本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新型スクーターを実証実験で短期リース、ソニーと協業!! 実は老舗(!)。ヤマハの「EV戦略」に迫る
ヤマハが二輪EVや、ソニーと共同開発したエンターテインメント車両を矢継ぎ早に披露。その背景には何が? 徹底試乗したモーターサイクルジャーナリストの青木タカオ氏が解説する。* * *■ソニーと協業した四輪の自動運転EV——今年はニッポンEV元年と呼ばれ、国産自動車メーカーから続々と新型EVが登場してい...
別窓で開く

ホンダは、米国のGMと韓国のLGグループとアライアンスを組んで、「100年に1度」と呼ばれる自動車産業の大変革に対応しようとしている。背景にある「CASE」のインパクトは大きい。バッテリー調達能力の向上、自動運転技術などソフトウエア開発力の強化、搭載点数の増える車載用の半導体開発のために、世界の大手...
別窓で開く

日産のサクラが爆売れ!  そこで気になる......ニッポンの「EV充電インフラ」最前線
今年6月に発売となった日産の軽EVが売れている。驚くことに昨年日本で販売されたEVの新車の総数をすでに上回ってしまったというからハンパない!ここで気になるのは、普及が遅れているとウワサの日本のEV充電インフラだ。現在どうなっているのか? EV黎明期からインフラ問題を追い続けるカーライフジャーナリスト...
別窓で開く

「サイボーグゴキブリ」開発 危険地域の探索など“寿命が続く限り”可能 理研&早大
モビリティになる可能性だってありますよ!ゴキブリに太陽電池を取り付けてサイボーグ化 早稲田大学は2022年9月5日、理化学研究所と同大ならびにシンガポール南洋理工大学の国際共同研究チームが、「光エネルギーで再充電可能な電源ユニットを含む電子部品を搭載したサイボーグ昆虫」を開発したと発表しました。...
別窓で開く

5大総合商社の一つで知られる三菱商事の給料はどのくらいか【2020/9 編集部セレクション】
− 企業年収給与研究シリーズ −2020年の今日、公開された記事をプレイバック!もう一度読み直したい、「編集部セレクション」をお届けします。(初公開日:2020年9月1日)シリーズでお伝えしている「企業年収給与研究」。...
別窓で開く

クイズ王の伊沢拓司さんが運営する東大発の知識集団「QuizKnock」が監修!「東京都防災模試」開催
暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月—金曜、朝7:15〜)。今回はいつ起こるか分からない自然災害に備えクイズ形式で知識を学べるウェブコンテンツで東大発の知識集団「QuizKnock」が問題を監修した「東京都防災模試」についてや、自...
別窓で開く

物流課題を解決できるか? 最大50kgまで積載可能な新無人ヘリコプター誕生 ヤマハ
一般的な小学生程度の重さなら問題なく運べます。山間部の資材物流や目視外の長距離物流などに光明 ヤマハ発動機は2022年8月22日、新たな運搬専用の無人ヘリコプターを開発したと発表しました。 同機は、従来モデルの「FAZER R G2」をベースに、積載性能などを強化(従来モデル比で15kg向上)した新...
別窓で開く

カブの“スーパー”な歴史を振り返る【いいね!スーパーカブ】
【いいね!スーパーカブ】60年以上前に、今でいう「ワークライフバランス」を実現していたのがスーパーカブ。この世界一優秀なバイクが生活圏内で当たり前に走っている凄さと幸せを噛みしめながら、カブの“スーパー”な歴史を紐解いていく。*  *  *Honda初のオリジナル製品である「A型自転車用補助エンジン...
別窓で開く

トヨタの人事に「車好きでないと入社するのは難しいですか?」と聞いてみた結果
画像はイメージ就職面接では「何か質問はありますか?」と、逆質問のチャンスをもらえることも多い。しかし相手が面接官だと、どこまでストレートに聞いていいのかは疑問だろう。例えば、トヨタ自動車に「車好きじゃなくても入社できますか?」みたいな質問は、就活の場では持ち出しにくい。そんな「気になるけど、求職者と...
別窓で開く

ヴァレクストラがイセタンメンズ1階ザ・ステージでポップアップを開催。メンズ アイテムの新たなラインアップのデビューへと昇華
ミラノ発のレザーグッズ ブランド、ヴァレクストラが伊勢丹新宿店メンズ館1階ザ・ステージにて「Landscape of Milano (ミラノの風景)」のポップアップ イベントを8月24日より開催します。...
別窓で開く


[ モビリティ ] の関連キーワード

quizknock 三菱商事 ニッポン ヤマハ ホンダ
ソニー トヨタ