本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



あの「マナーバトル漫画」の続きが読める! バズった翌朝には動き出してた編集者に聞く、連載決定の舞台裏
皆さんは覚えているだろうか、あのマンガを。互いに「マナー」をぶつけあい、マナー違反を犯すと電流が流れて敗北を喫する、あの恐ろしいバトルを——。マンガ家・たむらゲンさんの作品『遙かなるマナーバトル』をJタウンネットで初めて紹介したのは、2022年6月上旬のこと。...
別窓で開く

Hilcrhyme/TOC、二名義でのアルバム同時リリースを経てたどり着いた“境地”「人を喜ばせたい」
Hilcrhyme/TOC、二名義でのアルバム同時リリースを経てたどり着いた“境地”「人を喜ばせたい」 Hilcrhymeとソロ名義のTOCが、9月28日にニューアルバム「SELFISH」と「FOOLISH」を2枚同時発売し、2組がそれぞれニ...
別窓で開く

車中キス写真を投稿も…華原朋美が“DV疑惑”のマネージャー夫と極秘離婚していた
 華原朋美(48)が、5月に小誌が前妻への“DV疑惑”を報じた夫・大野友洋氏と離婚していたことが「 週刊文春 」の取材でわかった。■SNSにあった大野氏の写真もすべて削除 華原は2020年8月に大手事務所から独立し、翌年、芸能事務所「伝元」に所属。その事務所社長の大野友洋氏と結婚したのは、2021年...
別窓で開く

〈LINE入手〉実は3股 ラグビー日本代表フィフィタが代表合宿を「嘘ついて帰って来た」
 昨夏から交際していたA子さんと同棲中の8月、トンガ人のB子さんと“結婚”していたと「 週刊文春 」(10月6日号)が報じた、トンガ出身のラグビー日本代表のシオサイア・フィフィタ(23)。彼が日本代表合宿を「嘘をついて帰って来た」と明かしていたことがわかった。同時期に交際していたC子さんにLINEで...
別窓で開く

大谷翔平とほぼ同じ、身長192センチ! 注目のシンガーソングライター・オヌキ諒とは?
ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」ニッポン放送のイマジンスタジオから素敵なゲストをお招きしてライブショーをお届けする『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』(毎週日曜朝5時30分〜/司会:中山秀征・アシスタント:石川みゆき)。10月9日(日)のゲストは、長保有紀さん、オヌキ諒さん、そし...
別窓で開く

『プラチナの恋人たち』ヤン・ヤン&ディリラバが魅せる“大人のラブストーリー”に注目 「何度でも恋してしまう」
中国トップスター、ヤン・ヤン&ディリラバ共演のドラマ『プラチナの恋人たち』は、中国で1日最高2.6億再生の記録を作り、配信ドラマ再生ランキングで初回から最終回まで1位を独走したメガヒット作だ。日本でもDVDリリースがスタートすると好調な売れ行きを見せ、中国ドラマファンの間で大きな反響を呼んでいる。...
別窓で開く

「仕組まれた試合はしない」伝説の猪木VSアリ戦 モハメド・アリの肉声テープ初公開
 10月1日に死去したアントニオ猪木。彼が、「プロレスラー」を超えた存在になったのは、1976年6月に行われたWBA・WBC統一世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリとの「異種格闘技戦」だった。「 週刊文春 」編集部は今回、この戦いの舞台裏を明かすアリの肉声テープを入手した。 ゴング直後に猪木がア...
別窓で開く

料亭再建に挑む15歳差夫婦を描く人気漫画『ながたんと青と‐いちかの料理帖‐』、2023年春連ドラ化
磯谷友紀の漫画『ながたんと青と‐いちかの料理帖‐』が、WOWOWにて連続ドラマ化され、2023年春から放送・配信されることが決まった。 物語の舞台は、戦後間もない京都。戦争で亡くなった夫から「ながたん(包丁)」を託された34歳の桑乃木いち日(くわのき・いちか)は、ホテルの料理人として生きていくことを...
別窓で開く

「住民投票、国際基準に合致」=核使用には抑制的—駐日ロシア大使
 ロシアのガルージン駐日大使は5日、ウクライナの親ロシア派が南部の独立と、東・南部のロシアへの併合に向け実施した「住民投票」について、「国際司法裁判所は(一部地域が)独立を宣言する際、その(所属する)国の中央政府の許可は必要ないとコメントしている」と主張し、正当化した。東京都内での講演で語った。...
別窓で開く

F1日本GPへ角田裕毅「日本人として夢だった」…鈴鹿で7日開幕
 3年ぶりに開催される自動車レース・F1世界選手権の日本グランプリ(GP)を控え、アルファタウリの角田裕毅(22)らが5日、東京都内で記者会見を開いた。 ...
別窓で開く


[ ライガ ] の関連キーワード

hilcrhyme line モハメド ディリ toc
ロシア