本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『僕はおそらく他の人より練習量が少ない』と自分のペースを貫く理由。パルクールアスリート朝倉聖のトレーニング法とコンディショニング
 プロとして活躍する方々のインタビューを通し、明日への一歩を応援する「Do My Best, Go!」。第8回は、新時代スポーツ、パルクール界の若きエース朝倉聖(SEI)が登場。自分の身体のみを使って、表現し、勝負をする世界にいる彼の、アスリートとしてのコンディショニング、そしてアーティストとしての...
別窓で開く

【五輪後の日本代表スタメン&序列予測】興味が尽きない“Wトップ下”。人材不足の左SBの候補者は?
 今年9月にはカタール・ワールドカップ・アジア最終予選が始まる。東京五輪を終えたU-24世代との本格的な融合が進むなかで、A代表に組み込むべき人材は誰か。そしてスタメンの顔ぶれ、各ポジションの序列はどのようになるか。 五輪後の最終予選を見据え、森保ジャパンの新陣容について、河治良幸氏に予想してもらっ...
別窓で開く

【サイゴンFCの野望 #4】ウ・サンホ「ここにいるのには理由がある。経験をチームに還元したい」
 サッカー界がコロナ禍による財政難に苦しむ中、今オフには長年Jリーグのクラブで活躍してきたベテラン選手たちの退団・引退報道が相次いだ。そんななか、39歳の元日本代表MF松井大輔をはじめとするJリーグ経験者4人(松井大輔/元横浜FC、高崎寛之/元FC岐阜、ウ・サンホ/元栃木SC、苅部隆太郎/元FC岐阜...
別窓で開く

【U-20激闘譜】湘南・岩崎悠人が痛感した世界との差。史上初のアジア制覇と5大会ぶりに参戦したU-20W杯で見たもの
 90年代以降、日本のユース世代は幾度となくアジアの壁を突破し、世界への挑戦権を手にしてきたが、そこにはこの年代ならではの課題や示唆に富むドラマが隠されている。長きにわたり、日本のU-20年代の取材を続けてきた識者が、ポイントとなった世代をピックアップし、キーマンにオンライン取材で直撃。当時のチーム...
別窓で開く

いよいよJ1再開だ! 青山知雄が選ぶ“世界”と“覚悟”を持つJ1注目選手5選
 いよいよ今週末からJ1リーグが再開する。ここでは、今シーズン押さえておきたいJ1注目の5選手をピックアップ。楽しみな選手が多い中、キーワードに掲げたのは「世界」と「覚悟」。全国のファン・サポーターが待ちに待ったJ1リーグの舞台を、熱く盛り上げてくれるであろう世界に通じるスーパープレーと、彼らが胸に...
別窓で開く

おめでとう50周年!スズキ「ジムニー」の輝かしい系譜と未来の可能性
2020年はスズキにとって、創立100周年というアニバーサリーイヤー。そんな記念すべき年に誕生50周年を迎えたのが、同社が手掛ける本格4×4の「ジムニー」です。1970年4月にデビューしたジムニーは、以降、日本だけでなく、アジアやヨーロッパのマーケットでも根強い人気を獲得。世界累計販売台数は、201...
別窓で開く

「歴史戦」と「思想戦」の驚くべき共通点とは? 山崎雅弘×内田樹対談<前編>
この数年来国内外で繰り広げられている、戦闘的な言論活動ともいえる「歴史戦」と、1930〜40年代当時の日本政府と軍部による宣伝活動「思想戦」。このふたつの"戦い"の類似点を具体例を挙げて丁寧に検証し、昨年の刊行時より話題を集めている『歴史戦と思想戦』(集英社新書)の著者・山崎雅弘氏と、『街場の戦争論...
別窓で開く

【卓球】手練れ揃いの欧州女子 Tリーグ参戦の実力者も|東京五輪ライバル国特集
写真:1月の東京五輪団体戦の最終予選で五輪出場を決めた女子ルーマニア代表チーム/提供:ittfworld中国や台湾、日本などアジア圏で東京五輪のメダル獲得を狙える選手が多い中、欧州女子にもその可能性を持つ選手が多い。日本のライバルとなる選手が多数いるヨーロッパの中で、今回は日本の手強い敵となるであろ...
別窓で開く


<前へ12次へ>