本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



入試の外国語科目は「文脈を読む能力」が問われる思考力試験
ニューヨーク出身で東京大学名誉教授のロバート・ゲラーさん。「日本の外国語教育はおかしい」が持論のゲラーさんは、諸外国に比べバイリンガル人口が極端に少ないのも日本の外国語教育が間違っている証拠だと語ります。今回は「類推」「文化的背景」をキーワードに、言語学習にとどまらない「文脈を読む力」の重要性を伝え...
別窓で開く

台湾で「アタマコンクリ」は“頭が固い”という意味らしい。日本語から生まれた海外でも通じる単語をまとめてご紹介
 今回紹介する、ゆっくりするところさんが投稿した『【ゆっくり解説】海外でも通じる日本語たち』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、「Sushi」「Tempura」など、海外でも通じる定番の日本語や、台湾で使われている「アタマコンクリ」や「アタマショート」など奇妙な日本語について、紹介していき...
別窓で開く

未来の世界チャンピオン!? 10才とは思えないロシア人ボクサーのトレーニング
ハリウッド映画の中で描かれるロシア人と言えば、マフィア、屈強な兵士、格闘家が多い印象があります。映画の中のロシア人格闘家となると、古くは『ロッキー4/炎の友情』のイワン・ドラゴ、最近だと『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』のマザー・ロシアなどが有名どころでしょうか。...
別窓で開く

習近平にとって“想定外”だった香港区議会選挙での民主派の大勝利
大学戦争というべき激しい戦闘を経て、勇武派の若者たちの多くが制圧されていきました。これは、香港警察側の作戦というべきものだったでしょう。2019年11月24日に区議会選挙が予定されていたのですが、その前に、抵抗勢力を徹底的に封じ込めようと考えたのかもしれません。ですが、その作戦の方向性自体が中国の判...
別窓で開く

周庭氏へのインタビュー「香港経済の繁栄は一国二制度のおかげ」
私は香港のデモに対する警察の暴力を目の当たりにして、かなり香港のデモ隊に対して同情的でしたし、香港の勇武派の若者が過激化するのもいたしかたない面がある、と思っていました。ですが、日本のテレビメディアでは、有識者のコメンテーターが香港の若者の方が悪い、というニュアンスで批判することも多いのでした。...
別窓で開く

“今風の人”に変身してしまったディズニーキャラがTikTokで話題
“今風の人”に変身してしまったディズニーキャラがTikTokで話題を呼んでいます。https://www.tiktok.com/@alexiswithoutan_a/video/6865795453099789573「Procreate」というアプリを使い、ゴシック・ファッションを身にまとってしまっ...
別窓で開く

「最高のプレゼントだ」 “還暦”を迎えた英雄マラドーナ、新旧スター登場のお祝い動画に感激!
数々のスーパープレーと輝かしいタイトル歴によって史上最高のサッカー選手にも挙げられる一方で、稀代のトラブルメーカーとして今なお多くの話題を提供し続けている、サッカー界のレジェンド、ディエゴ・マラドーナが10月30日、60回目の誕生日を迎えた。 アルゼンチン・ブエノスアイレスの貧民街に生まれ育ったマラ...
別窓で開く

中国人マフィアってどんなシノギをしているの?「元蛇頭関係者」に話を聞いてみた
どうも特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です。あなたは日本国内にいるチャイニーズマフィアがどのようなことを生業にしているのかを知っていますか?そんな中国人マフィアの中でも『蛇頭』という組織の名前を一度でも耳にしたことがあると思います。...
別窓で開く

香港警察とマフィアの癒着。「白シャツ襲撃事件」とは?
7月3日から5日まで香港を歩き回り、おおよそのデモの状況や背景を、把握していった福島香織氏。そこで感じたのは、庶民から慕われていたはずの香港警察が、まるでマフィアのような暴力組織となっていたこと。そして、それに呼応するかのようにデモ隊の一部も、過激な行動をとるようになっていったのです。...
別窓で開く

本の印税でベナンに小学校を建てたゾマホンと日本の数奇な運命
お茶の間に彗星のように現れ、日本語を巧みに操り、物怖じせずに意見をというアフリカ人男性——と言って、誰が思い浮かぶだろうか。そう、TV番組『ここがヘンだよ日本人』で一躍有名になったゾマホン・ルフィン氏だ。母国ベナンに、日本語学校と小学校を作ったことを知っている人も多いかもしれないが、その後も歩みを止...
別窓で開く


[ マフィア ] の関連キーワード

アタマコンクリ マラドーナ ディズニ ベナン ロシア