本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



卓球男子世界ランキング(2022年第25週)|林昀儒が6位に浮上 吉山僚一は287ランクアップ
国際卓球連盟(ITTF)は6月21日、2022年第25週の世界ランキングを発表した。今週はWTTコンテンダーザグレブやWTTコンテンダーリマの結果が反映されている。邱党がトップ10入り写真:邱党(キュウダン・ドイツ)/提供:WTT男子シングルス世界ランキングトップ10内では、WTTコンテンダーザグレ...
別窓で開く

「我々はすでに第三次世界大戦に突入した」エマニュエル・トッドが指摘した世界戦争を激化させる“アメリカの無責任”
「ウクライナ軍の成功が戦争をより暴力的な方向に向かわせる」エマニュエル・トッドが語った“この戦争が長期化する”理由 から続く 当初は、ローカルな問題に留まるはずだったウクライナ問題はなぜ国際秩序に大混乱を招くグローバルな問題に発展したのか? ウクライナ問題に関わる大国たちの思惑を、仏の歴史人口学...
別窓で開く

あの熱狂から20年…日韓W杯でチームをベスト8に導いた監督たちの現在地
日韓ワールドカップ開催から今年で20周年だ。フィリップ・トルシエ氏が率いた日本代表はベスト16で敗退したが、その後も国内のサッカー熱は冷めやらず。横浜で行われたドイツ対ブラジルの決勝戦に至るまで、大いなる盛り上がりを見せた。? 2002年の6月21日と22日には準々決勝4試合が行われた。...
別窓で開く

東京都が整備を進める、新築住宅に太陽光発電の設置を義務付ける条例案について、多くの疑問や批判が寄せられている。東京大学大学院の前真之准教授は「具体的な代替案のない批判は国民を問題だらけの化石エネルギーに縛り付けるだけ。太陽光も完璧ではないが、デメリットよりもメリットがはるかに上回っているのは明らかだ...
別窓で開く

候補者100人が発表された『ゴールデンボーイ賞2022』。史上初の連続受賞を狙うペドリら有力な候補は?
 イタリア紙『Tuttosport』は6月15日、『ゴールデンボーイ賞2022』の候補者100人のリストを公開した。 同メディアが主催するゴールデンボーイ賞は、その年にヨーロッパでもっとも活躍した21歳以下の選手を決めるアワードで、今回は2002年以降に生まれた選手が対象となる。...
別窓で開く

歴史家ティモシー・スナイダーの『赤い大公 ハプスブルク家と東欧の20世紀』(訳:池田年穂/慶応義塾大学出版会)は、“高貴な血”を受け継ぐハプスブルク家の王子ヴィルヘルム(ヴィリー)の、歴史の激動のなかで忘れ去られていた数奇な人生を発掘し、それを東欧やウクライナの現代史と重ね合わせて高い評価を得た。原...
別窓で開く

AIがW杯出場国の優勝確率を予測! 本命は前回大会王者フランス、日本は?
データサイト『OPTA』が最新のAI技術から算出されたデータをもとに、FIFAワールドカップカタール2022出場国の優勝確率を紹介している。 FIFAワールドカップカタール2022・大陸間プレーオフが14日に行われ、コスタリカ代表とニュージーランド代表が対戦。コスタリカが1−0でニュージーランドを下...
別窓で開く

わずか数年で物価数倍も 「80年周期のパラダイムシフト」に備えよ 世界は、1780年代、1860年代、1940年代に次ぐ歴史的大変動に入った
(市岡 繁男:相場研究家)2030年まで「幕末」に匹敵する混乱 ロシアによるウクライナ侵攻が発生し、世界秩序のパラダイムシフトを指摘する声が聞かれるようになりました。 筆者は、現在の世界は約80年ごとに政治経済が一変するパラダイムシフトに直面したとみています。...
別窓で開く

W杯出場32か国の「優勝確率」をAIが予想! アジア2位の日本は何%? “本命”はFIFAランク1位のブラジルではなく…
 現地時間6月14日に行なわれたカタール・ワールドカップ(W杯)の大陸間プレーオフで、コスタリカがニュージーランドに1—0で勝利。これで本大会に出場する32か国が出揃った。 これを受けてデータ会社『Opta』が、AIが算出した全出場国の優勝の確率を紹介している。 1位は前回覇者のフランスで17.9%...
別窓で開く

『ゴールデンボーイ賞』の候補者100人が発表! バルサとドルトムントから5選手
イタリア紙『トゥットスポルト』は15日、ゴールデンボーイ賞の候補者100人を発表した。 ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に贈られる同賞は、2003年に設立。過去にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(当時バルセロナ)や、フランス代表MFポール・ポグバ(当時ユヴェントス)らが受賞し...
別窓で開く