本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国BYD、3月にガソリン車の生産を終了、EVとPHVに集中—中国メディア
2022年4月5日、中国メディアの紅網は、大手電気自動車(EV)メーカーの「比亜迪(BYD)」が「3月にガソリン車の生産を終了した」と発表したことを伝えた。...
別窓で開く

アウディの新型BEV「Q4 e-tron」について、自動車業界内で前評判が高い。この車は、アウディのBEVシリーズ「e-tron」の最新モデルとして、2022年1月に国内発表。2022年秋から日本でデリバリーが予定されており、販売を前に2022年2月から7月にかけて、全国各地のアウディ販売店でドイツ...
別窓で開く

車に「カーボンニュートラル燃料」という選択肢はガラパゴス化しないのか? トヨタ、スバル、マツダが公式レースの場で公開実験
(桃田 健史:自動車ジャーナリスト) 日本の自動車産業界で今、カーボンニュートラル燃料に注目が集まっている。「カーボンニュートラル」を改めて説明すると、原油や石炭など原料の採掘、工場での製造、火力などによる発電、トラック輸送や乗用車の利用など、人間が地球上で生活する上で排出するCO2(二酸化炭素)の...
別窓で開く

《土浦集団リンチ傷害致死事件》「俺は組長の息子だぞ!」 組の“シマ”で暴れまわり「街では煙たがられていました」 逮捕された不良グループリーダーの素顔
「何、見てんだよ?」「見てねぇだろ、お前ら何なんだよ!」 きっかけは、そんなヤンキーたちの“メンツ”をかけた言葉の応酬だったという。 2月12日午前2時、茨城県土浦市。辺りには幹線道路沿いの外灯ぐらいしか明かりのないナイトクラブ脇の薄暗い資材置き場で、1人の男性が殴る蹴るの集団リンチを受けていた。...
別窓で開く

侮れない、狙いがよくわからない……etc。韓国・現代自動車「ヒョンデ」の12年ぶりの日本再参入に対して、日本の自動車産業界にはさまざまな見方がある。同社は2020年、企業名とブランド名についてグローバルで、それまで使われてきた「ヒュンダイ」から韓国語の発音により近い「ヒョンデ」に変更している。ヒョン...
別窓で開く

XC60の機能が向上。音声操作が可能なグーグルシステムを導入した。試乗車は1充電で約40kmEV走行可能な電動車、フラッグシップのプラグインHVモデルである。■高い人気のボルボXC60グーグルシステム新搭載 ボルボの主力モデル、XC60がマイナーチェンジした。XC60は日本でも持て余さないサイズと上...
別窓で開く

日本経済新聞が2月7日付で、「日産がエンジン開発終了へ まずは欧州、日中も段階的に」との見出しで記事を掲載した。Webサイトでは、有料記事の扱いだが注目を集めた。「日本車大手でエンジン開発の終了方針が明らかになるのは初めて」とも報じている。言葉尻にこだわれば、そういう表現になるのだろう。だが、すでに...
別窓で開く

販売台数は前年比63%増!! 急拡大中の欧州EV市場に落とし穴はない?
欧州のEV市場が活発だ。このまま一気に突き進むのか? 死角は一切ないのだろうか? 欧州の自動車業界に精通したモータージャーナリストの竹花寿実(たけはな・としみ)氏が濃厚解説する。* * *■EVでも存在感を示すフォルクスワーゲン——1月27日、日産と三菱自動車とルノーの3社連合が今後5年間でEV(電...
別窓で開く

ISPS新規大会はコロナ禍により欧州との共催が延期に “とりあえず”日本単独で開催へ
国際スポーツ振興協会(ISPS)と日本ゴルフツアー機構(JGTO)は21日(月)、都内で記者会見を開き、JGTOと欧州ツアー(DPワールドツアー)が史上初めて共催で行う予定だった「ISPS HANDA 欧州・日本どっちが勝つかトーナメント!」を日本ツアー単独で開催することを発表した。...
別窓で開く

ミャンマーの英雄キー・フラ・ハンが61歳で死去 日本ツアーでも活躍
アジアンツアーのエグゼクティブ・チェアマンを務めているキー・フラ・ハン(ミャンマー)が2月19日、がん治療の合併症のためシンガポールで亡くなった。61歳だった。フラ・ハンは1980年にプロ転向後、ミャンマーを代表するゴルファーとして活躍。アジアンツアーでは1999年の「ボルボ中国オープン」を制するな...
別窓で開く