本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【レジェンドの素顔5】ベッカーに逆転負けしたマッケンローが、再び歩み出した最強への道|後編<SMASH>
大一番におけるスーパースターたちの大胆さや小心を、過去の連載記事を通してのぞいていくシリーズ「レジェンドの素顔」。今回は、80年代前半のスーパーヒーローだったマッケンローの後編だ。 1986年に7か月にわたる長期の休養をとり、マッケンローは心身ともにリフレッシュ。...
別窓で開く

連節バス運行のパイオニアが「国産車」導入 幕張で3.30運行開始 京成バス
塗装などはほぼ変わりませんが、代替わりです!幕張の連節バス3代目が登場 京成バスは2021年3月23日(火)、千葉の幕張新都心地区で運行する連節バスに、3代目となる新型車を2台導入し、3月30日(火)から運行を開始すると発表しました。 導入されるのは国産連節バス「日野ブルーリボン ハイブリッド連節バ...
別窓で開く

往年のワゴン車がズラリ!ホットウィールの新コレクション「ファスト・ワゴン」は激アツ!
今なお人気のレトロワゴン。直線的な無骨なデザインと安定感のあるドッシリとしたフォルムは、男心をガシっと掴みます。そんな往年のワゴン車にスポットを当てたミニカーが、世界的なミニカーブランドHot Wheels(ホットウィール)から登場。...
別窓で開く

電気自動車もさようなら。未来のモビリティ・水素燃料電池車が走る
「脱炭素」への動きが世界的に加速しています。前回の記事では「ガソリン車よ、さようなら!( https://limo.media/articles/-/22288 )」と題し、二酸化炭素(CO2)削減に向けた電気自動車(EV)へのシフト、そして、その課題などについて考えました。...
別窓で開く

過酷な雪上ドライブで分かった!スバル「レヴォーグ」をスキー場でよく見掛ける理由
4WDならではの優れた走破性と走行安定性などを武器に、ウインタースポーツ愛好者たちから絶大な支持を集めるスバル車。2020年秋に登場した新型「レヴォーグ」もそのDNAを継承する1台。今回は、雪が断続的に降り続く過酷なシーンで、スタッドレスタイヤを履いた新型レヴォーグをドライブ。“ゲレンデエクスプレス...
別窓で開く

地下30mの洞窟基地に眠るSAABと日本製ヘリ「武装中立」スウェーデンの凄み
北欧スウェーデンは、1800年代初頭から1992年まで中立を国是としてきました。一方で冷戦時代には万一に備え、国内各地に洞窟をくりぬいた秘密の飛行場を建設していました。その内の一つは現在、博物館として公開されています。地下飛行場を転用したスウェーデン航空博物館 強固な岩盤をくり抜いて造られた地下の秘...
別窓で開く

精巧な作りに開発者の“軽トラ愛”がビシビシ伝わる1/10RCカー
このどこか愛くるしい面構えのレトロな軽トラ。普通に田んぼ道を走っていそうですが、実はラジコンなんです! クラウドファンディングでも注目を集めた、軽トラRCカー「D12」(メーカー希望小売価格:8750円)が一般販売を開始。家の中でリモコンを運ぶのもヨシ、キャンプに持って行って大自然の中を走らせるのも...
別窓で開く

車載用LiB、ギガファクトリーが一気に立ち上がる
− 欧州向け投資活発化、生産能力4倍に −■本記事の3つのポイントEVなど電動車両の市場拡大を前に、車載用LiBの投資が活発化。...
別窓で開く

やっぱ北欧生まれは違うね!ボルボ「V60」ポールスター仕様は雪道でも速くて安定してます
2020年、ボルボの日本法人は全ラインナップから内燃機関のみのモデルをなくし、全車電動化を完了した。とはいえ“楽しいクルマ”がボルボからなくなったわけではない。今回採り上げる「V60 T8 ポールスターエンジニアード」は、ボルボ自ら走りを磨いた、いわばV60のエボリューション仕様。...
別窓で開く

エコなのに走りは鮮烈!ボルボ「XC60」ポールスター仕様が拓く高性能車の新境地
世界各国が脱炭素社会実現に向けて動き始める中、ハイパフォーマンスカーの未来が危ぶまれている。そんな時代にあって、ボルボの超高性能車シリーズ「ポールスターエンジニアード」は一部のクルマ好きから注目を集めている。なぜ同シリーズは人気なのか? 超高性能車に垂れ込める暗雲を吹き払う新世代ハイパフォーマンスカ...
別窓で開く