本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシア軍に破壊された世界最大の輸送機「ムリーヤ」が航空業界に与えた影響
航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏が5月2日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシア軍によって破壊されたウクライナの航空輸送機「ムリーヤ」が航空業界に与えた影響について解説した。【世界最大の貨物機アントノフAn225ムリーヤ】 ドイツ西部ラウツェンハウゼンのフランクフルト・...
別窓で開く

「WC」だけではない! 知ってると超役立つ「海外のトイレ略語」
ふだん何気なく使っているカタカナ語や略語の由来など、外国語の雑学をご紹介。今回は、知らないと旅行先でかなり困るトイレ略語をピックアップ!まずは、おなじみの「WC」外出先や旅先などで、よく目にする「WC」。もちろん、トイレだという意味はわかりますが、なんの略かご存じですか?WCの正式表記は…正式表記は...
別窓で開く

名選手がズラリ…アーセナルの元敏腕スカウト、故ローリー氏が発掘した7人のタレント
アーセナルは17日、元チーフスカウトのスティーヴ・ローリー氏が63歳で亡くなったことをクラブ公式サイトで発表した。 ユース部門のスカウト担当として、1980年1月からパートタイムでアーセナルの仕事を始めたローリー氏。ジョージ・グラハム監督時代にフルタイムで働くようになり、アーセン・ヴェンゲル氏が監督...
別窓で開く

「早く決勝の話がしたい」EL準決勝でフランクフルトと対戦するウェストハム指揮官モイーズが“宣戦布告”!「ロンドンで素晴らしい夜を」
 現地時間4月14日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝第2レグで、プレミアリーグのウェストハムは、フランスのリヨンに3-0で完勝。アグリゲートスコア4-1でベスト4進出を決めた。クラブとしての同コンペティションの準決勝進出は、じつに46年ぶりだという。 試合後の会見で、ウェストハム指揮官の...
別窓で開く

逃した魚は大きかった!? イングランド代表入りの可能性があった逸材たち
年末に行われるワールドカップ・カタール大会への出場を決めているイングランド代表は、今月29日に初めてコートジボワール代表と親善試合を行う。そんな一戦で注目を集めるのが、元イングランド代表にして現在コートジボワール代表のエースとして活躍するウィルフレッド・ザハ(29歳)だ。...
別窓で開く

エスパス ルイ・ヴィトン大阪で開催中のゲルハルト・リヒターによるエキシビション「Abstrakt」展の会期が延長に
エスパス ルイ・ヴィトン大阪は、開催中のゲルハルト・リヒターの作品を紹介する「Abstrakt」展の会期を延長いたします。「Abstrakt」展は、4月17日を最終日としておりましたが、ご好評につき、5月15日までと変更させていただきます。...
別窓で開く

MI5が危険視! 2000万円の価値があったオノデラ情報
戦前の日本は、情報収集の面では必ずしも連合国に“完敗”していませんでした。その根拠として、インテリジェンス大国のイギリスが小野寺信(まこと)のことを、国際基準で第一級の情報士官と認めて、徹底マークしていたことが英国立公文書所蔵の公文書からわかると、産経新聞論説委員の岡部伸氏は指摘します。...
別窓で開く

ウクライナ情勢をめぐり、ロシアが取る「3つの可能性」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月1日放送)に経済アナリストのジョセフ・クラフトが出演。イギリスのジョンソン首相が来日を取りやめたというニュースについて解説した。2021年12月21日、ロシア国防省幹部の会合で話すプーチン大統領(タス=共同) 写真提供:共同通信社イギリスのジョ...
別窓で開く

もう一度見返したくなる!『キングスマン』 最新作に描かれた過去作との共通点とは?
表の顔は、高貴なる英国紳士。裏の顔は、世界最強のスパイ組織“キングスマン”。スタイリッシュな英国紳士が、ド派手で超過激なスパイアクションを繰り広げる大人気シリーズ、『キングスマン』(2015)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018)。...
別窓で開く

ごはん漫画「心もお腹も満たされる」珠玉のストーリー5選
焼き立てのトーストの匂いで目覚める朝、仲間と囲むランチのひととき。そして、一日の終わりに、たいせつな人と分かち合う食卓の湯気。私たちの心とからだは「食べること」で守られ、ときに救われます(※編集部注)。今回は「食」をテーマにした、いわゆる“ごはん漫画”にスポットを当て、おすすめ作品5選を紹介していき...
別窓で開く