本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



高橋一生『インビジブル』視聴率ダダ下がり…打ち切りライン越えの責任は
5月13日、俳優・高橋一生の主演ドラマ『インビジブル』(TBS系)の第5話が放送された。視聴率がついにデッドラインを越え、呆れ声が広がっている。〝インビジブル〟を名乗る女性・キリコ(柴咲コウ)は、裏社会を牛耳り、あらゆる凶悪犯罪者たちの取引を仲介する犯罪コーディネーター。...
別窓で開く

長澤まさみにセクハラ!? 映画『シン・ウルトラマン』に「オヤジ目線で…」
5月13日、ついに映画『シン・ウルトラマン』が公開された。しかし、俳優・長澤まさみの出演シーンを巡り、一部からは拒否反応が続出している。同映画は『ウルトラマン』55周年記念作品で、企画・脚本を庵野秀明、監督を樋口真嗣が担当。次々と出現する巨大不明生物「禍威獣(カイジュウ)」に対抗するために設立された...
別窓で開く

窪田正孝&山崎育三郎が語る“壁”の対処法「大事なのは乗り越えることより楽しむこと」
取材部屋で顔を合わせるなり、手を胸の位置まで上げ、ハイタッチするように熱く握手を交わした。その光景だけで、2人がどれだけ厚い絆で結ばれているのかが垣間見える。窪田正孝と山崎育三郎。連続テレビ小説『エール』で幼なじみ役を演じた2人が、大ヒット上映中の『劇場版ラジエーションハウス』で再び共演を果たした。...
別窓で開く

永野芽郁、26歳の若きCEO役で主演!おじさんサラリーマンが部下として転職してきて…
永野芽郁が主演を務める火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系、毎週火曜22:00〜)が、7月よりスタートすることが発表された。永野にとって、TBSドラマ初主演で民放GP帯ドラマでは初の単独主演となる。同ドラマは、大北はるかが脚本を手掛ける完全オリジナルストーリー。...
別窓で開く

永野芽郁、7月スタートTBS火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』に主演 若き女性CEOに
女優の永野芽郁が主演を務めるドラマ『ユニコーンに乗って』が、TBS系にて7月より毎週火曜22時に放送されることが決まった。永野はTBSドラマ初主演、またゴールデン・プライム帯の民放ドラマ単独初主演。...
別窓で開く

間宮祥太朗『ナンバMG5』視聴率また低下! ネット上では好評も…「残念」
5月11日に、俳優・間宮祥太朗の主演ドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ系)第4話が放送された。相変わらず視聴率の面で苦戦しており、ファンが不満の声をあげている。主人公の難破剛(間宮)は、筋金入りのヤンキー一家・難破家の次男。千葉14校を傘下に持つ超有名ヤンキー中学校・萬田中のアタマを張るまでになった...
別窓で開く

『未来への10カウント』古臭いベタベタ展開に中毒性?「キムタクだから…」
5月12日、木村拓哉主演のドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)の第5話が放送された。古臭いドタバタ展開が賛否を呼んでいる。物語の主人公・桐沢祥吾(木村)は、高校時代にボクシングで4冠を達成するものの、その後は度重なる不運に見舞われ、現在は生きる希望を失っていた。...
別窓で開く

首位交代! 『シン・ウルトラマン』『流浪の月』『バブル』がTOP10に登場!【動員ランキング】
5月14日、15日の全国映画動員ランキングは、『ウルトラマン』55周年を記念した空想特撮エンターテイメント作品『シン・ウルトラマン』が初登場で首位に立った。庵野秀明が企画・脚本、樋口真嗣が監督を務めた本作は、謎の巨大生物「禍威獣(カイジュウ)」の存在が日常化した現代日本を舞台に、新たなる“ウルトラマ...
別窓で開く

劇場版『ラジエーションハウス』案の定爆死? わかりきっていた失敗の理由
4月29日に公開された『劇場版ラジエーションハウス』が、ひっそりと爆死しているのではないかと話題になっている。窪田正孝の主演で、2019年4月期フジテレビ系の月9ドラマとして放送された『ラジエーションハウス 〜放射線科の診断レポート〜』。【関連】阿部寛の主演映画もまさかの爆死! 2022年に公開され...
別窓で開く

和久井映見「新たな目で見てくれるかも」第二黄金期が到来
 現在公開中の「劇場版ラジエーションハウス」(東宝)で循環器内科長を演じる和久井映見(51)。女優活動35年目にして新境地を見せている。 映画のPRのため、和久井が広瀬アリス(27)、山口紗弥加(42)とそろって出演したのは4月24日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)。女優業で直面した“壁”に関...
別窓で開く


[ ラジエーションハウス ] の関連キーワード

インビジブル ウルトラマン まさみ ナンバ 和久井