本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



韓国紙「米有力紙が政府にTPP加入を提案」 韓国首相「日本に貿易奪われる」…過去に発言
米国の有力紙が、バイデン政権には対中国貿易政策が不在であるとし、米国が多国間自由貿易協定(FTA)である環太平洋経済同伴者協定(TPP)に加入することを提案した。韓国聯合ニュースは5日、ワシントンポスト(WP)の4日報道を引用し、「米国がアジアで輸出市場を拡大し中国の影響力を制御するためには、輸出統...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、W杯やオリンピックの出場国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する。各地域...
別窓で開く

中国人の英語力がランク下げ「能力低い国」の判定、ナショナリズムの台頭も影響か
香港の英字紙、サウスチャイナ・モーニング・ポストは1日付で、中国人の英語能力の世界ランキングが低下していると指摘する記事を発表した。同記事は、ナショナリズムの台頭も英語力の低下に結びついているとの見方を示した。世界111の国と地域についての英語力を示すEF英語能力指数(2022年版)で、中国人受験生...
別窓で開く

日本発着の国際線は急速な回復傾向にある。多くは訪日需要であるが、日本人海外旅行者も徐々に増えている。「海外で鉄道の旅をしたい」という需要も高まっているのではないだろうか。しかし、行きたい旅行先は多々あろうが、安全な旅行先を選択したいものだ。安全な国ベスト10は?経済平和研究所(オーストラリア)の20...
別窓で開く

2022年は即位後初の外国訪問。2023年に期待される「地方公務の本格再開」という皇室“次のステップ”
 天皇皇后両陛下は、2022年9月19日、英国のエリザベス女王の国葬に出席された。陛下が王室や元首の葬儀に参列することは、皇室の慣例からすると異例のことだったが、英国からの招待に快諾なさったといわれた。 日本の皇室と英国王室の関係は深い。天皇即位後の翌年(令和2年・2020年)には、両陛下となって初...
別窓で開く

【AFF三菱電機カップ】猛攻実らずドロー決着のベトナム代表。最終節はミャンマーと対戦
東南アジアの王座を争うAFF三菱電機カップは30日にグループBの第4節が行われた。王座奪還を目指すベトナムはアウェーで西ヶ谷隆之監督率いるシンガポールと対戦した。 2連勝同士で、勝った方の準決勝進出が決まるというこの試合、ベトナムは主力数人を温存してフレッシュなメンバーを起用した。...
別窓で開く

年越しに食べたい世界の麺料理ベスト3は?『旅人マリーシャの世界一周紀行』第342回
ペルーの二日酔いや失恋に効く「死者を蘇らせる」スープ麺今年も残すところあと3日。皆さん年越しはどう過ごしますか? 私はやっぱり年越しそば。そばは切れやすいことから「今年1年の災厄を断ち切る」として、その文化は江戸時代に定着し、今も日本の60%の人が食べているんだとか。...
別窓で開く

【AFF三菱電機カップ】一時数的不利に陥るもベトナムが強豪マレーシアに快勝
東南アジアの王座を争うAFF三菱電機カップは27日にグループB第3節が行われ、王座奪還を狙うベトナムがホームで強豪マレーシアを迎え撃った。この試合は、ベトナムのパク・ハンソ監督とマレーシアのキム・パンゴン監督による韓国人指揮官同士の対決となった。 ベトナムはアウェーで行われた初戦でラオスに6ー0と大...
別窓で開く

『ブルーロック』顔負けなエゴイスト! やんちゃな言動で物議を醸したサッカー選手たち
『ブルーロック』顔負けなエゴイスト! やんちゃな言動で物議を醸したサッカー選手たち (C)PIXTAサッカーワールドカップ。カタール大会の開催によって、世界中で話題となったサッカー漫画『ブルーロック』。同作は日本のサッカーに“エゴ”が足りないという思想から、「世界一のエゴイスト」を生み出そうとする物...
別窓で開く

海自「国際観艦式」20年で変化した“顔ぶれ” 国際関係を象徴? 存在感増した国、消えたロシア
2022年11月に実施された海上自衛隊の国際観艦式は、史上2回目です。栄えある1回目は2002年のこと。今回と規模はほぼ同じでしたが、ロシア海軍から3隻も参加したとか。この20年でどう変わったか見比べてみます。首相が乗る観閲艦も20年で様変わり 2022年11月6日に開催された海上自衛隊の国際観艦式...
別窓で開く


[ マレーシア アジア ] の関連キーワード

マレーシア ミャンマ ベトナム 三菱電機 ネパール
ロシア