本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ベンゼマ離脱の影響は? 前回王者フランス、5大会連続出場のオーストラリアの挑戦を受ける【カタールW杯・第3日目プレビュー】
 11月20日に幕を開けたカタール・ワールドカップ(W杯)。大会3日目は、グループCの2試合とグループDの2試合が開催される。リオネル・メッシ擁するアルゼンチンや、昨年の欧州選手権でベスト4のデンマークが登場する。 なかでも注目の一戦は、グループDのフランス対オーストラリアだ。...
別窓で開く

「ビール1杯2000円は高くない」カタールならではの状況に海外メディア記者も困惑!フードコートの食事には非難「空腹で来るのはお薦めしない」
 現地時間11月20日にカタール・ワールドカップが開幕。オープニングマッチのカタール対エクアドルは2−0で後者が勝利を収め、前者は大会史上初めて“開催国が開幕戦で黒星”となった。 また、今大会はスタジアムでのアルコール提供が禁じられているが、スタジアム外にアルコール類などを提...
別窓で開く

初日108位と出遅れたアダム・スベンソンが大まくりで米ツアー初優勝!
<ザ・RSMクラシック 最終日◇20日◇シーアイランド・リゾートGC (ジョージア州)◇シーサイドC 7412ヤード・パー70、プランテーションC 7060ヤード・パー72>年内最後の米国男子ツアー「ザ・RSMクラシック」は全日程が終了した。予選ラウンドはシーサイドコースとプランテーションコースの2...
別窓で開く

オーストラリア代表、ワールドカップ開幕直前にアクシデント…ボイルが負傷、ティリオを追加招集
オーストラリアサッカー連盟(FFA)は20日、FIFAワールドカップカタール2022に臨む同国代表のメンバー変更を発表した。FWマーティン・ボイル(ハイバーニアン/スコットランド)が負傷のためチームを離れ、代わりにFWマルコ・ティリオ(メルボルン・シティ)が招集されている。 FFAの発表によると、ボ...
別窓で開く

P・ロジャースとB・マーティンが首位タイで最終日へ 2打差以内に12人がひしめく大混戦
<ザ・RSMクラシック 3日目◇19日◇シーアイランド・リゾートGC (ジョージア州)◇シーサイドC 7412ヤード・パー70、プランテーションC 7060ヤード・パー72>年内最後の米国男子ツアー「ザ・RSMクラシック」の第3ラウンドが終了。予選ラウンドはシーサイドコースとプランテーションコースの...
別窓で開く

【NBA】八村塁が前半だけで13得点も後半はノーゴール。ウィザーズは激戦を制し延長の末にヒートを下す<DUNKSHOOT>
現地時間11月18日(日本時間19日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズは本拠地キャピタルワン・アリーナでマイアミ・ヒートと激突。延長の末に同地区のライバルを107−106で撃破し、今季成績を9勝7敗とした。 両軍のスターターは、ウィザーズがモンテ・モリス、ブラッドリー・ビール、デニ・アブディヤ...
別窓で開く

復活ブレンダン・フレイザー、レオナルド・ディカプリオとの感動の再会を明かす
マーティン・スコセッシ監督の新作『Killers of the Flower Moon(原題)』で、レオナルド・ディカプリオと共演しているブレンダン・フレイザーが、90年代にお互い新人だった頃に知り合い、今回の共演で再会を果たしたレオとの思い出を語った。...
別窓で開く

ロッテ23年カレンダーをファン感から販売!朗希は4月、オスナは7月掲載、レアード&マーティンは載らず
 ロッテは「2023マリーンズオフィシャルカレンダー」をファン感謝デー「MARINES FAN FEST 2022」が開催される11月20日からマリーンズストアで販売すると発表した。 2023マリーンズオフィシャルカレンダーには監督就任会見での吉井理人監督や2022年の選手プレー写真が使用されている...
別窓で開く

直径23cmのMサイズのピザ6種類が最大76%以上引きの各税込499円! ドミノ・ピザが「ピザの日」記念の九州限定「お客様感謝デー」を本日17日から4日間開催〜CEOとCOOが福岡県内4店舗でピザづくりの腕をふるう!
 ドミノ・ピザ ジャパンが展開する、国内No.1シェアを誇る宅配ピザチェーン「ドミノ・ピザ」が、11月20日の「ピザの日」(マルゲリータ王妃の誕生日にちなんでピザ協議会が制定、一般社団法人日本記念日協会に申請して認定された記念日)を記念し、九州地区限定の「お客様感謝デー」を開催。...
別窓で開く

ロッテOBの清水直行は、藤原恭大の打順に「違うんじゃないか」。一番の課題である打線、投打の軸として期待の選手も語った
清水直行が語る吉井理人新監督と今後のロッテ 後編(前編:ロッテ新監督の吉井理人は柔と剛のバランスがいい「設計者」>>) 昨年のリーグ2位から一転、今年はリーグ5位に甘んじたロッテ。ロッテOBの清水直行氏は、チームが低迷した要因と来季へ向けた課題、投打のキーマンなどをどう考えているのか。「はっきりして...
別窓で開く