本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシア産石油価格に上限設定へ=G7、大筋合意の見通し
 【エルマウ時事】先進7カ国(G7)がドイツ南部エルマウで開催中の首脳会議(サミット)で、ロシア産石油の価格に上限を設定することで大筋合意する見通しとなった。欧州連合(EU)高官が26日、明らかにした。実現すれば、ウクライナ侵攻を続けるロシアの石油収入に打撃を与えそうだ。...
別窓で開く

世界最高の空港ランキング、日本の空港は何位に選ばれた?
香港メディアの香港01は22日、世界最高の空港トップ20に日本から4空港がランクインしたと報じた。記事は、航空業界評価会社スカイトラックス(Skytrax)が発表した「2022年ワールド・エアポート・アワード」について紹介するもので、同社は21〜22年度の顧客満足度に基づき550以上の空港の中から最...
別窓で開く

ウインブルドンに挑む19歳の超新星アルカラス!右ヒジに不安抱えるも「プレー自体はいい感じ」<SMASH>
今季だけでツアー4勝を挙げている注目のカルロス・アルカラス(スペイン/世界ランク7位)が、テニス系海外メディア『UBITENNIS』のインタビューに登場。右ヒジのケガの状態を明かすとともに、間もなく開幕する「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/グラスコート/グランドスラム)...
別窓で開く

ペドリが3位、松木玖生は81位…今年最も経験を積んでいる若手選手は?
2022年に入って最も経験を積んでいる若手選手は誰なのか? 高卒ルーキーながらFC東京でいきなりチャンスを掴んだ松木玖生(19歳)は、世界基準で見るとどれくらいの経験を積んでいるのか? そんな疑問を紐解くランキングがある。...
別窓で開く

本玉真唯のウインブルドン本戦初出場決定!予選決勝を逆転で勝ち抜き27日開幕の大舞台へ<SMASH>
グランドスラム(テニス四大大会)の一つである「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/グラスコート)では、現地23日に予選決勝を実施。日本の本玉真唯(世界ランキング138位)がルル・サン(スイス/266位)を6−7(9)、6−2、6−3の逆転で下し、初の本戦入りを決めた。...
別窓で開く

「本当に過小評価されているのは日本人の守備的MF」英サッカー専門誌がアジア人選手ベスト10を発表!
今季も多くの日本人選手が欧州各国リーグで奮闘したが、サッカーの本場でプレーするアジア人選手も年々増加しており、その中には強豪クラブで存在感を発揮し、トップリーグで輝かしい結果を残している者もいる。  2021-22シーズンが終了した今、英国のサッカー専門誌『FourFourTwo』が、最新...
別窓で開く

元王者マリー、ウインブルドンまでのケガの回復は微妙な状況「まだ練習できないショットがある」と現状を明かす<SMASH>
エントリーしていた先週の男子テニスツアー「シンチ選手権」を左腹部の負傷により欠場した元世界王者のアンディ・マリー(イギリス/現51位)が、自身が着用するウェアブランド「AMC」のイベントに登場。そのなかでケガの回復具合について「まだ完璧ではない」と明かした。...
別窓で開く

「これが僕の最後の大会」ウインブルドン予選に出場中のコールシュライバーが試合後のコートで引退を表明<SMASH>
男子テニス元世界16位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ/現230位)が間もなく開幕する「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/芝/グランドスラム)を最後に現役を引退する意向を示した。 2001年にプロへ転向した38歳のコールシュライバーは片手バックハンドを軸にした多彩...
別窓で開く

■韓国の苦境は日本にとってひとごとではない韓国経済の先行き懸念が高まっている。その要因は複数ある。その中でも、中国での“ゼロコロナ政策”と“脱グローバル化”の加速によって世界のサプライチェーンが寸断され、韓国経済に大きな支障が出ている。特に、韓国の貿易収支が赤字に転落する月が増えたことは見逃せない。...
別窓で開く

金田喜稔&木村和司が森保ジャパンを徹底検証「GKを含めてDFラインの再考は必要かもしれない」
日韓W杯20周年×スポルティーバ20周年企画「日本サッカーの過去・現在、そして未来」レジェンドたちが語る日本サッカーの「進化」金田喜稔×木村和司 対談(3)(1)はこちら>>  (2)はこちら>>「強豪ドイツが相手でも『サッカーができる』確率は上がっている」(金田喜稔氏)。...
別窓で開く


[ ロンドン ドイツ ] の関連キーワード

ウインブルドン smash ジャパン ロシア アジア
マリー