本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



森保JとW杯初戦で対戦のドイツ代表、最後の強化試合でオマーンにまさかの大苦戦!29歳FWのデビュー弾で1−0辛勝も…
 カタール・ワールドカップの初戦で日本代表と対戦するドイツ代表が現地11月16日、敵地マスカットでオマーンと大会前最後のテストマッチを行なった。 アジア最終予選の初戦で日本を破り、最終的には4位だったオマーンに対し、ドイツはいつも通り4−2−3−1を採用。...
別窓で開く

季節限定「ファンタ」もらえる!ローソンで無料クーポンゲットね。
ローソン各店では2022年11月15日から21日まで、新作「ファンタ」が無料でもらえるお得なキャンペーンが実施されています。■購入対象は3品コンビニでおなじみの1つ買うと1つもらえるキャンペーンです。購入対象商品は、「紅茶花伝 ロイヤルミルクティー ホット」(440ml/156円)、「コスタ」のカフ...
別窓で開く

2022ふるさと納税「返礼品」人気ランキング。食卓の王様が上位を独占!
まもなく年末、ふるさと納税のピークがやってきます。2022年も様々な返礼品が人気を集めました。ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営するさとふるによる、2022年(1月1日〜10月31日)に申し込みが多かった上位10位の返礼品ランキングを発表します。...
別窓で開く

「セコすぎる!」北斗晶、フジ『爆買いスター恩返し』コストコで“身内で爆買い”に「番組の趣旨と違すぎ」「すごい嫌だなぁ」
 元プロレスラーでタレントの北斗晶(55)&佐々木健介(56)夫妻が11日放送の『爆買い☆スター恩返し』(フジテレビ系)に出演。爆買い企画に挑戦したものの、「番組の趣旨と違う」として批判の声があがっている。 同番組は、芸能人が生まれ育った地元に帰り、ご当地グルメや特産品を爆買いしながら地元に恩返しし...
別窓で開く

ふるさと納税10年のマニアが絶賛!リピート中の「名返礼品」5つ
2022年もあとわずか。ふるさと納税も駆け込みラッシュのピークを迎えます。そこで、2013年からふるさと納税を行っているふるさと納税マニアの飛田啓介さんに、これまで3回以上リピートしているお気に入りの返礼品を聞きました。マニアがリピしまくる返礼品に外れなし! 駆け込み納税のご参考に。...
別窓で開く

シャインマスカットが最たる例、国産果物はいつ尊厳を取り戻せるのか—中国メディア
2022年11月7日、中国メディアの界面新聞は、「国産果物はいつになったら尊厳を取り戻せるのか」とする文章を掲載した。文章は、中国国家統計局のデータとして、2021年における中国の果物生産量が2億9970万トンだったと紹介しつつ、世界最大の果物生産国である一方で毎年1200万トンが廃棄され、4000...
別窓で開く

特別列車でスイーツを食す。アラサー女子、ワンランク上の「食欲の秋」を満喫した話
芸術の秋・読書の秋・スポーツの秋……趣味が捗る過ごしやすい季節がやってきました。マイナビウーマン編集部のあっさんも「●●の秋」を満喫したいと思っているひとり。食べることが好きな筆者にとって、秋といえば「食欲の秋」は外せない一大コンテンツなのですが、20云回「食欲の秋」を過ごしてきたためか、ただ“食”...
別窓で開く

知人は“バケツ一杯の本物の精液”を……「愚かな女の人たちの側にいたい」芥川賞候補作家・鈴木涼美(39)が「規範の不在」を描く新作小説『グレイスレス』
「売春やブルセラを本質的に否定できる大人はいなかった」芥川賞候補作家・鈴木涼美(39)が振り返る「青臭くも愛しい」反抗と実践のギャル時代 から続く 文学者であり翻訳家の父と、児童文学者の母。黒川紀章がデザインした鎌倉の家から小中と清泉女学院に通い、途中で2年ほど父のサバティカルに帯同して英国ロン...
別窓で開く

【担当コラム|横浜】胸に響いた「感謝」の二文字。優勝の大きな要因となった“一体感”
 横浜F・マリノスが3年ぶり5度目のJ1リーグ制覇を果たした。  11月5日のJ1最終節。敵地のノエビアスタジアム神戸に乗り込んだ首位の横浜は、26分にエウベルのゴールで先制する。前半アディショナルタイムに同点とされるが、後半に西村拓真と仲川輝人が加点して2点差とすると、その後はJ屈指のタ...
別窓で開く

日本の高級ブドウ「ルビーロマン」の韓国流出=韓国ネット「泥棒やめて」「ブドウくらい…」
2022年11月8日、韓国・ニューシスは「世界で最も高級なブドウとされる石川県産『ルビーロマン』の苗木が韓国に流出していたことが分かった」と伝えた。記事は朝日新聞の報道を引用し、「ルビーロマンの海外流出の事実は、昨年8月に韓国で販売されているという報道が出たことで知られるようになった」「石川県は今年...
別窓で開く