本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



岸田政権「瓦解」裏で始まった小池百合子の不気味な大ハッスル事情
 ここのところ、小池百合子東京都知事がやたらと元気だという。「自身の元秘書で、元都民ファースト代表の荒木千陽氏が参院選に出馬しましたが、小池氏の懸命の応援にもかかわらず落選。さぞ落胆しているものと思いきや、その参院選後、いつにも増して大車輪の動きを見せているんです」(都政担当記者) 例えばこうだ。...
別窓で開く

小池都知事、マレーシアでエネルギー国営企業と会談 天然ガスの安定供給を要望
 マレーシアに出張している東京都の小池知事は、エネルギー関連の国営企業の幹部と会談しました。小池知事は昨今の不安定なエネルギー事情を踏まえ、日本への液化天然ガスの安定供給を求めました。 マレーシアを訪れている小池知事は9月2日午前11時ごろ、石油や天然ガスを供給するマレーシアの国営企業・ペトロナス社...
別窓で開く

「杏のフランス移住」は何位?インパクトがあった海外移住芸能人ランキング
小島瑠璃子が来年に中国の大学へ留学する予定を発表し、杏は子ども3人と愛犬を連れてフランスに移住したことを公表しました。 これまで様々な芸能人が海外移住を決断してきました。そこで女子SPA!では30〜49歳の女性を対象に「驚いた、インパクトがあった芸能人の海外移住」のアンケートを実施(※)。ランキング...
別窓で開く

大坪千夏『ねるとん紅鯨団』でのごめんなさいは地味な学生生活唯一の華やか体験
住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、夢中になった映画やテレビの話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。「漫画『気まぐれコンセプト』(’81年〜・小学館)でマスコミ業界に興味を持って、映画『私をスキーに連...
別窓で開く

公共交通機関に「子連れ禁止ゾーンを作って」 女性の提案が賛否を巻き起こす
幼い子供を連れての公共交通機関の利用は一苦労だ。お菓子やおもちゃ、絵本で稼げる時間はたかが知れており、大きな声を出したり前の座席を蹴ったり、きょうだい喧嘩が始まったりと、親は気が休まることがない。このたび1人の女性が公共交通機関の子連れ利用についてある提案をし、賛否両論を巻き起こしていることを『LA...
別窓で開く

ミス日本ファイナリストに青山学院大学地球社会共生学部3年の小川聖奈さん「海外の方が日本文化を楽しんでいる様子が好き」
『第55回ミス日本コンテスト2023』のファイナリストを決定する大会の一つ「東日本地区大会」が行われ、厳正な審査の末、来年1月に行われる予定の『ミス日本』本戦に出場する地区代表7名が決定した。ファイナリストの一人に選ばれた、青山学院大学 地球社会共生学部 地球社会共生学科 3年・小川聖奈(おがわ・せ...
別窓で開く

機内で3時間泣き叫ぶ幼児に嘆く女性「大人専用のフライトを」と懇願し物議醸す<動画あり>
公共の場で大声で泣き叫ぶ幼い我が子に親が困り果ててしまうこともあるが、アメリカのある20代女性は楽しみにしていた旅行での飛行機内で泣き叫ぶ幼児に悩まされてしまったようだ。女性はSNSで「大人専用のフライトを」と投稿し物議を醸している。『The Mirror』『LADbible』などが伝えた。...
別窓で開く

防災の日 警戒される「都市型水害」 東京で整備進む“巨大地下トンネル”
 数ある災害の中で近年、東京都内でも重要視されているのが「大雨の対策」です。大都市特有の災害「都市型水害」対策として、現在、東京の地下で建設が進む“巨大トンネル”を取材しました。 ここ数年、都内でも懸念されているのが「大雨による被害」です。さらに都心部ではヒートアイランド化によって局地的な豪雨が多発...
別窓で開く

—[ライオン兄さん連載コラム「米国株FIREの流儀」]—  株式会社バイアンドホールド 代表取締役社長の山口貴大と申します。YouTubeやSNSでは「ライオン兄さん」名義でお金にまつわる情報を発信しておりますので、すでに私のことをご存知の方は、そちらのほうが馴染みがあるかもしれません。 私は現在、...
別窓で開く

不確実性が増しても、外国企業が中国から離れたがらない理由—米メディア
2022年8月29日、中国メディアの観察者網は、米中関係の悪化により地政学的不確実性が高まる中でも、中国に拠点を持つ外資企業が中国を離れようとしないとする米メディアの報道を伝えた。記事は、米紙ロサンゼルス・タイムズの28日付文章を引用。...
別窓で開く


[ マレーシア ] の関連キーワード

青山学院大学 フランス ねるとん 百合子