本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



指導者、解説者で活躍…EURO1996ベスト4のイングランド代表選手の現在地
イングランドサッカー協会(FA)は23日、北アイルランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズの各協会と合同で、EURO2028共同開催への“関心表明書”を提出したと発表した。招致が成功すれば、1996年以来の英国諸島での単独開催が実現する。 EURO1996がイングランドで開催されたのは今から...
別窓で開く

エスパス ルイ・ヴィトン大阪で開催中のゲルハルト・リヒターによるエキシビション「Abstrakt」展の会期が延長に
エスパス ルイ・ヴィトン大阪は、開催中のゲルハルト・リヒターの作品を紹介する「Abstrakt」展の会期を延長いたします。「Abstrakt」展は、4月17日を最終日としておりましたが、ご好評につき、5月15日までと変更させていただきます。...
別窓で開く

ミッチェルとグエイも続けるか…クリスタル・パレスが輩出したイングランド代表戦士たち
3月の代表ウィークに行われる親善試合2試合に向けて、クリスタル・パレスのDFタイリック・ミッチェルがイングランド代表から初招集を受けた。 26日にスイス代表、29日にコートジボワール代表とウェンブリー・スタジアムで対戦するイングランド代表は、17日に発表された招集メンバーから、GKアーロン・ラムズデ...
別窓で開く

MI5が危険視! 2000万円の価値があったオノデラ情報
戦前の日本は、情報収集の面では必ずしも連合国に“完敗”していませんでした。その根拠として、インテリジェンス大国のイギリスが小野寺信(まこと)のことを、国際基準で第一級の情報士官と認めて、徹底マークしていたことが英国立公文書所蔵の公文書からわかると、産経新聞論説委員の岡部伸氏は指摘します。...
別窓で開く

まさにジェームズボンド! 日本陸軍武官室に勤務していた「岩延平太」
ポーランド亡命政府から「ソ連が裏切る」という、日本にとって敗戦を決定づける近代史上最大級の情報が、諜報の神様と呼ばれた小野寺信(まこと)に届けられました。これは、ポーランドから日本への“返礼”であったと産経新聞論説委員の岡部伸氏は語ります。※本記事は、岡部伸:著『至誠の日本インテリジェンス -世界が...
別窓で開く

ANAフランクフルト線の一部が「ウイーン経由」に なぜウイーン? ロシア情勢を鑑みルート変更
「ウイーン経由」…少し新鮮な響き?計12便で ロシアによるウクライナ軍事侵攻が続くヨーロッパ情勢に鑑み、ANA(全日空)は3月16日から26日までのヨーロッパ便の運航スケジュールを発表しました。運航を継続する路線でもロシア上空を回避すべく、通常と異なるルート(中央アジアルート)で運航。...
別窓で開く

暴走車の21歳男、19年前に交付のレゴランドの運転免許証で運転(英)
英ロンドン南東部ベクスリーで先月28日未明、ドイツ車アウディを運転していた21歳の男が、パトカーの停止命令を無視して約30分のカーチェイスを繰り広げ、無謀運転などで逮捕された。男は無免許で、19年前に発行されたレゴのテーマパーク「レゴランド」の運転免許証しか持っていなかったことでさらに注目されている...
別窓で開く

「日米開戦は断固すべからず」諜報の神様と呼ばれた小野寺信
産経新聞論説委員の岡部伸氏によると、戦前の日本は「謀略は誠なり」の精神で、世界初の情報士官養成所「陸軍中野学校」を開設しているのであるから、日本人にはインテリジェンスの潜在能力があるはず。「枢軸国側諜報網の機関長」と連合国に恐れられた小野寺信(まこと)。小国の情報士官と協力、連合軍を震撼させた“至誠...
別窓で開く

チアゴ・シウヴァがプレミアリーグ史上最高? フリー移籍で活躍した選手たち
年明け早々の1月3日、チェルシーはブラジル代表DFチアゴ・シウヴァとの契約を1年延長したことを発表した。パリ・サンジェルマン(PSG)との契約が満了した2020年夏にチェルシーに加入したT・シウヴァ。プレミアリーグ史上最高のフリートランスファー選手ではないかという呼び声も高く、37歳になった現在も、...
別窓で開く

Netflix最新ラインアップ一覧(2022年3月版) ライアン・レイノルズ主演『アダム&アダム』、千鳥MC・出演の『トークサバイバー!』など
2022年3月のNetflix新着情報です。主演・中島健人×松本穂香で贈るベストセラー小説の映画化『桜のような僕の恋人』(3月24日より配信)。美容師の美咲に恋をした晴人は、勇気を出して彼女をデートに誘う。目標に向かって頑張る美咲にふさわしい人間になるべく、諦めかけていたカメラマンへの夢を叶えるため...
別窓で開く