本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



実況中継の進行を評論家にとって代わられ…フジテレビ「田淵幸一の息子」を襲う「アナウンサー廃業危機」
 今年で入社18年目を迎えたフジテレビ・田淵裕章アナ…といえば、父親は阪神と西武で活躍しダイエー監督だった田淵幸一氏、母親は女優のジャネット八田という有名人一家に育った。その評判が今、ガタ落ちしているというのだ。 お坊ちゃま育ちの田淵アナは青山学院幼稚園から大学までエスカレーターで進学し、05年にフ...
別窓で開く

岡田阪神に“不安材料”が山積…ドラフトや補強戦略に他球団から疑問の声
■「全然考えてない。いらんよ」 15年ぶりに岡田彰布監督が就任することになった阪神。前回指揮を執った5年間では優勝1回、Aクラス4回と監督としての実績は申し分ない。また、オフにはフリーエージェント(以下FA)権を取得した西勇輝や岩崎優、岩貞祐太が揃ってチーム残留を表明し、2005年以来となるリーグ優...
別窓で開く

涌井・阿部電撃トレード 中日・立浪監督が仕掛けた「真の狙い」とは?
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、11月15日に楽天と中日の間で発表された、涌井秀章投手と阿部寿樹選手の交換トレードにまつわる背景を紹介する。【プロ野球日本ハム対楽天】先発 楽天・涌井秀章=2022年5月4日 札幌ドーム 写真提供:産経新聞社—&...
別窓で開く

「岡田彰布が率いる阪神はやるぞ」。広岡達朗が来季の優勝候補筆頭にタイガースを挙げるこれだけの理由
 昨年、今年とそれぞれリーグ連覇を果たしたオリックスとヤクルト。今年チームを26年ぶりの日本一へと導いたオリックス・中嶋聡監督と、昨年の覇者であるヤクルト・高津臣吾監督が指揮官として特筆されるのは、ともにチームのモチベーションアップのための空気づくりに余念がないことだ。...
別窓で開く

来春ついに開催! 2023WBCに向けた強化試合で名をあげた選手は誰だ?
2023年3月に始まるWBCに向けた強化試合が東京・北海道で行われた。東京ドームでは巨人、北海道日本ハムファイターズと試合を行い、札幌ドームではオーストラリア代表と2試合、合計4試合を戦った。4連勝と結果をみれば素晴らしい出来だが、内容はどうだったのか。活躍をした選手を中心に振り返っていく。...
別窓で開く

オリックス福田周平がゴールデン・グラブ賞をサプライズ受賞で「自分にとっては縁がないと思っていました」
日本プロ野球機構NPBは、2022年度第51回三井ゴールデン・グラブ賞を発表した。ゴールデン・グラブ賞は守備のスペシャリストを選ぶ賞で、選手によってはベストナインより名誉な賞と捉えている選手も多い。受賞者は次の通りだ。...
別窓で開く

高木豊も「期待外れ」が多かった今季のパ・リーグ助っ人たち。4段階で最高評価◎のチームはゼロ
高木豊の「助っ人」通信簿パ・リーグ編 例年よりも助っ人外国人の活躍が目立たなかった今季のパ・リーグ。特に野手は、どのチームも苦戦していた印象がある。セ・リーグ編に続き、高木豊が各球団の助っ人たちを【◎、〇、△、×】4段階で評価した。オリックスの日本一に貢献したワゲスパック。...
別窓で開く

2022年セ・リーグの助っ人通信簿。高木豊はヤクルトに最高評価。野手、投手が×だったのは?
高木豊の「助っ人」通信簿 セ・リーグ編 チームの順位に大きな影響を与える助っ人外国人。今季は際だった活躍を見せた選手が少ない印象だったが、かつて大洋(現DeNA)で活躍し、現在は野球解説者やYouTubeでも活動する高木豊はどう見ていたのか。セ・リーグ各球団の助っ人たちの貢献度を、チーム(野手・投手...
別窓で開く

「ポランコに1票はおかしいだろ」ゴールデングラブ賞の記者投票にファンから大ブーイング 記者が明かす選考の実態
「守備の上手さは数字だけで測りきれないところがあり、主観に多少のバラつきが出てしまうのは仕方ありません 。けれど、私たちはプロの記者です。野球ファンを代表し、責任を持って公平なジャッジをしなければなりません。しかし今年の結果も、一部の記者がおざなりな投票をしたとしか思えない内容になってしまった。ファ...
別窓で開く

ゴールデン・グラブ賞投票の「前進」と「課題」。岡林ら若手の正当な評価は喜ばしい一方、非公開投票による“わだかまり”も<SLUGGER>
11月14日、守備の名手に贈られる「第51回三井ゴールデン・グラブ賞」の受賞者が発表された。 菊池涼介(広島)が10年連続の受賞を果たした一方、長岡秀樹(ヤクルト)ら7名が初の栄誉に浴すなど、顔ぶれは多士済済。もっとも、ゴールデン・グラブ賞の結果を巡っては「●●●より××&t...
別窓で開く