本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



チェルシー、米ツアー帯同メンバーを発表…カンテはワクチン問題で不参加
チェルシーが9日、アメリカで行われるプレシーズンツアーに帯同するメンバーを発表した。 チェルシーは今夏、アメリカでプレシーズンツアーを行う。9日にアメリカへと渡航した選手たちはその後ラスベガスへと移動し、16日にクラブ・アメリカと、20日にはシャーロットFCと対戦。...
別窓で開く

英ジョンソン首相辞任の予兆を感じていたかのような「露メドベージェフ元大統領のSNS投稿」
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が7月8日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。英ジョンソン首相の辞意表明について解説した。2022年7月7日、ロンドンの首相官邸前で辞意を表明するジョンソン英首相(イギリス・ロンドン) AFP=時事 写真提供:時事通信英ジョンソン...
別窓で開く

DFの獲得を目指すチェルシー、今度はナポリのセネガル代表クリバリに関心か
チェルシーが、ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリに関心を寄せているようだ。28日、イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。 現在31歳のクリバリは、メス(フランス)やヘンク(ベルギー)でのプレーを経て、2014年夏にナポリに加入。圧倒的なフィジカルを武器にディフェンスの主軸に...
別窓で開く

ペドリが3位、松木玖生は81位…今年最も経験を積んでいる若手選手は?
2022年に入って最も経験を積んでいる若手選手は誰なのか? 高卒ルーキーながらFC東京でいきなりチャンスを掴んだ松木玖生(19歳)は、世界基準で見るとどれくらいの経験を積んでいるのか? そんな疑問を紐解くランキングがある。...
別窓で開く

本玉真唯のウインブルドン本戦初出場決定!予選決勝を逆転で勝ち抜き27日開幕の大舞台へ<SMASH>
グランドスラム(テニス四大大会)の一つである「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/グラスコート)では、現地23日に予選決勝を実施。日本の本玉真唯(世界ランキング138位)がルル・サン(スイス/266位)を6−7(9)、6−2、6−3の逆転で下し、初の本戦入りを決めた。...
別窓で開く

「これが僕の最後の大会」ウインブルドン予選に出場中のコールシュライバーが試合後のコートで引退を表明<SMASH>
男子テニス元世界16位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ/現230位)が間もなく開幕する「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/芝/グランドスラム)を最後に現役を引退する意向を示した。 2001年にプロへ転向した38歳のコールシュライバーは片手バックハンドを軸にした多彩...
別窓で開く

「路上でお酒を飲むために生きている!」イングランドのファンにとってカタールW杯が不評な理由【英国人記者コラム】
 カタール・ワールドカップ(W杯)のドロー結果を、日本の読者はどう受け止めたんだろう。 それにしても、日本は大変なグループを引き当てたね。スペインとドイツと一緒になるなんて、あまりに無慈悲な組分けと言わざるを得ないだろう。  優勝を狙うスペインとドイツに対して勝機はあるんだろうか。...
別窓で開く

破壊工作の工作員候補としてKGBがリクルートしたい人材とは?
ロシアによるウクライナ侵攻のニュースで、改めて注目されたのがプーチン大統領が元KGBの諜報員だったという経歴だ。現在、ロシアとNATO諸国が衝突する危険性もあるが、20世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」から、評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、ソ連時代のKGBが立てていた破壊...
別窓で開く

ロシアとウクライナの戦いは「2〜3年続く」その理由
地政学・戦略学者の奥山真司が5月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢の今後について解説した。対ドイツ戦勝記念日の式典に出席したロシアのプーチン大統領(中央)=2022年5月9日、モスクワ(タス=共同) 写真提供:共同通信社ロシアの外相がプーチン大統領の病気...
別窓で開く

航空機で初の大西洋横断飛行を達成(1919年5月27日)
 航空機で初の大西洋横断飛行達成というと1927年のアメリカの飛行機乗りチャールズ・リンドバーグの偉業を思い浮かべるかもしれません。しかし、リンドバーグの初の大西洋横断飛行は単独で無着陸飛行に成功したというものです。 単独と無着陸という条件を除くと初めて大西洋の横断飛行に成功したのはアメリカ海軍のカ...
別窓で開く