本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



名将ラニエリが振り返るイタリア代表のEURO制覇。「マンチーニ監督はアッズーリそのものを変えてしまった」
 生粋のローマっ子であるクラウディオ・ラニエリは、イタリアのサッカーを熟知する人間である。選手時代はローマを含めた4つのチームでプレーした。監督になってからはイタリアを始めとしてヨーロッパの20以上のチームを率いた経験を持つ。 スペイン、ギリシャ、フランス、そしてイングランド——。...
別窓で開く

五輪女王シェルバコワが歩んだ苦しい道のり。出遅れた“焦り”を赤裸々に告白「絶望したこともあった」
北京五輪のフィギュアスケート女子シングルを制したアンナ・シェルバコワ(ROC)。トリプルアクセルを演技から外した堅実な構成で勝負したショートプログラム(SP)で同門のカミラ・ワリエワ(ROC)に次ぐ2位につけると、フリースケーティング(FS)では、4回転ジャンプ2本を含む高難度構成を滑り切り、逆転優...
別窓で開く

ようやく迎えた今季初大会で8強入りしたジョコビッチが率直な心情を吐露「競技者としてプレーするのが恋しかった」<SMASH>
現在開催中の男子テニスツアー「ドバイ選手権」(2月21日〜26日/UAE・ドバイ/ハードコート/ATP500)は現地2月23日にシングルス2回戦を実施。本大会で2022年シーズン初戦を迎えた世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が同26位のカレン・ハチャノフ(ロシア)を6−3、7−6(2)...
別窓で開く

イタリアはなぜ“悲劇”から立ち直り、欧州制覇を果たせたのか? 番記者が明かす舞台裏【現地発】
 コロナ禍の影響により1年遅れで開催されたEURO2020は、イタリアの53年ぶり2度目の戴冠で幕を閉じた。ロシア・ワールドカップの出場を逃し、失意に沈んでいたアッズーリをロベルト・マンチーニ監督はいかにして立て直し、欧州制覇に導いたのか。有力紙『Gazzetta dello Sport』でイタリア...
別窓で開く

U-24日本代表は強豪アルゼンチンに対し、いかに戦うべきか?ポイントとなるのは…
 日本サッカー協会は3月19日、同26日と29日に行なわれるU-24アルゼンチン代表戦に向けたU-24日本代表メンバー23人を発表した。 今回の親善試合は、7月22日に開催される東京五輪に向けた貴重な強化の場だ。U-24代表が国際試合を戦うのは20年1月のU-23アジア選手権以来、実に1年2か月ぶり...
別窓で開く


<前へ12次へ>