を明言した開幕を迎えると、いきなり9連敗、だが、一時は16まで増えていた借金を前半戦最終盤についに完済して2位へ浮上した。...
別窓で開く

阪神で逆風に苛まれるロハスJr.。それでも韓国球界で電撃復帰が囁かれ続ける事情とは?「カムバックは十分に現実性がある」
猛虎が逆襲の狼煙を上げるなか、助っ人砲が逆風に苛まれている。阪神のメル・ロハスJr.だ。 7月24日に行なわれた横浜戦に1対0で競り勝った阪神。今季5度目の同一カード3連勝を飾ったチームは、最大16もあった借金を完済。勝率を5割に戻して2位に浮上した。 首位ヤクルトとの差は11ゲームとまだまだ遠い。...
別窓で開く

僕らはドラマを信じてる——。阪神がついに借金完済! 矢野監督が「舞台が整った」と力説する勝率.063からのV字回復に感じる機運
溜まりに溜まった“借金”がついになくなった。7月24日に横浜DeNAベイスターズを1対0で破り、今季5度目の同一カード3連勝をマーク。最大「16」もあった借金をようやく完済した阪神タイガースである。 戦前に「この試合を絶対取るんだ」と語っていた矢野燿大監督の執念が伝わるような...
別窓で開く

エ軍監督代行の退場に疑問の声。「ビッグフライ! オオタニサーン!」を生み出した元アナも「なぜ一度待ったんだ?」と苦言
不振に喘ぐ指揮官の退場が話題となっている。 現地時間7月22日に行なわれたアトランタ・ブレーブス戦、ロサンゼルス・エンジェルスは6点ビハインドの苦境で大谷翔平が今季20号となる本塁打を放って一矢報いた。 ベンチも背番号17をハイタッチやグータッチなどで迎え入れ、「さぁここからなんとか盛り返そう」とい...
別窓で開く

巨人戦、審判の判定に投手が両手を広げ猛抗議!「そんな怒るほどか?」異例の態度に疑問の声、当日は重い試合展開
14日に行われ、巨人が「0-3」で敗れた阪神戦。先発登板した巨人助っ人・シューメーカーの態度がネット上で物議を醸している。 「0-3」と巨人3点ビハインドの7回裏無死。打席の阪神・梅野隆太郎に対し、シューメーカーはカウント「3-1」から外角にスプリットを投じる。この球はコース、高さ共に際どかったが、...
別窓で開く


[ ロハス ] の関連キーワード

slugger