本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



イスラエル・ハマス戦争が悪化すれば原油供給に大ダメージ、「石油ショック」再来の可能性も
10月7日にハマスがイスラエルを奇襲攻撃し、それにイスラエルが報復攻撃を行っており、双方に犠牲が出ている。とりわけガザでは、食料や水、燃料などの生活費必要な物資が不足し、人道危機が深刻になっている。【関連記事】舛添要一氏連載『国際政治の表と裏』、前回の記事を読む ■第四次中東戦争ハマスが行...
別窓で開く

イスラエルとパレスチナ。歴史的に複雑な関係を紐解く
2023年10月7日、イスラエルはパレスチナの武装組織ハマスの襲撃を受け、多数の死者と人質拉致が発生してから1か月。イスラエルのネタニヤフ首相は「人質の解放なしに停戦はありえない」として、空爆や地上侵攻を進めガザ地区を南北に分断したと伝えられています。この武力衝突が始まったことで、ガザ地区の死者数は...
別窓で開く

【ディープ解説】参戦はあるのか? イランから見たイスラエル・ハマス戦争
法学者である最高指導者ハメネイ師と隷下の官僚機構がイラン国家の最高意思決定機関。軍の指揮権や宣戦布告の権限も握っているあの国が参戦すると「中東大戦争」に発展してしまう——。アメリカをはじめ国際社会が最も警戒しているのが、ペルシャ湾北岸の大国イランの存在だ。...
別窓で開く

【#佐藤優のシン世界地図探索?】ガザ地区対テロ戦の構造
イスラエル軍の攻撃を受けたガザ地区南部のハンユニス。複雑なこの状況を収束させるには、長くて半年程度の時間は要すると予想される(写真:ロイター=共同)ウクライナ戦争勃発から世界の構図は激変し、真新しい『シン世界地図』が日々、作り変えられている。...
別窓で開く

イスラエル・パレスチナ情勢について議長国として日本がするべきこと 東京でG7外相会合開催
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が11月3日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。イスラエルとハマスの戦闘について解説した。パレスチナ自治区ガザ市で、イスラエルの空爆後に立ち上る煙。...
別窓で開く

仲介役が不在で「難しい方程式」のよう イスラエル・パレスチナ情勢
ジャーナリストの須田慎一郎が11月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。イスラエル・パレスチナ情勢について解説した。...
別窓で開く

イスラエル殲滅で共闘する「ハマス」&「ヒズボラ」とは一体何者なのか?
ヒズボラの事実上のオーナーであるイラン(資金提供は年間7億ドル規模との試算も)は近年、ヒズボラとハマスの連携ネットワーク強化に注力しているという。資金援助だけでなく戦闘技術や兵器製造技術の移転も加速化していた可能性が高い壁やフェンスで囲われ"青空監獄"と呼ばれるガザ地区を17年間統治してきたハマス。...
別窓で開く

戦闘が続くイスラエル・パレスチナ イスラエル軍が強硬姿勢を堅持する理由は…
ガザ地区への空爆を続けるイスラエル軍は29日、これは緊急の要請だとして、パレスチナ自治区ガザ地区北部の住民に対して南部への避難を改めて呼び掛けた。 ■パレスチナ市民に無理を言い続けるイスラエル軍また、イスラエル軍は同日の空爆でハマスのメンバーら数十人を空爆で殺害し、SNSにガザ地区の海岸を...
別窓で開く

YCC再柔軟化で「円安」が加速?外為オンライン・佐藤正和氏
 日本銀行の金融政策決定会合が10月30日−31日にかけて行われ、日銀はYCC(イールドカーブ・コントロール、長短金利操作)の運用を一段と柔軟化させる決定を行った。7月に、金利の上限を1%とする修正が実施されたばかりだが、わずか3ヶ月での再修正となった。いよいよYCCの廃止なのか……、それともマイナ...
別窓で開く

「バケモノだ!」ある意味で戦車より怖い? イスラエル軍“魔改造ブルドーザー”とは
海外メディアでよくイスラエル軍のブルドーザーについて報じられています。実はこのブルドーザー、限りなく“兵器に近い重機”なのです。対戦車兵器を受け付けない重機! 2023年10月から、イスラエル軍とパレスチナのガザ地区を実行支配しているイスラム過激派組織「ハマス」との間で激しい戦闘が続いています。...
別窓で開く


[ レバノン ] の関連キーワード

パレスチナ イスラエル ディープ ヒズボラ ycc
ハマス イラン