本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



6球団が1位指名した逸材がなぜ…アマチュア野球ウォッチャー西尾典文が選ぶ「予想外にプロで大成できなかった選手」とは?
毎年、多くの選手が期待されてプロの世界に飛び込んでくるが、そこで活躍できるのはほんの一握り。ほとんど結果を残せないまま球界を去る例も少なくない。しかし、彼らもアマチュア時代は光り輝いており、そのプレーに多くの人間が魅了されたからこそプロの世界に入ったのだ。今回はそんな選手たちを紹介したい。 真っ先に...
別窓で開く

家飲みがもっと楽しくなる最強の「酒とつまみ」6選
食楽web おうち時間を過ごす方も多いこのご時世。リモート飲みや家での晩酌で飲酒欲を満たしている方も多いのではないでしょうか? だからと言って、適当なお酒やおつまみで済ませるのはもったいない! 今回は家だからこそ楽しめる本当に美味しいお酒・おつまみをご紹介します。...
別窓で開く

ロアッソ熊本の浅川隼人が持続可能な環境社会を目指し「アスリート食堂」を計画!その方法と狙いとは?
 今シーズン、着用するスパイクをサポーターに提供してもらい、メーカーからはその売上などを使って社会貢献を共にするという新しいスキームをつくり出したJ3ロアッソ熊本の浅川隼人。矢継ぎ早に繰り出される彼の最新プロジェクトは、アスリートを身近に感じ、子どもたちの食育を考える地域発信の「アスリート食堂」とい...
別窓で開く

フレンキー・デ・ヨング 必然の選択【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.003(2019年6月号)掲載]アヤックスで急速に知名度を高めたフレンキー・デ・ヨングが次のステージに選んだのはバルセロナだった。注目の22歳が、カンプ・ノウ行きを決めた理由を語る。インタビュー・文=アーサー・ルナール翻訳=加藤富美写真=ゲッティ イメージズ 長年バルセロナの...
別窓で開く

ウィリアム・ギャラス ロンドンの歩き方【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.006(2019年9月号)掲載]チェルシー、アーセナル、トッテナムを渡り歩き、2014年に現役を引退したウィリアム・ギャラスは2年前、英誌『FourFourTwo』で自身のキャリアについて語っている。彼の不思議なキャリア──チェルシー、アーセナル、トッテナムで過ごした12年間...
別窓で開く

「オンリーワンの方がいいなんて言っている甘い奴が大嫌い」強い気持ちが生んだ唯一無二のスタイル【イチローの軌跡をたどる「51」の言葉:哲学編 Vol.2】
さまざまなタイトルや打ち立てられた記録とともに、示唆に富んだ言葉が並ぶ。イチローがメジャー19年の間で残した発言には、トップアスリートならではの矜持が凝縮されている。偉業を成し遂げる道中で、研ぎ澄まされた感覚と独自のこだわりが唯一無二の価値観を築き上げた。稀代のヒットメーカーが残した言葉から今一度、...
別窓で開く

イングランドの育成を読み解く5つのキーワード【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.007(2019年11月号)掲載]他の欧州諸国に遅れを取った。道のりは平坦ではなかった。しかし今、イングランドの育成はようやく実を結びつつある。5つのキーワードとともに、育成の“過去”と“未来”を読み解こう。...
別窓で開く


[ ランス03 レベル上げ ] の関連キーワード

イングランド ウィリアム アスリート ロンドン ギャラス
イチロ vol ヨング

<前へ123456789次へ>