本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【U-20激闘譜】湘南・岩崎悠人が痛感した世界との差。史上初のアジア制覇と5大会ぶりに参戦したU-20W杯で見たもの
 90年代以降、日本のユース世代は幾度となくアジアの壁を突破し、世界への挑戦権を手にしてきたが、そこにはこの年代ならではの課題や示唆に富むドラマが隠されている。長きにわたり、日本のU-20年代の取材を続けてきた識者が、ポイントとなった世代をピックアップし、キーマンにオンライン取材で直撃。当時のチーム...
別窓で開く

【インタビュー】晴山 岬/町田ゼルビア ー夢を持つ大切さー
 晴山岬は憧れの眼差しで見ていた。「12年の選手権で先輩がベスト8に入ったのを間近で見て、全国を意識するようになった」 そして自身は帝京長岡高で過去最高成績となる4強入りに貢献し、「こうして夢を与え、選手権を目指す子どもが出てくれば、良い文化になる」と願う。 夢によって成長し、その大切さを説く、〝選...
別窓で開く

【THIS IS MY CLUB】これまでもこれからも「クラブを良くしたい」と思い続ける。それが今の僕の本心。|西村弘司(名古屋グランパス広報)
 DAZNと18のスポーツメディアで取り組む「DAZN Jリーグ推進委員会」が、その活動の一環としてメディア連動企画を実施。Jリーグ再開に向けて、「THIS IS MY CLUB -FOR RESTART WITH LOVE- Supported by DAZN Jリーグ推進委員会」を立ち上げた。...
別窓で開く

いよいよJ1再開だ! 青山知雄が選ぶ“世界”と“覚悟”を持つJ1注目選手5選
 いよいよ今週末からJ1リーグが再開する。ここでは、今シーズン押さえておきたいJ1注目の5選手をピックアップ。楽しみな選手が多い中、キーワードに掲げたのは「世界」と「覚悟」。全国のファン・サポーターが待ちに待ったJ1リーグの舞台を、熱く盛り上げてくれるであろう世界に通じるスーパープレーと、彼らが胸に...
別窓で開く

元ブラジル代表MFが麻薬密売組織に関与か。フランスに残した「呪われた館」から3000万円を超える“現ナマ”が…【現地発】
 リール、リヨン、シャルケ、ローマなどを歴戦して昨年引退したブラジル人MFミシェル・バストスが、「脱税」および「脱税マネーローンダリング」の容疑で取り調べを受けていることが判明。その原因となった「呪われた館」が話題を呼んでいる。 問題の館はリヨン近郊の閑静な住宅地にある。...
別窓で開く

生え抜きの国産選手が躍動…レアル・ソシエダは、いま見るべき“新世代”クラブ【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.007(2019年11月号)掲載]02−03シーズン以降、タイトルとは無縁だったレアル・ソシエダが、再び熱狂するかもしれない。この夏、新しいスタジアムを手にして、進化を遂げた“バスクの雄”はどのような姿を披露してくれるのだろうか。文=北川紳也写真=ゲッティ イメージズ 実に1...
別窓で開く

【2020新人王候補大集合:パ・リーグ編】粒ぞろいの投手の中でも筆頭はハムの即戦力左腕・河野。ソフトバンクの160キロ豪腕にも注目!
いよいよ6月19日に開幕するプロ野球ペナントレース。中でも楽しみなのが新戦力の台頭だ。そこで今回は全12球団から新人王の資格がある若手選手を2人ずつピックアップし、新人王を獲得する可能性とともに紹介したいと思う。今回はパ・リーグの6球団だ。...
別窓で開く

CSザ・シネマが“虫の日”に虫パニック映画を一挙放送 『スウォーム』『スパイダー パニック!』など[ホラー通信]
6月4日は“虫の日”。これにちなみ、洋画専門CS放送「ザ・シネマ」では、6月4日に虫が主役の虫パニック映画を特集放送。殺人バチや巨大グモなどが登場する、スリリングでエクストリームな5作品をラインナップする。ザ・シネマ「6.4は虫の日!虫映画特集」14:45〜 『キラー・ビー 〜殺人蜂大襲来〜』殺人蜂...
別窓で開く

バレージ、カンナバーロ、ファン・ダイク —— 過去30年の「超ワールドクラス図鑑」〜センターバック編
サッキ・ミランの象徴でもあったバレージをはじめ、守備者不利と言われるなかでバロンドールを受賞したザマーやカンナバーロなど、豪華な顔ぶれが並ぶCBのスーパースターを、年代別に紹介する。■1990年代◆フェルナンド・イエロ(元スペイン代表) 全盛期を過ごしたマドリーでは3度のCL制覇と5度のラ・リーガ優...
別窓で開く

「色気がある女性」9つの共通点
色気のある人になってモテたい! そう思っている皆さん、一時的な対策やコツ的なものを安易に追いかけていませんか?上目遣いでイージーにモテるなら、毎日異性にガン飛ばすレベルの勢いでバシバシ使っちゃうんですが、そう簡単じゃないのが現状です。色気って、「気」って言葉が使われているくらいなので、「にじみ出る何...
別窓で開く