本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



流行語大賞は「村神様」への疑問…選考基準から老若男女の“若”が抜けていないかと識者指摘
(年間大賞は「村上様」、ヤクルトマンとポーズをとる村上宗隆選手(C)日刊ゲンダイ) 今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、都内で行われ、年間大賞に「村神様」が選ばれた。 受賞した村上宗隆(22)は史上最年少三冠王などこれで20冠。報道陣から今年はいい年かと聞かれ「これでいい年でなかったら怒られ...
別窓で開く

ヤクルト ルーキー丸山和が契約更改「少しアップです」V決定試合でサヨナラ打
 ヤクルトの丸山和郁外野手(23)が2日、東京・港区の球団事務所で契約更改交渉に臨んだ。金額こそ明かさなかったが「少しアップです」とうれしそうに語った。 初めての更改交渉では球団側に来季への抱負などを明かしたという。「1年目は1軍でも2軍でもケガなくシーズンを戦い抜けたことが自分の中では一番良かった...
別窓で開く

流行語大賞へのヤクルト村上宗隆コメントに江藤愛アナが噴き出したワケ
新人アナの古田敬郷が「最年少三冠王など受賞ラッシュのヤクルト・村上宗隆選手、なんと今シーズン20冠目です」と切り出した。村上選手がきのう1日(2022年12月)に新たに受賞したタイトルは、毎年この時期に決定するユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞だ。11月時点で30の言葉がノミネートされていた中には...
別窓で開く

辞書編集者が選ぶ『今年の新語』&高校生の『今年一番流行したポーズ』は?
<新語・流行語大賞が決定 年間大賞は「村神様」> この1年間の世相を表した言葉や強いインパクトを与えた言葉が選ばれる、毎年恒例の『新語・流行語大賞』が発表されました。...
別窓で開く

阪神・糸原健斗は「現役ドラフトに出してあげた方が...」 高木豊氏が予想した各球団の候補選手とは
プロ野球横浜ベイスターズ、日本ハムでプレーした野球解説者の高木豊氏(64)が2022年11月29日にユーチューブチャンネルを更新し、各球団の現役ドラフト対象選手を独自に分析した。■リーグ優勝のヤクルトからは2選手ピックアップ現役ドラフトは今オフ初めて採用される制度で、出場機会に恵まれない選手の移籍を...
別窓で開く

板野友美、美スタイルの黒ドレスSHOTに反響「オードリー・ヘップバーンみたい」「素敵」
画像出典:板野友美オフィシャルInstagramより 12月1日、板野友美がInstagramを更新した。【写真】上品なブラックドレスを着こなした全身SHOTも公開板野は自身のアカウントにて、ブラックのドレスを着こなし、クールな表情を見せた姿...
別窓で開く

日本ハム・谷内が700万円増でサイン 使い道は「ヤクルト1000の定期便」と「シャウエッセン」
 日本ハム・谷内が1日、700万円増の年俸3000万円で契約を更改した。今季は78試合で打率・268と打撃面で成長を見せ「いい意味で最初に思い描いていた形とは違うシーズンになった」と振り返る。 愛飲している前所属の親会社の製品「ヤクルト1000」が流行語大賞トップ10入り。...
別窓で開く

阪神・中野 GG賞奪取へ菊池涼に挑戦状「今年以上の成績を」コンバートの二塁激戦区も新たな目標
 阪神・中野は激戦区の牙城を崩す。契約交渉では3300万円増の7000万円で更改。来季プロ3年目としては球団歴代5位の年俸額をゲットした。レギュラーとしてチームをけん引したことを評価された26歳は“新天地”でのタイトル奪取に意気込んだ。 「2年間ケガもなく試合には出続けていたので、そこを評価していた...
別窓で開く

巨人もヤク・村上も厳重取り締まり! 阪神・伊藤将、来季も“甲子園の安全”守ります
 ホームの牙城を守る。甲子園警察署の一日署長に任命された伊藤将が阪神甲子園駅前での「年末特別警戒発隊式」に出席。集まった署員に対しては「市民の安全を守るよう」と訓示を述べた一方で、自身は甲子園での連勝街道を突き進むことを誓った。 「(来季も連勝記録を)継続していきたい。...
別窓で開く

堺正章、芸能生活60周年「星3つです」「これから4つ、5つと増やしたい」
 タレントの堺正章(76)が1日、芸能生活60周年記念の特別公演を東京・南青山のブルーノート東京で行った。 60年を振り返り「星3つです」と、22年間出演したTBS「チューボーですよ!」のおなじみのフレーズを使って表現。「これから4つ、5つと増やしたい」と意気込んだ。 野球好きとあって、新語・流行語...
別窓で開く


[ ヤクルト ] の関連キーワード

シャウエッセン オードリ 日本ハム 甲子園