本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



エースが負傷欠場の韓国、レバノンの堅守に苦しむも…途中出場のクォン・チャンフンが千金弾!【W杯最終予選】
 カタール・ワールドカップのアジア最終予選第2節で、グループAの韓国代表とレバノン代表が対戦し、1-0で韓国が勝利した。 韓国はイラクと、レバノンはUAEとそれぞれ初戦で相まみえ、いずれもスコアレスドロー。今予選初勝利を目指す両チームの戦いは、立ち上がりからホームの韓国がペースを握る展開に。...
別窓で開く

Netflixが11月12日に配信を予定している『レッド・ノーティス』の米国版ティザー予告が公開
Netflixが11月12日に配信を予定している『レッド・ノーティス』の米国版ティザー予告が公開されています。RED NOTICE | Official Teaser | Netflix(YouTube)https://youtu.be/T6l3mM7AWewドウェイン・ジョンソン、ガル・ガドット、...
別窓で開く

「これではサッカーの発展はない」痛恨ドローの韓国、主将ソン・フンミンがイラクの“時間稼ぎ”を批判!「この結果を受け入れるのは難しい」
 9月2日に行なわれたカタール・ワールドカップ・アジア最終予選の初戦で、韓国はソウル・ワールドカップスタジアムでイラクと対戦。痛恨のスコアレスドローに終わった。 序盤から圧倒的にボールを支配した韓国は、しかし自陣に引いたイラクを崩せない。 26分には、10番のイ・ジェソンが絶好機を迎えるも、至近距離...
別窓で開く

韓国がホームで痛恨のドロー発進! 強力アタッカー陣を形成もイラクの堅牢を最後まで崩せず【W杯最終予選】
 現地9月2日、ソウル・ワールドカップスタジアムで行なわれたカタール・ワールドカップ・アジア最終予選の開幕戦、韓国はイラクをホームに迎えて、0−0の引き分けに終わった。 FWソン・フンミン、FWファン・ウィジョ、DFキム・ミンジェ、MFファン・インボムら不動の主軸たちを4−4−2システムに散りばめ、...
別窓で開く

バスケW杯2023予選の組み合わせが決定!開催国枠で本大会出場を決めている日本はオーストラリア、中国と同組に<DUNKSHOOT>
8月31日、FIBAバスケットボールワールドカップ(W杯)2023の各大陸予選組み合わせ抽選会が行なわれた。 次回のW杯はフィリピン、日本(沖縄)、インドネシアのアジア3か国共催(2023年8月25日〜9月10日)。本大会の出場国数は2019年大会と同様32か国で、アジア&オセアニアから8枠、以下、...
別窓で開く

W杯アジア最終予選開幕…出場国&試合日程をチェック!
2022年11月にカタールで行われるFIFAワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選が開幕する。アジア最終予選のルール、出場国、試合日程をおさらいしよう。アジア最終予選とは?2次予選を勝ち抜いた12カ国を2グループに分け、ホーム&アウェイの総当たり戦を行う。各グループ2位までの4カ国がワールドカッ...
別窓で開く

【森保ジャパン最新序列】柴崎復帰のボランチの争いは?南野、久保らタレント豊富な2列目の起用法も注目
 8月26日、2022年に開催される予定のカタール・ワールドカップへ向けた、アジア最終予選の第1戦・オマーン戦(9月2日、大阪/市立吹田サッカースタジアム)、第2戦・中国戦(9月7日、カタール・ドーハ/会場未定)へ臨む日本日本代表24人が発表された。...
別窓で開く

<W寄稿>韓日間の「国家競争力・信用等級」逆転は相当部分が「錯視効果」だ=韓国経済の「時限爆弾」
韓国がIMD(国際経営開発研究所: International Institute for Management Development)の国際競争力ランキングが始まって以来、30年経って初めて、日本を上回ったと韓国メディアが一斉に報道した。2020年基準の韓国の国家競争力ランキングは23位となった...
別窓で開く

北朝鮮「占いとの全面戦争」を宣言
世界中どの社会でも存在する「占い」。星座占い、四柱推命、タロット占いなど、その種類は枚挙にいとまがないが、一部の国では禁止されている。ひとつ例を挙げると、サウジアラビアの宗教警察は2008年、衛星放送で予言番組を行っていたレバノン人男性を、聖地メッカ巡礼でサウジアラビアを訪れた際に「魔法使用」の容疑...
別窓で開く

「世界ランク42位に負けるとは」バスケ日本代表の歴史的勝利に仏メディアは失望隠さず「この失態は歴史書に加わる」
日本代表の起こしたジャイアントキリングは、海外にも衝撃を与えているようだ。 バスケットボール男子日本代表は7月18日、埼玉・サイデン化学アリーナで東京五輪前最後の強化試合に臨み、フランスを相手に81-75の勝利を収めた。 序盤でペースを握った日本は第1クオーターからリードを奪い、その後も勢いに乗って...
別窓で開く