本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



着物をこよなく愛する女性向けのコンテスト『KIMONO I-CONTEST〜着物なでしこ発掘〜』グランプリは“ユキナ”さんに決定
全国で開催する新時代のロールモデルを発掘するライブ配信コンテスト『MODECON』の運営や、Z世代をターゲットとしたデジタル事業を手がけるKIRINZが主催する、オンライン着物コンテスト『KIMONO I-CONTEST〜着物なでしこ発掘〜』のグランプリに、“ユキナ”さんが選ばれた。...
別窓で開く

柏木由紀、自然体な魅力があふれる微笑みSHOTをファン称賛「綺麗で素敵でキュン」「超美人」
柏木由紀、自然体な魅力があふれる微笑みSHOTをファン称賛「綺麗で素敵でキュン」「超美人」 12月6日、AKB48の柏木由紀がInstagramを更新した。...
別窓で開く

酒井健太(アルコ&ピース)『チャンサカの気まぐれパンチライン』第42回:カタールワールドカップ
音楽好きでラッパーとしてもひっそりと活動、一部では「ラジオスター」と呼ばれていたりもする鬼才(!?)アルコ&ピース酒井健太によるフリースタイルコ・ラ・ム!(月1回更新予定!) ほぼ全試合観ている。まじ感謝 ワ...
別窓で開く

《さくら保育園虐待》逮捕された虐待保育士が家庭で見せた“意外過ぎる素顔”「自分の子はよく教育。立派なお母さんだなと」「ママ友と一緒に子供を微笑ましそうに…」
 富士山の麓にあり、緑豊かな田園に囲まれた静岡県裾野市の「さくら保育園」。園のホームページには、園児たちが田んぼの中で泥だらけになったり、お面を被って遊んだりと、健やかな生活を送る写真が添えられ、「『日光』を浴び、汚れなき『空気』を吸い、『土と水』・『山と川』・『鎮守の森』一杯の大自然を有効に活用し...
別窓で開く

迫力ある「面構」シリーズ42点が一堂に『面構(つらがまえ) 片岡球子展 たちむかう絵画』1月1日より開催
昭和から平成にかけて活躍した日本画家・片岡球子の画業のなかで、特に「面構(つらがまえ)」シリーズに焦点をあてた展覧会が、2023年1月1日(日)から1月29日(日)まで、横浜・そごう美術館で開催される。1905年に北海道札幌市に生まれ、1926年に女子美術専門学校を卒業後、横浜市の尋常高等小学校に勤...
別窓で開く

「あなたの人生は、たった4000週間」。ひろゆき&全米が絶賛した『限りある時間の使い方』
 「メールの洪水が収まり、やることリストの増殖が止まり、仕事でも家庭でもみんなの期待に応え、締め切りに追われたり怒られたりせず、完璧に効率化された自分が、ついに人生で本当にやるべきことをやりはじめる——。そろそろ認めよう。そんな日は、いつまで待っても、やってこない」(著者:オリバー・バークマン) 2...
別窓で開く

「三笘の1mm」に不満でVAR廃止主張...元英代表に山本左近議員が苦言 「日本に負けるはずがないと心底思っているんだろう」
元F1ドライバーで衆院議員の山本左近氏が2022年12月4日、サッカー元イングランド代表のスタン・コリモア氏が「VAR廃止」を主張したと報じられた件について、「日本に負けるはずがないと心底思っているんだろう」などとツイッターで苦言を呈した。...
別窓で開く

「アトラスのライオン」が大物スペインを仕留めた…結束と個の能力がかみ合ったモロッコの快進撃
 サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会は日本の敗退が決まった翌6日、決勝トーナメント1回戦の最終日が行われ、8強が出そろった。グループリーグF組で前回3位のベルギーを下すなど、首位突破を果たしたモロッコは、日本に次ぐ2位で勝ち抜いたスペインと対戦。延長戦を終えて0−0の後、PK戦を3...
別窓で開く

最終戦はスタンド観戦…板倉滉、悔しさを胸に4年後の”帰還”を誓う「必ずベスト16の壁を破りに…」
日本代表DF板倉滉(ボルシアMG/ドイツ)が6日、メディア対応を行なった。 PK戦の末にクロアチア代表に敗れ、FIFAワールドカップカタール2022はベスト16敗退となった日本代表。累積警告による出場停止で同試合をスタンドから見守った板倉は「ピッチに立てず、終わった瞬間をスタンドから見ていた時は悔し...
別窓で開く

「30歳とはびっくり」川栄李奈、フライングで横山由依の誕生日を祝福し反響「横栄はいくつになっても尊い!!」
画像出典:川栄李奈オフィシャルInstagramより 12月6日、川栄李奈がInstagramを更新。“大親友”である横山由依との2ショットを公開した。...
別窓で開く