本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



好感度を爆上げ!狙っている男性へのプレゼントの選び方・上手な渡し方
デートコーチ・婚活アドバイザーの田中亜依です。いよいよクリスマスまであと少しですね! 今年のクリスマスは週末なのでいつもよりも賑わいそうですが、プレゼント選びに悩んでいる方も多いと思います。 特に、まだ付き合っていないけど脈アリそうな男性へのプレゼントって、何を渡せばよいか難しいですよね。...
別窓で開く

感染者累計1万人!「梅毒が全国拡大」本当の原因は「歌舞伎町とコロナ」だった
 いま、20代の男女の間で流行し、深刻な社会問題になっている梅毒。今年、報告された感染者数は累計で1万人を超えて世間に大きな衝撃を与えた。感染者数増加の理由として様々な見方が飛び交う中、「感染源は新宿・歌舞伎町だと思います」と語るのは、都内在住のピンク系男性ライターだ。...
別窓で開く

手料理を褒めてくれてたのに…夫が裏アカに“ありえない投稿”をしていることが発覚
「人のスマホを見てもいいことなんてないってよく聞くけど、本当にそうでした。優しい夫の裏の顔を知ってしまったので、これからどう一緒に暮らしていけばいいのか悩んでいます」 そう語る安西結子さん(仮名・33歳)は、ひょんなことから夫のスマホをこっそり見てしまい、パートナーを見る目が変わってしまったといいま...
別窓で開く

「年収500万の“普通の”男性でいい」はカン違い。ご縁に恵まれない女性の特徴/2022人気記事BEST5
2022年1〜11月、女子SPA!で大きな反響を呼んだ記事を、ジャンルごとにBEST5まで紹介します。こちらは、「恋愛・結婚」ジャンルの人気記事です。(初公開日は9月8日)=================こんにちは。マッチングアプリ専門家のおとうふです。恋愛で「いいと思った人からは好かれない」とい...
別窓で開く

「人を傷つけない笑い」の時代に“毒舌”のウエストランド、しんいちが頂点に立った理由
12月18日に開催された漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2022』(ABCテレビ・テレビ朝日)で優勝し、史上最多となる7261組の頂点に立ったウエストランド。2年ぶりに進出した決勝戦は、ファーストラウンドで659点獲得し3位に食い込んだ。最終決戦ではさや香、ウエストランドと三つ巴で争い、キレのある...
別窓で開く

「男性を“気持ち悪い”と思ってしまう」“婚活うつ”に陥りかけた34歳女性がしたこととは
恋愛・婚活アドバイザーのこめだゆきです。普段婚活のサポートをしていると、生徒から「この前婚活アプリで会った男性、気持ち悪くて即ブロックしました」「会ってみたらずっと自分の話をしていて気持ち悪いって思ってもう会うのをやめました」など、婚活で出会う男性を「気持ち悪い」と感じてしまうというご相談が多くあり...
別窓で開く

「最強の女子アナ」グランプリ2022〈直撃インタビュー・花崎阿弓〉「ケーブルテレビの水卜ちゃん」が語る入籍ラッシュ
 顔立ちから立ち振る舞い、声のトーンまでソックリ!?「ケーブルテレビ界の水卜ちゃん」ことフリーアナウンサーの花崎阿弓(34)が22年を振り返る。──今年一番の大仕事といえば?花崎 8月に「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演させていただいて、「地方局のアナウンサーがいかに大変か」というテーマでマ...
別窓で開く

交際10年、同棲してた彼氏が既婚者!? 見抜けなかった“まさかの言い訳”にア然
恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。個別婚活相談や結婚相談所のセミナー講師をしながら、これまで1000人以上の「出会いがない男女」の相談に乗ってきました。多くの方々のお話を聞いていると、時にはこんなとんでもない話もあるのです。◆仕事で知り合ったからこそ“既婚隠し”を疑わない少し前、有名声優の“10年...
別窓で開く

「パパ活は、人生のための取材」奥さんにバレた後も“女遊び”を我慢できない《46歳・年収1500万男》の病理
「エジプト型の足の女性を探してほしい」「シンデレラを探す王子様かよ…」交際クラブ社員も困惑した《46歳・大学教授》の特殊性癖 から続く「僕にとってパパ活とは、人生のための取材ですね」。そんな考えを持つ、46歳・出版社社員にインタビュー。...
別窓で開く

“既婚者合コン”って不倫目的の人ばっかり?「こっそり結婚指輪を外して…」
多様化する出会いと共に、男女の「結婚観」や「夫婦観」は常にアップデートされている。特に、現代の既婚者同士の間では、今までにない新しい関係性が生まれているという。『100歳まで出会える人生』などの著書を持ち、婚活ビジネスに詳しい三輪賢治氏が現代の男女の出会いを紐解いていく。...
別窓で開く


[ マッチングアプリ ] の関連キーワード

歌舞伎町