本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



オーナーの“第一希望”?…新生ニューカッスルがポチェッティーノ氏招へいへ
 ニューカッスルが新監督としてマウリシオ・ポチェッティーノ氏の招へいに動いているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が29日に報じている。 現在、2007年からニューカッスルのオーナーを務めるマイク・アシュリー氏とサウジアラビア共同事業体がバックについた『PCP Capital Partner...
別窓で開く

ニューカッスルOB、古巣へポチェッティーノ招へいを希望「彼はチームを育てるのが上手いから…」
 元イングランド代表DFで現在はサッカー解説者を務めるウォーレン・バートン氏が、トッテナムで前監督を務めていたマウリシオ・ポチェッティーノについて語った。22日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。 昨年11月までの約5シーズンをトッテナムの監督として過ごし、同クラブを強豪へと成長さ...
別窓で開く

クラブ売却が近づくニューカッスル、新指揮官にはアッレグリ監督を招へいか
 ニューカッスルはマッシミリアーノ・アッレグリを監督として迎え入れたいと考えているようだ。大手メディア『ESPN』を引用しイタリア紙『フットボールイタリア』が伝えている。 ニューカッスルは、2007年からオーナーを務めるマイク・アシュリー氏とサウジアラビア政府系企業の間で買収取引が行われている。...
別窓で開く

トッテナム、ポチェッティーノ前監督の違約金減額を望む? 新型コロナによるクラブ収入減が影響か
 トッテナムが、2019年11月に解任したマウリシオ・ポチェッティーノ前監督に支払う違約金の減額を求めているようだ。16日に、イギリス紙『テレグラフ』が報じている。 昨シーズンは、トッテナムをプレミアリーグ4位、チャンピオンズリーグ(CL)ではクラブ史上初の決勝進出と準優勝に導いたポチェッティーノ前...
別窓で開く

シソコ、モウリーニョ監督への信頼を強調「トッテナムの未来」
 トッテナムに所属するフランス代表MFムサ・シソコがジョゼ・モウリーニョ監督への信頼を強調した。7日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。 トッテナムでは今季、約5年間同クラブを指揮していたマウリシオ・ポチェッティーノ前監督が昨年11月に解任され、新指揮官としてモウリーニョ監督が就任...
別窓で開く

「雑誌SK」アーカイブ│新スタジアムが切り開くトッテナムの新しい時代
[サッカーキング No.006(2019年9月号)掲載]今年4月3日、当初のオープン予定だった昨年夏から半年以上も待たされ、トッテナムは仮の本拠地ウェンブリーから“ホーム”に戻った。巨額の借金とリスクは、そのまま未来への投資の大きさでもある。“完璧”なスタジアムとともに、スパーズの新時代が幕を開けた...
別窓で開く

今やトップ選手&懐かしの名前も! 実は日本人選手とチームメイトだったことがある選手たち
 半年〜数年単位で移籍を繰り返すことが多いサッカー選手たち。意外な選手同士が過去に同じチームでプレーしていたというケースも少なくない。そこで今回は、日本人選手と同僚だったことがある現役の大物プレーヤーたちをご紹介する。計10組全てを覚えていたら、あなたは相当なサッカーファンと言えるだろう。...
別窓で開く

「雑誌SK」アーカイブ│モウリーニョはまだスペシャルか?
[サッカーキング No.009(2020年1月号)掲載] カリスマの威光は健在か、過去の遺物か。少なくともトッテナムの関係者たちは、「スペシャル・ワン」の頭に“元”をつけるのはまだ早いと考えているようだ。果たしてその目利きは確かだろうか—。...
別窓で開く

フレンキー・デ・ヨング 必然の選択【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.003(2019年6月号)掲載]アヤックスで急速に知名度を高めたフレンキー・デ・ヨングが次のステージに選んだのはバルセロナだった。注目の22歳が、カンプ・ノウ行きを決めた理由を語る。インタビュー・文=アーサー・ルナール翻訳=加藤富美写真=ゲッティ イメージズ 長年バルセロナの...
別窓で開く

“監督”ランパードに期待すること【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.006(2019年9月号)掲載]エース放出や補強禁止という暗いムードを変えたのはクラブを知り尽くしたレジェンドの帰還だった。しかし、監督歴1年という指揮官を抜擢したのは異例だ。チェルシーはなぜ、実績のない監督にチームの再建を託したのだろうか?文=リチャード・ジョリー翻訳=田島...
別窓で開く


[ ポチェッティーノ ] の関連キーワード

ニューカッスル ヨング