本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



海外進出加速のBYD、欧州レンタカー大手に新エネ車10万台供給へ—中国メディア
2022年10月9日、界面新聞は、中国の電気自動車(EV)大手BYDが、欧州最大のレンタカー会社に新エネルギー車10万台を販売する契約を結んだと報じた。記事は、BYDが先日、欧州のレンタカー会社シクストSEと提携合意を結び、今後6年間で少なくとも10万台の新エネ車をシクストSEに供給することになった...
別窓で開く

発電機としての能力も! 次世代ハイブリッド装甲車「ストライカーX」公開 アメリカ
一緒にストライカー・レオニダスなるナゾ車両も。ハイブリッド化で燃費削減と静粛性がアップ アメリカの大手兵器メーカー、ゼネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ(GDLS)は2022年10月10日、次世代装輪戦闘車両の技術実証モデル「ストライカーX(AStrykerX)」を公開しました。...
別窓で開く

ベール脱いだ! 次世代MBT「エイブラムスX」世界最強級M1戦車の最新型 アメリカ
操縦手用ハッチの横にもう一枚乗員用ハッチが!ハイブリッドエンジン搭載と軽量化がキモ アメリカの大手兵器メーカー、ゼネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ(GDLS)は2022年10月9日、次世代主力戦車のコンセプトモデル「エイブラムスX(AbramsX)」を公開しました。...
別窓で開く

日本の自動車産業「斜陽化」への危機感 経団連、豊田章男氏らが指揮執る「モビリティー委員会」議論始まる...国際競争で生き残りかけて
経団連がトヨタ自動車の豊田章男社長らをトップとする「モビリティー委員会」の議論を2022年9月にスタートさせた。経団連には、分野ごとに経済界が求める政策の実現を目指す、政策委員会がある。その中で、モビリティー委員会は業界横断で200社超の企業が参加している。これだけの顔ぶれは過去に例がなく、日本の自...
別窓で開く

21歳小椋 藍がMoto2で優勝!  3年ぶり開催の「MotoGP」日本グランプリに挑んだ侍ライダーたち
昨年から「イデミツ・ホンダ・チームアジア」のライダーとしてMoto2に参戦する小椋藍。圧倒的な速さでファンを魅了二輪車ロードレースの最高峰「MotoGP」。9月23〜25日、その日本グランプリが3年ぶりに開催された。しかも、若武者・小椋 藍(おぐら・あい/イデミツ・ホンダ)がMoto2で完勝! 舞台...
別窓で開く

■経団連が「モビリティ委員会」を創設自動車会議所も大型キャンペーンを展開「自動車産業から“モビリティ産業”へ」。100年に一度の変革期と言われる自動車産業が、モビリティ産業へ転換する動きが一気に加速している。 日本財界の総本山である経団連がモビリティ産業の創出に向けて新設した「モビリティ委員会」の初...
別窓で開く

公共交通系の両備HDが“クルマ”作った! まるでミニ四駆な「3輪EV」販売開始
二人乗りもあります!バス・トラックの整備会社が手掛けた3輪EV 岡山を拠点に鉄道・バス事業を展開する両備ホールディングスが「クルマ」を自社開発、2022年9月30日(金)から一般販売を始めました。 発売したのは、3輪の「EVリバーストライク」(前2輪、後1輪)。...
別窓で開く

しましまフェリー鬼ヶ島行き 島民専用高速ICを通るバス… 「瀬戸芸」の乗り物が楽しすぎる!
多くの現代美術作品を楽しめる「瀬戸芸」こと瀬戸内国際芸術祭の会場は、瀬戸内の離島に分散されています。この会場を結ぶ船やバスなど、数々の“乗りもの”は、なかなか個性的です。3年に1回開催!“瀬戸芸“を彩る“乗りもの“大集合! 瀬戸内海に浮かぶ12の島、2つの港を舞台として3年おきに開催される“瀬戸芸”...
別窓で開く

glafitの電動バイク”ガツンと値上げ” ベンチャーを襲う資材不足と物価高の波
逆に言うと今がセール。自転車型は価格1.4倍、スクーター型は「未定」 電動モビリティベンチャーのglafit(和歌山市)は2022年9月30日(金)、同社製品の価格改定を行うと発表しました。 主力の自転車にもなる電動バイク「GFR-02」は、現在の販売価格19万8000円(税込み、以下同)から、一気...
別窓で開く

高齢になって足腰が弱り、これまでのように徒歩で遠方に行きにくくなった。家族から迫られ運転免許の返納をしたため乗用車の運転をしなくなったが、それでもちょっとした外出はしたい。先天的あるいは後天的に下半身に障害があって自由な移動はなかなかままならない。こうした人々の移動手段として近年、注目を集める乗り物...
別窓で開く


[ モビリティ ] の関連キーワード

glafit エイブラムス motogp whill アメリカ
鬼ヶ島 byd 経団連 ベール