本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



CL、EURO、国内リーグ、得点王…必要なのはどのタイトル!? 英専門メディアがバロンドール候補を選定!「CLとEUROの両方を獲れればケインは全てを手に」
選手個人を対象にしたタイトルの最高峰と言えるバロンドール。昨年は10月末に表彰式が行なわれ、アルゼンチン代表のスーパースター、リオネル・メッシが歴代最多となる8回目の受賞を果たしている。 そして、年が明けてまだ間もない現在ではあるが、早くもイギリスのサッカー専門メディア『Football365』は今...
別窓で開く

「相手にしてもらえなかった」48年前、日本サッカー界の招待に初めて応じてくれた欧州代表チームが来日!“ブルガリア代表3連戦”に想いを馳せて【コラム】
 今や日本代表が公式に対戦する相手といえば、国の代表チームと相場が決まっている。FIFAワールドカップやAFCアジアカップの予選、本大会で戦うのはもちろん、キリンチャレンジカップのような国際親善試合でも、毎年のように世界各地域から代表が来日する。 だが、日本サッカーのプロ化が進展する以前において、欧...
別窓で開く

「メッシに続いてC・ロナウドも…」中国でのアル・ナスルの親善試合が突然延期に「ふたたび笑いの種に」「サッカー砂漠地帯だ」地元メディア嘆き
アジアカップのグループステージで敗退した中国代表に続いて、中国サッカー界に激震が走った。1月24日と28日に中国国内で予定されていた、クリスティアーノ・ロナウドを擁するアル・ナスルと中国クラブの親善試合が突然延期となってしまったのだ。...
別窓で開く

カゼミーロにサウジ移籍の可能性?…C・ロナウド擁するアル・ナスルが獲得を検討か
マンチェスター・ユナイテッドに所属するブラジル代表MFカゼミーロに、アル・ナスルが関心を寄せているようだ。23日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。 現在31歳のカゼミーロは前所属のレアル・マドリードで数多くのタイトルを獲得した後、2022年夏にマンチェスター・ユナイテッドへ完全移籍で加入。...
別窓で開く

「ロナウドが撃沈された場所」インドネシアメディアが決戦の地に着目!レジェンドの金言も「日本のハイプレスに注意せよ」【アジア杯】
 アジアカップの第2戦でイラクにまさかの敗北を喫した森保ジャパンは1月24日、決勝トーナメント進出を懸け、インドネシアと相まみえる。 一方で、対戦相手のインドネシアは日本と逆で、イラクとの初戦を1−3で落とすも、ベトナムとの2戦目は1−0でモノにした。...
別窓で開く

「いずれ世界で3〜4番目のリーグに」 早くも欧州選手が去り、不満が聞かれるサウジリーグに対して太鼓判を押したロナウドの意地と誇り
昨年、サッカー界に一大ムーブメントを巻き起こしたサウジアラビア。オイルマネーの力を存分に発揮して、自国リーグに多くのスター選手を招聘し、サッカー界の勢力構図に変化を起こそうと試み始めた。 自国サッカーの強化・繁栄を課題に挙げ、2034年ワールドカップの開催権まで手中に収めるなど、その勢いは衰えるとこ...
別窓で開く

「やはり愛が再燃していた!」SNSフォロワー数が1635万を超えるスイス女子代表と実力派プレミアリーガーの“アツアツ復縁画像”に英紙注目!
 スイス女子代表の一員として昨夏の女子ワールドカップにも出場し、現在イングランドのアストン・ビラ・ウィメンでプレーするアリシャ・レーマン。憧れであるクリスティアーノ・ロナウドを彷彿とさせる力強いドリブルからのフィニッシュが魅力のアタッカーだが、圧倒的な美貌と自由奔放な言動が常に注目を集めるインフルエ...
別窓で開く

「ドン大亮」「幕末のサムライっぽい」元Jリーガーでユーチューバーの那須大亮がAIで昭和男化した姿にファン反響!「なんでパンチパーマなん」
1月19日、元Jリーガーで45万人超の登録者数を持つサッカー系人気ユーチューバー那須大亮が自身のインスタグラム(@nasudaisuke_official)を更新。白黒写真の渋い昭和男に変身する姿を公開してファンの間で話題となっている。...
別窓で開く

ラグビー界の超大物が大阪に参上→家族4人で名物に舌鼓! オフを満喫する様子に「奥さんが美しすぎる」「カバンの“じゃがりこ”を発見」などファン反響!
ラグビー・ニュージーランド代表“オールブラックス”の英雄で、現在日本のリーグワンでプレーする世界的名手、ボーデン・バレットが公式インスタグラムを更新。オフを利用して家族で大阪を訪れた様子を楽しげに紹介している。...
別窓で開く

「メンタルも技術も慣れてきた」オランダ1年目の佐野航大はなぜブレイク明けに急躍進を遂げられたのか。兄・海舟には「俺よりも玄人向け」【現地発】
 オランダ1年目の佐野航大が華麗なテクニックでNECファンを虜にしている。 サイドライン際で敵のプレスに追い込まれても、佐野は華麗なフェイント、軽やかなステップワーク、軽妙なダブルタッチで打開していく。右サイドハーフから中に入ってNECの中盤を厚くし、滑らかなパスでビルドアップの潤滑油になる。...
別窓で開く