本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



9年前のマレーシア航空機撃墜、プーチン氏がミサイル提供の可能性が高いと最終報告書
 【ブリュッセル=酒井圭吾】ウクライナ東部で2014年にマレーシア航空機が撃墜された事件で、オランダを中心とした共同捜査チームは8日、撃墜に使われたミサイルの提供はロシアのプーチン大統領が決定した可能性が高いとする最終報告書を公表した。プーチン氏の刑事責任を問える証拠はなく、捜査を終了する。...
別窓で開く

GACKT「表舞台から身を引く時なのかな」活動休止中の苦悩を初告白【2022年ベストスクープ】
ロシアによるウクライナ侵攻、安倍晋三元首相の銃撃事件と国内外で大事件が相次いで起こった2022年。かつてない激動の年となったが、芸能界や皇室でも衝撃的な出来事が連発。本誌が目撃してきた2022年のスクープの中でも、特に反響が大きかったものを改めて紹介したい。’23年元日放送の『芸能人格付けチェック ...
別窓で開く

韓国の武器輸出ブームはいつまで続くか—海外サイト
中国国営新華社通信系の参考消息は16日、「韓国の武器輸出ブームはいつまで続くか」とする記事を掲載した。アジア太平洋地域を中心とした公共政策に関連する政治、経済、ビジネス、法律、安全保障、国際関係、社会に関する分析と研究のプラットフォーム「イースト・アジア・フォーラム」に掲載された論評を要約して伝えた...
別窓で開く

日本発の「おいしさ」を世界に届ける——高宮 満(キユーピー代表取締役社長執行役員)【佐藤優の頂上対決】
 キユーピーと聞けばすぐさまマヨネーズが思い浮かぶ。実は、あの味は海外になく日本独自のものだという。健康志向を背景に「ハーフ」「ゼロ」と進化し、いまではさまざまな種類が家庭の食卓を飾るが、それら日本の味を世界展開しようともくろむのが現経営陣だ。果たして日本の食はどこまで広まるか。 ***佐藤 最近の...
別窓で開く

ロシア製ミサイル着弾のポーランド 反撃すれば欧州全体に広がる恐れも
ジャーナリストの佐々木俊尚が11月16日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシア製のミサイルがポーランドに着弾し、2人が死亡したという発表について解説した。...
別窓で開く

【コラム】難民を認める…なにが起こったのかー韓国
 韓国の難民認定は、G20の中で一番低く1.3%。とても難しい。少し古くなるが、2019年に難民として韓国で認められたのは、79人に過ぎない。今年、2022年はウクライナ問題も勃発し、地続きで韓国に逃げてきて難民申請した人もいるが、認定ではなく、ビザの延長など滞在期間の緩和措置でお茶を濁している。 ...
別窓で開く

2014年の時点で日本でもロシアによる情報戦は始まっていた!?
2022年2月にロシアによるウクライナ侵攻が始まって以来、日本国内でも連日その状況が報道されている。ロシアとウクライナの戦争は、いまだに終わりが見えないが、ウクライナという国そのものについても、現在でも日本の多くの人々に知られているとは言い難い状況であることも事実だ。...
別窓で開く

とりあえず「注視する」と言っているだけの岸田政権 エネルギー問題の解決に向け「足りないこと」
前日本銀行政策委員会審議委員でPwCコンサルティング合同会社チーフエコノミストの片岡剛士が10月10日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日本のエネルギー問題解決に向けた岸田政権の課題について解説した。...
別窓で開く

あなたの写真も「証拠」に使われているかも? ニュースのど素人が国際調査報道集団になれたワケ
 今後の報道の方法が根本的に変わるかもしれないことを実感させられる一冊である。なにしろ、筆者は自宅のキッチンテーブルでゲームやSNS、ブログ発信にのめりこんでいた「オタク」のような英国人素人だ。日本でいえば「コタツライター」が、あれよあれよという間に、世界に名だたる報道機関や国際機関が協力を申し出る...
別窓で開く

なぜロシアとウクライナは航空戦を展開しないのか?
熾烈な地上戦が繰り広げられ、数多の尊い命が失われているロシアによるウクライナ侵攻。元空将の小野田治氏によると、ロシアは長期戦に苦しんでいるにも関わらず、航空戦にはほとんど手をつけずにいましたが、その理由はウクライナ軍の装備にあったようです。...
別窓で開く


[ マレーシア ウクライナ ] の関連キーワード

ポーランド マレーシア ウクライナ キユーピ プーチン
ロシア

<前へ123次へ>