本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナから国外に420万人避難 隣国ルーマニアで日本の団体が支援
ロシアに侵攻されたウクライナでは、戦禍を逃れようと多数の避難民が出ている。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、ロシアの攻撃が始まった2022年2月24日以降、国外に避難したウクライナ人の数は、4月2日までで420万人に迫る。日本の民間レベルで、ウクライナへの支援は広がっている。...
別窓で開く

地理とは「地球上の理(ことわり)」である。この指針で現代世界の疑問を解き明かし、6万部を突破した『経済は地理から学べ!』。著者は、代々木ゼミナールで「東大地理」を教える実力派、宮路秀作氏だ。日本地理学会企画専門委員会の委員として、大学教員を中心に創設された「地理学のアウトリーチ研究グループ」にも参加...
別窓で開く

作家・高橋源一郎さんと文芸評論家・斎藤美奈子さん。“本読みのプロ”2人の対話を通じて、平成から令和まで約30年の間に刊行された「文学」から「社会」の姿が浮かび上がる。2011年から2021年までに行った2人の対談をまとめた『この30年の小説、ぜんぶ 読んでしゃべって社会が見えた』を一部抜粋、再構成し...
別窓で開く

黒海の危険な浮流機雷がロシアの仕業と考えられるこれだけの理由 物的証拠を軍事的な論理で検証、ロシアの巧妙な「犯人偽装」工作をネタばらし
(数多 久遠:小説家・軍事評論家、元幹部自衛官) ウクライナへのロシアの侵攻は、停戦の可能性も見えてきました。しかし、たとえ停戦に実現したとしても、尾を引きそうな問題がいくつかあります。その1つが、黒海の機雷問題です。湾岸戦争が集結した後に自衛隊の掃海部隊が派遣されたように、機雷は戦闘が終結した以後...
別窓で開く

ディナモ・キーウがチャリティマッチ開催を発表…PSGやミラン、バルサらと対戦予定
ディナモ・キーウ(ウクライナ1部)は1日、2022年4月から6月にかけて、ヨーロッパの有力クラブと親善試合を行うことを発表した。 ディナモの発表によると、ドルトムント(ドイツ)、パリ・サンジェルマン(フランス)、FCSB(ルーマニア)、レギア・ワルシャワ(ポーランド)、バルセロナ(スペイン)、ミラン...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。大人の教養として世界の国々を知ろうと思った時におすすめ1冊が、新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)だ。世界地図を約3...
別窓で開く

ウクライナ危機で重要性が高まった「フィリピンの存在」 〜米軍とフィリピンが過去最大の合同軍事演習
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月30日放送)に慶應義塾大学総合政策学部准教授の鶴岡路人が出演。アメリカ軍とフィリピン軍による過去最大規模の合同軍事演習について解説した。...
別窓で開く

EU諸国が「シリア難民」は拒否しても「ウクライナ難民」を受け入れるのはなぜか
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月30日放送)に慶應義塾大学総合政策学部准教授の鶴岡路人が出演。フランス大統領選挙について解説した。2022年3月17日、ポーランドのクラクフ中央駅に集まる大勢のウクライナ人。...
別窓で開く

イセタンメンズとCADANのアートコラボプロジェクトの新シリーズスタート。フロアテーマに合わせたスペシャルインスタレーションを展示
伊勢丹新宿店メンズ館とCADAN(一般社団法人 日本現代美術商協会)のアートコラボレーションプロジェクトの新シリーズ「ニューエッセンシャル」が3月29日から始まります。 現代美術は、“美術” という名の通り新しい美的価値観を常に見出しています。同時にその時代を色濃く反映した文化的な背景を読み取るこ...
別窓で開く

プーチンと国際柔道連盟会長の蜜月、山下泰裕全柔連会長が“やるべき事”を溝口紀子教授が語る
 ロシア軍によるウクライナ侵攻の張本人である「柔道家」プーチン大統領に、国際柔道連盟(IJF)の対応が中途半端なのはなぜか。そして本家本元である全日本柔道連盟の役割は。「今こそ、山下(泰裕)会長は世界へメッセージを発信してほしい」と訴える、女性柔道家、バルセロナ五輪女子52キロ級銀メダリストでフラン...
別窓で開く


[ ルーマニア ] の関連キーワード

フィリピン ヨーロッパ ウクライナ ロシア 全柔連
シリア psg