本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「1分、1秒を無駄にしたくない」 “不惑”迎える今野泰幸の2023年の野望
2022年は稲本潤一や関口訓充らビッグネームを大量補強し、1年でのJFL昇格を目指しながら、関東サッカーリーグ1部で7位に終わった南葛SC。敗者復活を懸けて10月の全国社会人サッカー選手権にも参戦したが、2回戦で敗退し、上位2チームがJFLに上がれる全国地域サッカーチャンピオンズリーグ参戦は叶わなか...
別窓で開く

古橋&前田らが在籍するセルティック加入の可能性は? 韓国イケメンFWが吐露「全選手がプレミアに行きたいはず。そのために…」
 日本人6選手が在籍するセルティック行きが取り沙汰されているチョ・ギュソン(全北現代)が1月12日、メディア取材に対応。移籍に関する率直な思いを明かした。韓国メディア『Naver』が報じている。 今月25日に25歳の誕生日を迎える韓国代表FWは、グループステージのガーナ戦で2ゴールを挙げるなど、カタ...
別窓で開く

「何回続いた?」遠藤航と伊藤洋輝、シュツットガルト日本人コンビの対面“ヘディングチャレンジ”に脚光!「楽しそう」
 ドイツ1部シュツットガルトは1月11日、日本語版公式Twitterを更新。日本代表MF遠藤航と同DF伊藤洋輝の練習での一コマが注目を集めている。「日本人コンビのヘディングチャレンジ!何回続いた?」の言葉とともに公開された動画で、遠藤と伊藤が対面で約40秒に渡ってボールを地面につけずに互いにヘディン...
別窓で開く

セルティック、韓国代表FWチョ・ギュソン獲得へ…4.8億円のオファーを全北現代に提示か
日本人6選手を擁するセルティックが、全北現代モータースに所属する韓国代表FWチョ・ギュソンの獲得に動いているようだ。8日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。 報道によると、セルティックは300万ポンド(約4億8000万円)ほどのオファーを全北現代に提示したようだ。なお、全北現代はマインツ(...
別窓で開く

「本当のエース」を目ざす堂安律、「怪物になりたい」田中碧…叶わなかったベスト8へ、東京五輪世代に託されたもの【W杯】
[カタール・ワールドカップ ラウンド16]日本1(1PK3)1クロアチア/12月5日/アル・ジャヌーブ・スタジアム「明日は最高の試合と最高の結果を得られるように、そして、日本サッカーの歴史に黄金の1ページを刻むんだという意気込みで、必ず勝ちたいなと思います」 カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド...
別窓で開く

本田圭佑、ピンチのサッカー日本代表に私見「次の結果を出すためには進化し続けないと」
サッカー元日本代表MFの本田圭佑(36)が29日に自身のツイッターを更新。サッカーW杯カタール大会に臨むサッカー日本代表について持論を述べた。W杯カタール大会のグループE第2戦が27日、ドーハ郊外のアフメド・ビン=アリー・スタジアムで行われ、日本代表は0−1でコスタリカ代表に黒星を喫した。...
別窓で開く

“逆境大好き”堂安律、必勝スペイン戦は「最高の状況」 「チームに勇気を与えたい」
日本代表MF堂安律(フライブルク/ドイツ)が、29日にメディア対応を行った。 12月1日にFIFAワールドカップカタール2022・グループE第3節スペイン代表戦を控える日本代表。「試合中は違いを作るところをコスタリカ戦で見せられなかったので、コスタリカ戦の反省を生かし、ボールを持ったら違いを作ること...
別窓で開く

「維持は衰退を意味する」本田圭佑、日本サッカーへの思いを綴る!「W杯後からどう変わるかが問われてる」【W杯】
 元日本代表MFの本田圭佑が、日本サッカーへの思いを綴った。 日本代表は、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ初戦で強豪ドイツを相手に大金星を挙げた。しかし、勢いそのままにコスタリカ戦に臨んだものの、ワンチャンスをものにされて0−1で敗戦を喫した。決勝トーナメント進出は、現地時間12月...
別窓で開く

「普段だったら起こりえない」鎌田大地が直面した世界の舞台の壁「決めきれてないのが今の自分の実力」【W杯】
[カタール・ワールドカップ・グループステージ第2戦]日本 0−1 コスタリカ/11月27日/アフマド・ビン・アリ・スタジアム 11月23日の初戦・ドイツ戦に続き、27日のコスタリカ戦も連勝し、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ突破をいち早く決めたかった日本代表。しかし、中南米の強国は...
別窓で開く

歴史的勝利を呼び込んだ森保采配は何が見事だったのか。対戦するスペインの記者が分析。浅野以外に賞賛した2選手は?【W杯】
 ドイツ戦の日本の戦いぶりは、歴史的な逆転勝利に相応しい内容だった。 序盤まずポイントとなったのが、ドイツの攻撃の起点をつぶす守備だ。1トップの前田大然に加え、鎌田大地がポジションを上げてヨシュア・キミッヒのパスコースを消し、ドイツがサイドに展開すると、左サイドハーフの久保建英、左SBの長友佑都がそ...
別窓で開く


[ マイン ドイツ カタール カタール ] の関連キーワード

シュツットガルト スペイン