本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



阪神・矢野監督、“守備コロコロ”を最後まで貫く真意 積年の課題で自滅する可能性も?
矢野燿大監督は最後まで“違和感”を貫く。 10月6日、クライマックスシリーズ(以下=CS)を戦う阪神の一軍練習にロドリゲスが合流した。出場登録を抹消されたのは8月28日、久々の一軍でウキウキだったのか、ロハス・ジュニアやマルテにも話し掛けていた。 「今のところ、CSでロドリゲ...
別窓で開く

ヤ軍主砲ジャッジ、4四球で7戦連続ノーアーチ。61号お預けに関係者ら嘆息も「もう少し待つ必要がある」と期待の声
アメリカン・リーグ最多本塁打(61本)まであと1本に迫るアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)。しかし、7戦連続で足踏みを続けており、いまだ60本塁打で止まっている。 現地時間9月27日に敵地で行なわれたトロント・ブルージェイズ戦で「1番・中堅」でスタメン出場したジャッジは、1打数無安打、4...
別窓で開く

「正気の沙汰じゃない」大谷翔平が成し遂げた“200奪三振&30HR”の快挙に米メディア驚愕!「世界の不思議だ」
大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が“二刀流”として前代未聞の快挙をやってのけた。 現地時間9月23日、敵地で行なわれたミネソタ・ツインズ戦に「3番・投手兼DH」で出場した大谷翔平は、序盤から悪天候に苦しみながらも、何とか踏ん張った。...
別窓で開く

「サイ・ヤング賞候補だ!」大谷翔平が強敵アストロズ戦で披露した“ワンマンショー”に米メディア脚光!「オオタニより価値がある選手はいない」
孤軍奮闘する“二刀流”大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が、最も価値ある選手「MVP」と、シーズン最高の投手「サイ・ヤング賞」という権威のある2つの賞の候補となっている。 昨季アメリカン・リーグMVP男は、今シーズンも躍動しており、現地時間9月10日のヒューストン・アスト...
別窓で開く

ロハスJr.、月間打率.063の再スランプ。韓国メディアは“電撃復帰”の可能性を分析「起用法も彼に不利な点があった」
激しい争いが繰り広げられたペナントレースも終盤に入ったNPB。リーグ優勝はもちろん、クライマックスシリーズ進出、さらにタイトルレースと話題が尽きないなかで、にわかに話題が出始めているのが、来シーズンに向けた動きだ。 各球団が水面下で様々な動きを見せるなかで、小さくない注目を集めているのが、阪神の助っ...
別窓で開く

【8月の投打部門別ベスト3:セ・リーグ】五冠の“村神様”は8月も月間MVP確定!投手部門では今永・山﨑のDeNAコンビが光る<SLUGGER>
9月7日に8月の月間MVPが発表される前に、投打各部門の月間トップ3を紹介する。今回はセ・リーグ編だ。【野手】●OPS ※60打席以上1位 村上宗隆(ヤクルト) 1.5752位 ロハス・ジュニア(阪神) .9743位 オスナ(ヤクルト) .949  2位と実に600ポイント以上の差をつけて、村上が圧...
別窓で開く

巨人助っ人に解説が激怒「僕なら代えてます」 判断ミスを首かしげごまかす? 止まらない緩慢守備に批判相次ぐ
25日に行われ、巨人が「2-1」で勝利した中日戦。「6番・左翼」で先発した巨人助っ人・ポランコの守備がネット上で物議を醸している。 問題となっているのは、「1-0」と巨人1点リードの5回表無死でのこと。打席の中日・土田龍空が遊撃、左翼の中間付近に落ちる左前打を放つ。ポランコはこの打球をワンバウンドで...
別窓で開く

なぜ“接待役”? 久保建英、人気シリーズ出演俳優との3ショットが脚光! クラブ贈呈ユニに注目「14番はタケだよな」
 久保建英が所属するソシエダの公式ツイッターは8月23日、公式のSNSやYouTubeで、著名なゲストが訪問に来たと報告した。 バスクの名門から歓迎を受けたのは、メキシコ人俳優のクリスト・フェルナンデス氏だ。2020年にアメリカで放送された、サッカークラブの監督を主人公にした人気テレビドラマ『Ted...
別窓で開く

“神がかった”活躍続くロハスJr.に韓国メディアも感嘆! 古巣スカウトは再獲得の可能性を語る「視野に入れるのは明らか」
夏場に入って、虎の助っ人が存在感を強めている。入団2年目のメル・ロハスJr.だ。 8月21日に敵地・東京ドームで行なわれた巨人戦では初回に5試合連続ヒットを記録。これで8月に入ってからのスタッツを打率.368、4本塁打、OPS. 1.165にまで伸ばした。 もはや周知の通りだが、今季のロハスは開幕時...
別窓で開く

2328日ぶりの巨人戦勝利を掴んだ藤浪晋太郎の“復活”。矢野監督も太鼓判を押した「晋太郎らしいボール」とは?
胸をすくような快投に虎党も沸いた。 8月20日に東京ドームで行なわれた巨人戦で先発した藤浪晋太郎(阪神)は、7回(108球)を投げ、被安打6、5奪三振と好投。6回に丸佳浩にソロ本塁打を打たれたものの、四死球はゼロ。大崩れせずに待望の今季初勝利を挙げた。 本人曰く「調子自体は良くなかった」。...
別窓で開く


[ ロハス ] の関連キーワード

slugger セ・リーグ