本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本では、男女の性差別の問題がようやく盛んに論じられるようになりました。その点、フェミニズム発祥の地であるイギリスは、制度上の男女差別は目立たなくなってきているといいます。ただ、社会生活の根底にある性差別意識がまだ根強いよう。MBA取得後、ロンドンの投資会社で働く33歳の女性が目撃した性差別とはどん...
別窓で開く

『シュレック・ザ・ミュージカル』今夏日本初上陸 全キャストをオーディションで選抜
アニメ映画『シュレック』を舞台化したブロードウェイミュージカル『シュレック・ザ・ミュージカル』が日本初上陸。トライアウト公演が8月15日〜28日、東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)にて上演されることが決まった。本公演の全キャストはオーディションで選出される。...
別窓で開く

 【ロンドン時事】週末20日朝のロンドン外国為替市場の円相場は、海外市場の流れを引き継ぎ、1ドル=127円台後半で推移した。午前9時現在は127円85〜95銭と、前日午後4時比55銭の円安・ドル高。 【時事通信社】...
別窓で開く

「炎のランナー」作曲のバンゲリス氏がフランスで死去 79歳 コロナ感染で治療中
 映画「炎のランナー(Chariots of Fire=1981年))」や「ブレードランナー(1982年)」の音楽を手掛け、ギリシャ人として唯一、アカデミー賞の作曲賞を受賞していたバンゲリス氏(本名エバンゲロス・オディセアス・パパサナスィウ)が17日にフランス国内の病院で死去。地元メディアやAP通信...
別窓で開く

資源高に国の借金…こんなにある円安要因、岸田首相講演にSNSでは「死に投資?」と揶揄も【プロはこう見る 経済ニュースの核心】
【プロはこう見る 経済ニュースの核心】 岸田文雄首相は外遊中の今月5日にロンドンの金融街シティーで投資家らに講演、「インベスト・イン・キシダ」と日本への投資を力説し、「日本経済はこれからも力強く成長を続ける。安心して日本に投資してほしい」と訴えた。...
別窓で開く

周囲の人間を傷つける失言や暴言は、どんな人がどんなときに発しているのか。順天堂大学医学部の小林弘幸教授は「失言や暴言は、たいてい早口から生まれている。それは早口になると、自律神経が乱れやすいからだろう」という——。※本稿は、小林弘幸『気がついたら自律神経が整う「期待しない」健康法』(祥伝社)の一部を...
別窓で開く

カナダ銀、中国が銅に繰り上げ=東京五輪の陸上400リレー—IOC
 【ロンドン時事】国際オリンピック委員会(IOC)は19日、昨夏の東京五輪陸上男子400メートルリレーで2位だった英国が選手のドーピング違反により失格したことを受け、カナダが銀メダル、中国が銅に繰り上がると発表した。 英国は第1走者のチジンドゥ・ウジャの検体から禁止薬物が検出された。日本はリレー決勝...
別窓で開く

市村正親「役者という生き方が心底好き」【『ミス・サイゴン』連続インタビュー第3弾】
ベトナム戦争末期を舞台に描かれる、ベトナム人少女キムと米兵クリスのロマンスと別離、キムの子タムへの愛、混乱の中を逞しく生き、何が何でも夢のアメリカ行きを目指すエンジニア……。心に響く歌で綴られ、実物大のヘリコプターやアメ車も登場。ミュージカルの金字塔『ミス・サイゴン』が2020年の全公演中止を経て、...
別窓で開く

市川紗椰がハマった『サンダーバード』の魅力「すべてがツボ。もっと早く見るべきでした」
『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回は、最近ハマったという特撮人形劇『サンダーバード』の魅力について語る。* * *ちょっと前に、お仕事で特撮人形劇『サンダーバード』を見ました。...
別窓で開く

英ロンドンに43年ぶり地下鉄新線=「エリザベス線」24日開通
 【ロンドン時事】英ロンドンの地下鉄の新線「エリザベス線」が24日、一部開通する。新線は1979年以来43年ぶり。当初は2018年に開通予定だったが、度重なる延期に見舞われ、名を冠するエリザベス女王の在位70周年「プラチナ・ジュビリー」の6月の祝賀イベントにぎりぎり間に合った。 開通するのはロンドン...
別窓で開く


[ ロンドン ] の関連キーワード

サンダーバード エリザベス サイゴン フランス ioc
カナダ