本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



16年ぶり8強へ!ポルトガルがスイス戦のスタメンを発表!C・ロナウドは今大会初のベンチスタート【W杯ラウンド16】
 現地時間12月6日、カタール・ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦で、FIFAランキング15位のスイスと対戦する、同9位のポルトガルが先発を発表。主軸のブルーノ・フェルナンデス、ベルナウド・シウバらが順当に名を連ねた一方、大エースのクリスティアーノ・ロナウドは今大会初のベンチスタートとな...
別窓で開く

敗退後も「ゴミ拾い」をした日本サポーターにスペイン全国紙は最敬礼!「21世紀のサッカーファンとしてあるべき姿を示した」
日本代表は現地時間12月5日、カタール・ワールドカップ(W杯)、決勝トーナメント1回戦でクロアチア代表と対戦し、PK戦の末に敗れ目標としていたベスト8進出はならなかった。 日本にとって4度目となる16強での戦いだったが、またも大きな壁に跳ね返された。43分に前田大然のゴールで先制するも、55分に同点...
別窓で開く

なぜ得点パフォを“連発”したのか? 止まぬ非難にブラジル指揮官は釈明「韓国を馬鹿にしたつもりはない」「理解してほしい」【W杯】
ゴールラッシュに歓喜したセレソンのはしゃぎっぷりが厳しい意見を呼んだ。 話題となっているのは、現地時間12月5日に行なわれたカタール・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で、韓国代表に4-1と快勝したブラジル代表の“パフォーマンス”だ。...
別窓で開く

「決勝の後、全員でカップラーメンを食べた」中国女子代表主将が衝撃発言、“男女格差”に母国紛糾!「男子は毎日ナマコを食べているのにか」【2022総集編】
 今年も残すところ1か月を切った。本稿では、2022年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、3月に女子アジアカップを制した中国女子代表の主将が放った衝撃の一言に関する記事を再掲する。...
別窓で開く

クロアチア戦は34.6%! 第2位は日本代表試合じゃなかった「歴代W杯視聴率ベスト10」
クロアチアの前に散ってしまったサッカーワールドカップベスト8の夢。今大会、ドイツ代表やスペイン代表を破った日本代表の躍進に、多くの国民が心を奪われたことは視聴率からも明らかだ。平均世帯視聴率は、1次リーグ初戦のドイツ戦が35.3%、第2戦コスタリカ戦が42.9%、第3戦のスペイン戦が22.4%、そし...
別窓で開く

【W杯|ラウンド16まとめ】“日韓”が敗れ、アジア勢は全滅…C・ロナウド擁するポルトガルはスイスと激突
 カタール・ワールドカップは現地時間12月5日、ラウンド16の2試合を開催。クロアチアとブラジルが準々決勝進出を果たした。 悲願のベスト8以上を目ざす日本はクロアチアと対戦。43分に前田大然のゴールで先制するも、55分にイバン・ペリシッチのヘディング弾で追いつかれる。その後は膠着状態が続き、PK戦へ...
別窓で開く

森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎
(試合後、日本サポーターに深々と頭を下げる森保監督(C)JMPA) 日本が前回準優勝のクロアチアと対戦し、PK戦までもつれた死闘の末、力尽きた。 2002年日韓大会はトルコに0−1、10年南アフリカ大会はパラグアイにPK戦で、18年ロシア大会はベルギーに2−3と、いずれも16強の壁を越えられなかった...
別窓で開く

メッシとフェデラーに共通する能力。アスリートには年齢を重ねたからこそできることがある
【サイモン・クーパーのフットボール・オンライン】高齢化するスター選手たち(3)(1)「カタールW杯でもメッシ、ロナウド、モドリッチが...高齢スター選手が増えたのはなぜか」から読む>> リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ......サッカー界に君臨する「中年」選手たち。彼...
別窓で開く

「全然いいと思わない」韓国相手に“歓喜のダンス”連発のブラジルに批判の声。闘将キーンが「無礼だ」と憤怒【W杯】
ゴールラッシュを祝うパフォーマンスに、サッカー界のレジェンドから苦言が飛んだ。 事の発端となったのは、現地時間12月5日に行なわれたカタール・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で、韓国代表と対戦したブラジル代表の“パフォーマンス”だ。 この試合は文字通りの一方的だった。...
別窓で開く

森保監督が試合後に見せた“お辞儀姿”に海外注目!「とても素晴らしい!」スタンドのファンに指揮官自ら感謝【W杯】
カタール・ワールドカップ(W杯)で、日本は最後まで品格を見せた。 現地時間12月5日に行なわれたクロアチア戦では、前田大然のゴールも、120分に渡る延長戦を1対1の同点で終えた。勝負の行方はPK戦となり、南野拓実、三笘薫の2人がいきなり失敗。浅野拓磨はしっかりと沈めたものの、吉田麻也が外して1-3で...
別窓で開く