本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「大舞台が本当に大好き」と八村塁。プレーオフで最高の輝きを放った“日本の至宝”は「こういう舞台でこそ成功できる」とさらなる飛躍に自信<DUNKSHOOT>
現地時間4月16日、ウエスタン・カンファレンス第7シードのロサンゼルス・レイカーズは敵地フェデックス・フォーラムへ乗り込み、第2シードのメンフィス・グリズリーズと対戦。128−112で勝利を収め、プレーオフ・ファーストラウンドの初戦を白星で飾った。「僕は大舞台が本当に大好きなんです。こういう舞台こそ...
別窓で開く

「今季ベストの状態にある」。絶好調のトンプソンが「自分のベストを引き出してくれる」と語る好敵手とは?<DUNKSHOOT>
現地時間3月13日に行われたフェニックス・サンズとゴールデンステイト・ウォリアーズによる一戦は、両チームのシューティングガード(SG)が華麗なスコアリングショーを演じた。 サンズのデビン・ブッカーはフィールドゴール成功率60.0%(12/20)でチームトップの32得点を奪取。...
別窓で開く

リビングストンが語る“ウォリアーズ王朝が長く続いた理由”。「世界のスポーツシーンを見ても非常に稀なこと」<DUNKSHOOT>
かつてゴールデンステイト・ウォリアーズで3度のリーグ制覇を果たしたショーン・リビングストン。2019年9月に現役を引退してからは同球団のフロント入りし、昨年はマネジメント側として初めて優勝を経験した。 現在の彼の役割は、コートの内外で選手を管理すること。主に19〜20歳の若い選手たちをサポートしてい...
別窓で開く

2011年のマブズ優勝戦士が明かす当時の“意外な難敵”「あの年のポストシーズンで最も層が厚かったのは…」<DUNKSHOOT>
2000年代を中心にNBAで計16シーズンをプレーしたショーン・マリオンは、持ち前の身体能力を生かしたアクロバティックな動きから“マトリックス”と称され、ディフェンスでは複数のポジションをガードするなどオールラウンダーとして活躍した。...
別窓で開く

「ウォリアーズがタイトルを獲得する可能性は0%」米識者が昨季王者をバッサリ「勝率5割のチームだ」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは今季、フランチャイズ史上2度目となるリーグ連覇を懸けて戦っている。シーズン終盤の段階でプレーオフ出場射程圏にはいるが、有名パーソナリティーのニック・ライト氏は連覇の可能性はないと語っている。...
別窓で開く

【NBA】八村塁はショット不発で2得点。レイカーズはレブロン不在のなかでデイビスが39得点と爆発しウォリアーズに快勝<DUNKSHOOT>
現地時間3月5日(日本時間6日、日付は以下同)、ロサンゼルス・レイカーズは本拠地クリプトドットコム・アリーナでゴールデンステイト・ウォリアーズと激突。39得点を叩き出したアンソニー・デイビスの支配的な活躍もあり、113−105で勝利し今季成績を31勝34敗(勝率47.7%)とした。...
別窓で開く

大混戦のウエストで反転攻勢をかける王者ウォリアーズ。アナリストはサンズ、ナゲッツ撃破を予想「答えはステフ・カリー」<DUNKSHOOT>
現地時間3月4日終了時点で、ウエスタン・カンファレンスはデンバー・ナゲッツが45勝19敗(勝率70.3%)で首位。2位のメンフィス・グリズリーズ(38勝24敗/同61.3%)に6.0ゲーム、3位のサクラメント・キングス(37勝26敗/同58.7%)に7.5ゲーム差をつけている状況だ。 一方で4位以下...
別窓で開く

4連勝のウォリアーズが今季初の貯金「3」。エースのカリーも5〜9日のアウェー3連戦で復帰か<DUNKSHOOT>
現地時間3月2日、ゴールデンステイト・ウォリアーズは本拠地チェイス・センターでロサンゼルス・クリッパーズと対戦。115−91で4連勝を飾り、今季成績を33勝30敗とした。 この日は前半終了時点で45−56と劣勢だったウォリアーズだが、第3クォーターに爆発。...
別窓で開く

“トリプルダブルマシン”ヨキッチが、2か月連続で月間MVPに選出!東はニックスのブランソンが初受賞<DUNKSHOOT>
現地時間3月2日、NBAが2月の月間最優秀選手を発表し、イースタン・カンファレンスからニューヨーク・ニックスのジェイレン・ブランソン、ウエスタン・カンファレンスからデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチが選出された。 2月の10試合に出場(欠場1試合)したブランソンは、平均27.3点、4.3リバウンド...
別窓で開く

「彼らはすべてを出し尽くした。自分もそうでありたい」トンプソンが大きな影響を受けた2人のアイドルとは?<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズはここまでウエスタン・カンファレンス7位の31勝30敗(勝率50.8%)。昨季王者は球宴明け初戦はロサンゼルス・レイカーズには敗れたものの、その後2試合(ヒューストン・ロケッツ、ミネソタ・ティンバーウルブズ)でクレイ・トンプソンがそれぞれ42得点、32得点と爆発し、2...
別窓で開く