本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「サッカーの文化がなかったが…」70歳となったジーコ、“最高の思い出”に挙げた日本について言及!「今では世界中からリスペクト」
 3月3日、元日本代表監督のジーコ氏が70歳の誕生日を迎えた。 まだプロリーグすらなかった時代に来日し、日本サッカーの成長を見守ってきたレジェンドは、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』のインタビューで過去に感謝する中で、日本にも言及している。...
別窓で開く

“怪物”ロナウドが選んだ「歴代ベストイレブン」が超攻撃的! 3トップにメッシ、ペレ、ロナウジーニョの豪華布陣!! 中盤の顔ぶれは?
現地時間2月27日にフランス・パリで開催された2022年のFIFA年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」では、「FIFPro(国際プロサッカー選手会)」による「ワールドイレブン(男子)」が以下のように発表された。...
別窓で開く

CLナポリ戦で完敗も …鎌田大地に「再び欧州カップで躍動」の評価!ノーベル賞科学者もクラブ残留を懇願「残るならメダルを贈呈」
現地時間2月21日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)のラウンド・オブ16ファーストレグで、フランクフルトはホームでナポリに0-2で敗れた。 序盤は両チーム互角の試合だったが、組織力で上回るアウェーチームが徐々にペースを握り、幾つかチャンスを創った後、40分に右サイドでマリオ・ゲッツェのパスを...
別窓で開く

ディエゴ・マラドーナになれなかった男−カカロニ・すがやの“熱”Football Watch!−
アルゼンチンの優勝で幕を閉じた2022カタールW杯。アルゼンチン代表のメッシが、サッカー史上初であろう世界の主要タイトルを全て獲得した男になりました。...
別窓で開く

ナポリ、6連勝で首位キープ! クレモネーゼ相手にコッパ・イタリアの“リベンジ”達成
セリエA第22節が12日に行われ、ナポリとクレモネーゼが対戦した。 現在、2位のインテルに勝ち点差「13」をつけ、首位を独走しているナポリ。ディエゴ・マラドーナ氏が在籍していた1989−1990シーズン以来となるクラブ史上3度目のセリエA制覇までの“カウントダウン”がスタートしている。セリエAで6連...
別窓で開く

三笘薫には「感謝しかない」、PK奪取は「南野拓実を意識」。思考を繊細に表現する堂安律は、“フィニッシュ”と“仕掛け”を貪欲に追求【現地発】
 2022年カタール・ワールドカップでドイツ、スペインから1ゴールずつを挙げ、一躍、時の人となった堂安律(フライブルク)。昨年末に国内外で凄まじい注目を浴びた男は、1月21日のヴォルフスブルク戦から今季のシーズン後半戦に挑んでいる。 リーグ再開後のフライブルクは勝ったり負けたりと出入りの激しい状況。...
別窓で開く

メッシも「2度とやるな」と忠告! アルゼンチン代表GKが明かしたエムバペ挑発騒動の舞台裏「公にすべきではなかった」
昨年末に行なわれたカタール・ワールドカップ(W杯)は、決勝でPK戦の末にアルゼンチン代表がフランス代表を撃破。36年ぶりの戴冠を果たした。【動画】「エムバペに1分間の黙祷を捧げます」アルゼンチン代表GKマルティネスの問題発言をチェック 母国の“英雄”ディエゴ・マラドーナを擁し...
別窓で開く

メッシ兄、「カタルーニャ人は裏切り者」「バルサはレオのおかげで有名になった」との暴言で物議…のちに謝罪も、影響を懸念する声も
カタール・ワールドカップで母国アルゼンチンを世界王者に導くという悲願を成し遂げ、自身は大会MVPに輝いたリオネル・メッシは、35歳にして再びキャリアのピークを迎えていると言えよう。...
別窓で開く

あなたは誰を選ぶ!? 唯一無二の“ボールタッチ”でファンを魅了した歴代の選手たち
ドリブル、トラップ、パス、シュート。サッカーというスポーツでは、どんなプレーにおいて“ボールタッチ”の質が求められる。 では一体、世界一の“ボールタッチ”を持つ選手は誰なのか? これは「ゴール数」や「スピード」のように数値化できるものではないため比較が難しい。それでもボールタッチの凄さは、そのプレー...
別窓で開く

ついに辿り着いた悲願の“世界制覇”。W杯を掴んだ天才が涙を流さなかった理由——アルゼンチン代表とメッシの18年【後編】
2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)を目前に控えた頃から、リオネル・メッシは、どんな状況でも試合後のミックスゾーンで自分の意見を堂々と伝えるようになり、内に秘めていたリーダーとしての素質を見せ始めた。 W杯の南米予選が始まった頃の代表人気は、スタンドに空席が目立つほど落ち込んでいた。...
別窓で開く