本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



契約満了でチェルシー退団のDFリュディガー「制裁は問題ではなかった」
チェルシーに所属するドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが、クラブの制裁は自身の契約問題に影響がなかったと語った。15日、スペイン紙『アス』が伝えている。 チェルシーは、現行契約が2022年6月30日までとなっているリュディガーと何度も契約延長交渉を行なっていたものの、給与の金額などの問題から合意...
別窓で開く

「5つ星の面白さ」と書店員絶賛。2人の女性の情熱描く「渾身の人生賛歌」
 「映画に夢を見て、映画に魔法をかけて、私たちは生きていく」 2019年本屋大賞第3位、第160回直木賞候補に選ばれた、第二次世界大戦直後のドイツを舞台にした歴史ミステリ『ベルリンは晴れているか』の著者・深緑野分(ふかみどり のわき)さん。 最新長篇『スタッフロール』(文藝春秋)は、深緑さんが驚異的...
別窓で開く

英米で再評価の「江戸川乱歩」「横溝正史」 なぜ今「エログロ」が必要とされるのか
 独自の発展を遂げた、日本のミステリー小説。その礎を築いたのが、江戸川乱歩、横溝正史の二大巨頭である。巧妙なトリックの一方、両雄の創作の原点には、実は「エログロ」「変態性欲」の世界があった——。幻想文学研究家・風間賢二氏が解き明かす、異端の文学史。 *** 虚構上の〈知〉のスーパーヒーローといえば、...
別窓で開く

「定価の10倍以上に」長谷部&鎌田所属のフランクフルトが臨むEL決勝のチケットがネットで高騰!  FIFAはサポーターに警告
 現地時間5月18日に行なわれるヨーロッパリーグ決勝は、スペインのセビージャにあるラモン・サンチェス=ピスファンで開催される。対戦するのは、長谷部誠と鎌田大地が所属するドイツのフランクフルトと、スコットランドのレンジャーズだ。 現地紙『The Scotish Sun』によれば、収容人数約4万3000...
別窓で開く

現代アートの巨匠・ゲルハルト・リヒター、待望の大規模個展6月7日より開催
ポンピドゥー・センター(パリ、1977年)、ニューヨーク近代美術館(2002年)、テート・モダン(ロンドン、2011年)といった世界の名だたる美術館で個展を開催。現代で最も重要な画家のひとりであるドイツ生まれの巨匠、ゲルハルト・リヒター。日本の美術館では実に16年振り、東京の美術館では初となる大規模...
別窓で開く

ウクライナで残虐非道を働くロシアの歴史的背景 「タタールのくびき」倍返しに始まる犯罪体質いまでも
 5月9日、全世界の注目を集めたプーチン「戦勝記念日」演説でしたが、ロイター電(https://jp.reuters.com/article/russia-putin-idJPKCN2MV0H2)によると、「勝利宣言」などは影を潜め、「ウクライナ」という固有名詞すら出て来ず、「ドンバス」などで自分が...
別窓で開く

【現地レポ】「前線に行きたい」母国で志願したウクライナ青年の思い
ロシアとウクライナの戦争が始まって2ヶ月以上になる。情勢は日々刻々と変わっているが、長期化するのではないかという見通しを立てる識者も多い。私が住むロンドンは日本よりも地理的に近く、ウクライナ出身の友人もいる。アメリカと同盟関係にあるイギリスは、基本的にロシアとはあまり友好的な外交関係にあらず、201...
別窓で開く

ロングセラー書籍『コンテナ物語−−世界を変えたのは「箱」の発明だった』(日経BP社)の著者マルク・レヴィンソンの最新刊『物流の世界史−−グローバル化の主役は、どのように「モノ」から「情報」になったか?』より、その一部をご紹介する。■第一次大戦による打撃1918年11月、休戦によって戦争は終結した。そ...
別窓で開く

岸田総理が東南アジアと欧州の両方を歴訪した「もう1つの理由」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が5月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロンドンで行われた日英首脳会談について解説した。2022年5月4日、記者の質問に答える岸田総理〜出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/101_kish...
別窓で開く

ロングセラー書籍『コンテナ物語−−世界を変えたのは「箱」の発明だった』(日経BP社)の著者マルク・レヴィンソンの最新刊『物流の世界史−−グローバル化の主役は、どのように「モノ」から「情報」になったか?』より、その一部をご紹介する。第一のグローバル化が終わった日は、ある程度正確に特定することができる。...
別窓で開く


[ ロンドン ドイツ ロンドン ] の関連キーワード

フランクフルト ウクライナ 東南アジア スペイン fifa
ロシア 江戸川 長谷部 リヒタ ゲイツ