本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



モーリシャス沖事故から見る、知られざる海運業界
TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。8月26日(水)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、矢野経済研究所 社長の水越孝さんがモーリシャス沖事故から考える“外航海運における安全への課題”について述べました。...
別窓で開く

日本の「マジックファイバー」で重油流出からモーリシャスの海を救う〜その技術的背景
7月25日にモーリシャス沖で日本企業が所有する貨物船が座礁。大量の重油が流出し、サンゴ礁、マングローブ林などの自然豊かな海が汚染されるという事故が起きました。この重油除去のため、日本で開発された高吸油性ポリマーが投入されています。ここでは、このポリマーの“科学(化学)的からくり”をわかりやすく伝えた...
別窓で開く

日本の船舶による重油流出事故、モーリシャスの首都で数万人規模の反政府デモ=韓国報道
日本船舶の原油流出事故が発生したインド洋の島国モーリシャスで国民数万人が政府の事故対応に抗議し、首相の退陣を求めた。原油流出事故が原因だと推定されるイルカの集団死についての真相究明も要求した。AFP・ロイター通信によると、29日(現地時間)、モーリシャスの首都ポートルイスでは最大7万5000人の人が...
別窓で開く

インド政府 モーリシャスの貨物船座礁事故に対して空軍輸送機と沿岸警備隊を派遣
インド空軍のC-17大型輸送機がモーリシャスに派遣されました。 2020年8月16日(日)、インド政府は、インド洋の島国モーリシャスで起きた貨物船「WAKASHIO」の油流出事故に対し、現地での回収作業を支援するために、インド沿岸警備隊の技術対応チームを派遣しました。...
別窓で開く

モーリシャスでの商船の原油流出に出動 海保「機動防除隊」 海洋汚染対策のプロ集団とは?
海上保安庁の任務は領海警備や人命救助だけではありません。海洋汚染対策もそのひとつです。しかし海を汚す危険物質は多岐にわたり、なおかつ専門知識も必要なため、海上保安庁には専門部隊が作られました。海上保安官 日本から1万km以上離れたモーリシャスに派遣 2020年8月6日(木)、商船三井が運航する貨物船...
別窓で開く

モーリシャス沖の商船三井重油流出事故で問われる商船三井の対応。日本への風当たりも強まる可能性。
商船三井が運航する貨物船「わかしお」がモーリシャス沖のサンゴ礁に座礁し、1000トン以上の重油が流出する事故が生じています。この重油流出事故によって絶滅危惧種も数多く生息するモーリシャス沖の生態系への影響が懸念されています。7月25日、日本の海運大手である商船三井が運航する貨物船「わかしお」がインド...
別窓で開く

niko and ... ×TSUMORI CHISATO大好評コラボ第二弾! 「キラネコ」をプリントした半袖Tシャツも
niko and ...が、日本のファッション界を代表するデザイナー 津森千里氏とのコラボレーション商品第二弾を、2020年6月5日より全国のniko and ... 店舗と公式WEBストア [.st]にて販売いたします。...
別窓で開く


<前へ12次へ>