本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



深作欣二が語った『ゴットファーザー』と『仁義なき戦い』そのいちばんの違いとは?
 今から50年前、反乱の季節の終わりに日米で大ヒットした第一級エンターテインメント。だが、その内実は真逆だった——。映画史家・伊藤彰彦氏による「『ゴットファーザー』と『仁義なき戦い』」(「文藝春秋」2022年8月号)を一部転載します。◆◆◆ 2022年は『ゴッドファーザー』(フランシス・フォード・コ...
別窓で開く

レオナルド・ディカプリオ、スコセッシ監督と7度目のタッグ! ノンフィクションスリラーが原作
オスカー俳優のレオナルド・ディカプリオと、巨匠マーティン・スコセッシ監督が、Appleの新作映画でタッグを組むことが分かった。『ギャング・オブ・ニューヨーク』や『ディパーテッド』などで組んできた2人にとって、7度目のコラボとなる。 Varietyによると、作品名は『The Wager(原題)』。...
別窓で開く

「冨安はベンチウォーマーになる可能性がある」英紙がアーセナル“昨季移籍組”の現状に見解!「起用可能な時はうまくやった。だが…」
 デビューしてからシーズン前半戦の出来は見事だった。一方で、後半戦はケガに泣き、今季もプレミアリーグ開幕戦を欠場している。アーセナルの冨安健洋にとって、今シーズンは勝負の年だ。 英紙『Mirror』は8月10日、昨年夏にアーセナルが獲得したアルベール・サンビ・ロコンガにミランが関心を寄せており、1年...
別窓で開く

「色んな意味でヤベぇ」悩める中年時代のトム・クルーズを救ったのは「空前絶後のバカ映画」だった!?
 主演作『トップガン マーヴェリック』の興行収入は100億円を突破! 60歳にしてキャリアハイを更新したトム・クルーズだが、そんな世界的スターも過去には奇行や悪評ばかりが目立つ時期があった。 トムが失速した40代の頃のエピソードを、ライター・加藤よしき氏の新刊『 読むと元気が出るスターの名言 ハリウ...
別窓で開く

大谷翔平の代打交代に現地ファンは「馬鹿げている」と不満。“2桁勝利&2桁本塁打”の快挙も「ファンは球場を後にした」
現地時間8月9日、敵地で行なわれたオークランド・アスレティックス戦に「2番・投手」でスタメン出場した大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は、6回、被安打4、5奪三振を記録。7回に今季25号ソロを放ち、自ら勝利を手繰り寄せた28歳は、1918年ベーブ・ルース以来104年ぶりの“2桁勝利&...
別窓で開く

荒ぶるマーティン・フリーマンの姿が 『レスポンダー 夜に堕ちた警官』本予告映像公開
マーティン・フリーマン主演の英国ドラマ『レスポンダー 夜に堕ちた警官』(全6話)がスターチャンネルEXから国内独占で配信スタートした。それに併せて、本作の本予告映像が公開された。本作は、警察への通報に初期対応する“レスポンダー”の任務に就きながら、麻薬の売人と関わり、自らの精神と家族を危機に追い込ん...
別窓で開く

50回目の開催に日本勢では唯一の参加! なぜスバルはニュル24時間レースに挑み続けるのか?
"世界一過酷なコースで行なわれる自動車レース"として有名なのが、ドイツの「ニュルブルクリンク24時間レース」だ。今年は新型コロナによる人数制限がなくなり、23万人もの観客が押し寄せたという。現地に飛んだモータージャーナリストの竹花寿実(たけはな・としみ)氏が、日本勢で唯一の参加となったスバルを密着し...
別窓で開く

世の中のさまざまなしがらみから抜け出して「幸せな人生」を歩むために必要なものはなんだろう?それは、「自信」だ。『幸せな自信の育て方 フランスの高校生が熱狂する「自分を好きになる」授業』(シャルル・ぺパン著、児島修訳)では、フランスの高校生から大絶賛される哲学教師が、「本当の自信の育て方」を教えてくれ...
別窓で開く

【F1】英国専門メディアが「2022年前半戦5つの失望」を選定! 苦戦中の角田裕毅やアルファタウリへの言及も
2022年F1世界選手権は、13戦を終えたところで1か月間のサマーブレイクに突入しているが、前半戦でも多くのハイライトシーンが生まれた。 見る者を大いに沸かせ、満足させた出来事は多々あったが、一方で失望に満ちたネガティブな事象も少なくなかった。...
別窓で開く

『スリー・ビルボード』マーティン・マクドナー監督最新作『イニシェリン島の精霊』来年1月公開
『スリー・ビルボード』のマーティン・マクドナー監督最新作『The Banshees of Inisherin(原題)』が、邦題を『イニシェリン島の精霊』として2023年1月に公開されることが決定。予告映像が解禁された。...
別窓で開く