本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



伊メディアが欧州最高の“トリデンテ”ランキングを公開! バルサやリバプールを抑えてトップに輝いたのは?
 プレミアリーグではマンチェスター・シティとリバプールが特にゴールを量産している。ラ・リーガならバルセロナ、セリエAならアタランタだ。ドイツではバイエルンとドルトムントが牽引している。 では、欧州最高の“トリデンテ”はどのチームだろうか。イタリア衛星放送『Sky Sport』...
別窓で開く

エトー、マタ、ファビーニョなど多士済々! 「マドリーで大成できなかった名手たち」を英紙が特集!
 これまで有能な選手を数多く輩出してきたレアル・マドリーのカンテラ(下部組織)だが、近年トップチームで活躍した選手といえば、FWラウール・ゴンサレス、MFグティ、GKイケル・カシージャスなど一握りだ。外から獲得してきたスター選手の高い壁に阻まれ、退団した後に才能が開花した名手も少なくない。...
別窓で開く

マフレズを管理人と勘違いした(笑)…バンジャマン・メンディの“らしさ”全開トーク【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.011(2020年3月号)掲載]ヤワなタックルなんて意に介さず、ゴリゴリとピッチサイドを駆け上がる。頭の固い常識人の苦言もどこ吹く風と、破天荒な“つぶやき”を発信し続ける。アンストッパブル—。彼ほどこの言葉がふさしいフットボーラーはいない。...
別窓で開く

「雑誌SK」アーカイブ│モウリーニョはまだスペシャルか?
[サッカーキング No.009(2020年1月号)掲載] カリスマの威光は健在か、過去の遺物か。少なくともトッテナムの関係者たちは、「スペシャル・ワン」の頭に“元”をつけるのはまだ早いと考えているようだ。果たしてその目利きは確かだろうか—。...
別窓で開く

ウィリアム・ギャラス ロンドンの歩き方【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.006(2019年9月号)掲載]チェルシー、アーセナル、トッテナムを渡り歩き、2014年に現役を引退したウィリアム・ギャラスは2年前、英誌『FourFourTwo』で自身のキャリアについて語っている。彼の不思議なキャリア──チェルシー、アーセナル、トッテナムで過ごした12年間...
別窓で開く

選手のキャリアと移籍を考える【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.001(2019年4月号)掲載]サッカー選手の移籍には、一種のギャンブルのような側面がある。異なる言語や生活環境、新しい監督やプレースタイル……。変化に適応し、かつピッチで結果を出すのは、簡単なタスクではない。選手のキャリアを考えるうえで、避けては通れない「移籍」について、日...
別窓で開く

すでに脳内にはCLのアンセムが?…レスターを変えたロジャース監督の信念【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.010(2020年2月号)掲載]レスターは今、ある“首謀者”によって再び大きな夢を抱いている。2019年2月に国境を南下してきたブレンダン・ロジャースは、味気なかったチームを立て直し、勝者のメンタリティを植えつけた。彼らは後世まで語り継がれる記録的な大勝を成し遂げてもなお、満...
別窓で開く



<前へ1234次へ>