本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【W杯を手繰り寄せた男たち|大久保嘉人編】「自分を呼ばざるを得ない状況」を作り出して、ブラジル行きを叶える
 4年に一度の祭典、ワールドカップ。この大舞台に立つことを約束された者などいない。メンバー入りを巡る熾烈な争いで、本大会が近づくにつれて序列を覆したケースもある。日本が参戦した過去6大会で、W杯を手繰り寄せた男たちの知られざるストーリー。今回は、目に見える結果を出し続け、FWとしての存在価値を示し、...
別窓で開く

アメリカの安全保障の実務にも精通するグレアム・アリソン・ハーバード大学教授がまとめた、2017年米アマゾンのベストセラー歴史書『米中戦争前夜 新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ』には、米中両国が局面する4つのメガ脅威と、リー・クアンユーも指摘していた冷戦後の米国の対中政策における矛盾、米...
別窓で開く

卓球男子世界ランキング(2022年第32週)|丹羽孝希が7ランクアップ ブラジルのエースが5位に上昇
国際卓球連盟(ITTF)は8月9日、2022年第32週の世界ランキングを発表した。今週はWTTコンテンダーチュニスの結果が反映されている。日本勢ではWTTコンテンダーチュニスでベスト16入りを果たした丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)が7つ順位を伸ばし、56位にランクインした。...
別窓で開く

50回目の開催に日本勢では唯一の参加! なぜスバルはニュル24時間レースに挑み続けるのか?
"世界一過酷なコースで行なわれる自動車レース"として有名なのが、ドイツの「ニュルブルクリンク24時間レース」だ。今年は新型コロナによる人数制限がなくなり、23万人もの観客が押し寄せたという。現地に飛んだモータージャーナリストの竹花寿実(たけはな・としみ)氏が、日本勢で唯一の参加となったスバルを密着し...
別窓で開く

福西崇史がJリーグで対峙して衝撃を受けた『攻撃的なポジションの外国人選手』4選「最初に浮かぶのは『浪速の黒豹』」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

U20女子W杯開幕直前! 過去の戦績から紐解く“女子最強国”はどこだ!?
今年7月6日から7月31日にかけてイングランドで開催された欧州女子選手権2022は、イングランド女子代表が優勝して開催国としての威信を保った。決勝でドイツ女子代表を延長の末に2−1で下したイングランド女子代表は、同大会初優勝。過去にU−19欧州女子選手権での優勝はあったものの、A代表にとっては記念す...
別窓で開く

なぜハリウッド映画の日本ロケが少ないのか? 名作『ブラック・レイン』が提起した問題点と最新“誘致強化”事情
『ブラック・レイン』TM & Copyright (C) 1989 by Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. TM,(R) & Copyright (C) 2013 by Paramount Pictures.Al...
別窓で開く

核兵器使用をほのめかすロシアが「新START条約」見直しにまんざらでもない その「複雑な理由」
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が8月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。広島の原爆慰霊碑に献花し、ウクライナでの核兵器の使用を否定したロシアのガルージン駐日大使について解説した。...
別窓で開く

ポーランドなぜいま韓国戦車を爆買い? その数実に1000両 大型契約締結の背景に何が
ポーランドが戦車をはじめとする韓国製兵器の大量導入を決めました。そこにはどのような背景があるのでしょうか。ポーランドの戦車事情を紐解きつつ、今回の大型契約に至った経緯や理由を解説します。ややこしいことになっているポーランドの戦車事情 ポーランド政府は2022年7月27日、韓国とのあいだにK-2戦車1...
別窓で開く

卓球男子世界ランキング(2022年第31週)|張本智和が日本人トップをキープ チリ若手選手は235位上昇
国際卓球連盟(ITTF)は8月2日、2022年第31週の世界ランキングを発表した。今週は南アメリカ選手権の結果が反映されている。ニコラス・ブルゴスが235位上昇写真:ニコラス・ブルゴス/提供:Fechiteme男子世界ランキングトップ10の顔ぶれに変化は見られなかった。...
別窓で開く