本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■現金・預金から投資への「マネーシフト」「週刊東洋経済」(2022年7月2日号)の特集は...
別窓で開く

【内田雅也の追球】「努力逆転」の慎重 西勇の“考えすぎ”が招いた2死からの5失点
 ◇セ・リーグ 阪神2—6DeNA(2022年6月28日 横浜) 「努力逆転の法則」を教わったのは高校時代の生物の授業だった。東大出でクモの研究家だったY先生は言った。「一生懸命こうしよう、こうしなければ……と思うと反対の結果になる」 20世紀初め、フランスの自己暗示法の創設者、エミール・クーエが唱...
別窓で開く

大谷翔平がESPYアワードで「ベストアスリート」にノミネート、米国スポーツ界の顔となるか
 エンゼルスの大谷翔平選手(27)が2022年のESPYアワードで、2つのカテゴリーでノミネートされたことがわかった。MLB公式サイトが28日(日本時間29日)に報じた。 ESPYワードは1993年に始まり、スポーツ界のグラミー賞、またはアカデミー賞と認識され、授賞式も華やかで、マディソンスクエアガ...
別窓で開く

マクドナルド以上の衝撃に、ロシアを愛したイケア撤退 1万9000人の従業員解雇へ、国有化措置第1号との声も
 6月15〜18日、ロシア第2の都市サンクトペテルブルクで毎年恒例のサンクトペテルブルク国際経済フォーラムが盛大に開催された。 その最中、スウェーデンのイケア、米国のコカ・コーラ、フランスのロキシタンなど大手外資系企業がロシア撤退を相次いで公表した。 世界経済発展のためのサンクトペテルブルク国際経済...
別窓で開く

戦車の主砲大型化ふたたび? 対ロシアで求められる能力向上 独新型戦車の130mm砲より大きく?
ウクライナ侵攻以降、ロシアに対抗すべく戦車の能力向上が求められています。そうしたなか発表されたドイツの新型戦車は主砲に130mm砲を搭載。しかし、これより大きい砲が主流となる可能性もあり、主砲の大型化に再び注目が集まっています。...
別窓で開く

中国ではテレビショッピングのネット版ともいうべき「オンラインコマースサービス」が盛況で、人気のキャスターは大金を売り上げる。6月、ある男性が4日連続、毎日1000万元(約2億円)以上を売り上げたと話題になった。無骨な農村青年そのものといった風貌の彼の正体は……。(フリーランスライター ふるまいよしこ...
別窓で開く

価値観のアップデートを感じるドラマ「今度生まれたら」 最大の長所は「若い世代の描き方」?
 大手企業勤務、有能でエリート、出世頭と思ってつかまえた夫が、酒の失敗でラインから外れて早期退職。本人はのんきなもので、趣味の山歩きを楽しんでいる。細々と翻訳の仕事をしているが、日に日にケチくさくなっていく。妻の自分はわざわざ家から離れたスーパーでパート勤務し、「こんなはずじゃなかった」と後悔する。...
別窓で開く

70歳以上世帯で貯蓄3000万円以上が残っているのは何割か。経済的に困る割合も確認
− 70歳以上が受給する厚生年金・国民年金の受給額とは −2022年6月14日、令和4年版の「高齢社会白書」が内閣府より公表されました。平成8年から毎年政府が国会に提出している年次報告書で、高齢化の状況や政府が講じた高齢社会対策の実施の状況、また、高齢化に対する施策について明らかにしているものです。...
別窓で開く

南野拓実は過去にモナコの入団テストを受けていた? 仏紙が驚きの逸話を明かす!「最初は久保建英かと思っていた。でも実は…」
 現地時間6月28日、リーグ・アンのモナコは、リバプールから日本代表FW南野拓実を獲得したことを正式に発表した。契約期間は2026年6月30日にまでの4年間となっている。 これを受けてフランス紙『L’EQUIPE』が「ミナミノはすでにモナコのトライアルを受けていた」とし、このニューカマー...
別窓で開く

単なる外国人ではなかったアンディ・サワー。魔裟斗らと凌ぎを削った“ロングスパッツの偉才”が愛された理由【K-1名戦士列伝】
1990年代から2000年代初頭、日本では現在を上回るほどの“格闘技ブーム”があった。リードしたのは、立ち技イベント「K-1」。その個性豊かなファイターたちの魅力を振り返る。———◆———◆——— 今から20年ほど前のK-1中量級全盛期。最高の結果を残した選手はアンディ・サワ...
別窓で開く