本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「モスクワ川に浮くぞ」と警告が…佐藤優が見たロシア大衆の感覚「プーチンの恐さがなければ大統領はつとまらない」
「クソ野郎」と公然と言い放つ大統領。その力の源泉とは。作家の佐藤優氏による「最強の独裁者プーチンの凄腕」(「文藝春秋」2014年4月号)を特別に再録します。(全2回の1回目/ 後編 に続く)(※日付、肩書きなどは掲載当時のまま)◆ ◆ ◆■選挙で「うんと悪い候補者」を排除 筆者の政治感覚は、標準的な...
別窓で開く

坂口健太郎、『ヘルドッグス』岡田准一の“最狂バディ”に 「世間のイメージとはガラッと違う役」
岡田准一が主演する映画『ヘルドッグス』に、俳優の坂口健太郎が出演することが発表された。主人公・兼高昭吾(岡田)の“最狂のバディ”を演じる。また、本作の公開日が9月16日に決まった。 本作の監督・脚本を担うのは、『関ヶ原』『検察側の罪人』『燃えよ剣』などの原田眞人。主演は、『関ヶ原』『燃えよ剣』に続き...
別窓で開く

ヤクザより凶暴?素人相手に拳銃をぶっ放し青龍刀を振り回す中国人マフィア 本場の中国人マフィアはどれだけ怖いのか
(花園 祐:中国・上海在住ジャーナリスト) 前回の記事「日本の裏社会で暴れまくっていた中国人マフィアはどこへ消えたのか?」では、かつて日本の裏社会で大きな存在感を持ちながら近年はその姿をあまり見せなくなった中国人マフィアの現状について触れました。...
別窓で開く

十津川警部を演じた俳優は全部で16名 ベスト・オブ・十津川警部は誰か
 膵臓ガンのため91歳で死去した作家の西村京太郎さんは数々のヒット作を遺したが、最も愛されたのは「十津川警部シリーズ」ではないか。全ての在京民放キー局がドラマ化。計16人の俳優が十津川警部を演じた。その中からベスト・オブ・十津川警部を選んでみたい。...
別窓で開く

ビジネス誌各誌が予想する「ウクライナ侵攻」の影響は? 週刊エコノミスト「世界大動乱」、週刊東洋経済「M&A」、週刊ダイヤモンド「物流危機」も特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■ユーラシア2大国と欧米の新冷戦時代に「週刊エコノミスト」(2022年3月15日号)ロシ...
別窓で開く

「みかじめ料」と言えば今も昔も暴力団の特権的なシノギの一つである。そこに暴力団ではない何らかの個人、集団が手を突っ込んだらどうなるか。当然、排除され、潰されることになる。暴力団への警察、世間的な排除圧力がかつてないほど強くなった今でさえ、その不文律は絶対だ。 しかし、そんな裏社会の掟が長いこと通用し...
別窓で開く

日本は鴨ネギ国家? 中国が仕掛ける「静かな侵略」の脅威
中国の覇権国家戦略の要である「統一戦線工作」。政界から経済界、芸能界などあらゆる分野に浸透した工作に対して、日本でも軍事・非軍事の枠組みにとらわれない「全領域戦」の覚悟を決める必要がありそうだと、元陸上幕僚副長・陸上自衛隊東部方面総監で作家の渡部悦和氏は警鐘を鳴らします。...
別窓で開く

ライアン・レイノルズ主演『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』、優雅なリゾートが?瞬で流?&銃撃戦に!? 本編映像公開
俳優ライアン・レイノルズ主演の映画『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』より、イタリアのリゾート地で休暇を過ごす主人公が、突如激しい銃撃戦に巻き込まれてしまう“ぶっ飛び”本編映像が解禁された。 全米では2021年6月に公開され初登場1位となった本作は、2017年に公開され全米で3週連続1位の大ヒッ...
別窓で開く

新聞輪転機メーカーの東京機械製作所に、投資会社のアジア開発キャピタルが敵対的買収を仕掛けていた問題で、読売新聞東京本社など新聞6社は2月25日、アジア開発側から東京機械の株式計32%を取得すると発表した。これにより、東京機械の経営方針をめぐる対立は全面的に解決する。ここに至るまで、両社のバトルは熾烈...
別窓で開く

御曹司、裏社会、年の差カップルものも…女性におすすめ“官能小説”12選
きわどい描写の中に、耽美でロマンティックな表現が潜む“官能小説”の世界。人気官能小説レーベルが推す、女性がグッとくること必至の作品を集めました。女性におすすめの官能小説ティアラ文庫/オパール文庫プランタン出版が手がける女性向けTL小説レーベル。ファンタジーやヒストリカルなど本格ラブロマンスに定評のあ...
別窓で開く