本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ボルボ「C40」は日本初導入のEV専用モデル、スマホ感覚のクルマだった
 スウェーデンの自動車メーカー「ボルボ・カー」のスポーツ用多目的車(SUV)「C40リチャージ」に試乗した。...
別窓で開く

中国の自動車がチープなコピー製品だった時代はすでに終わった—独メディア
2022年8月9日、環球網は、中国の自動車業界の新勢力がドイツ市場を席巻しつつあるとする、ドイツのメディアグループRNDの7日付文章を紹介する記事を掲載した。文章は「長年、中国の自動車メーカーは欧州市場を開拓する能力を持っていると認識されてきた。...
別窓で開く

電気自動車大手テスラの製造方式は、トヨタなど既存の自動車メーカーとはまったく異なる。経営コンサルタントの竹内一正さんは「テスラは『ギガプレス』と呼ばれる大型の鋳造機を使って車のボディを溶接なしで作っている。こうした常識破りを繰り返すことで、テスラは爆発的な成長を続けている」という——。■「おもちゃの...
別窓で開く

12年ぶり日本上陸の韓国ヒョンデ、「新車オンライン販売」成功への算段 国内初の直営サービス拠点「CXC横浜」開設の狙いとは
(桃田 健史:自動車ジャーナリスト) 2022年2月、鳴り物入りで12年ぶりの日本再上陸を果たした韓国自動車メーカーのヒョンデ(旧名称はヒュンダイ)。同社の最大の特徴は、新車を完全オンライン販売するという事業戦略である。 日本における自動車のオンライン販売は、米国のテスラ、スウェーデンのボルボ、また...
別窓で開く

全長11.9m×全幅2.49m×全高3.79mの大型トラック。特別な届け出なしで日本の公道を走れるクルマとしては上限サイズである。その大きさを誇る最新の大型トラック、ボルボ「FH」に公道で試乗した。ボルボトラックは北欧スウェーデンに本拠地を構える商用車メーカーだ。今回試乗した大型トラックのほか、トレ...
別窓で開く

2010年の全米オープン覇者で熱心なマンUファン、グレアム・マクドウェル【きょうは誰の誕生日?】
2010年にペブルビーチで開催された「全米オープン」のチャンピオン、グレアム・マクドウェル(北アイルランド)が、きょう7月30日に43歳になった。愛称は「Gマック」。今季は米国男子ツアーに15試合出場した後、6月からは新リーグの「LIVゴルフ」に参戦。初戦は10位、第2戦は35位の成績を残している。...
別窓で開く

韓国の輸入車市場で中国車が初3位、日本車は5位に転落=韓国ネット「心配」「日本車のほうが…」
2022年7月18日、韓国メディア・アジア経済は「韓国の輸入車市場で中国製自動車が初めて日本製を上回った」と伝えた。日本ブランドに対する反感がなかなか消えず輸入数が減少している中で、商用車を中心に中国製の販売が増えた影響だとしている。韓国貿易協会の統計によると、年初から6月までの中国からの自動車輸入...
別窓で開く

中国のモビリティ革命、そのカギはスマホとの融合にあり?吉利汽車とシャオミの戦略とは
自動車業界は100年に1度の変革期といわれる。そのポイントは、「電動化」「自動化」「コネクテッド」だ。中国は電動化のダッシュに成功し、次の自動化、コネクテッドの実現へ向けて、動きを活発化させている。異業種との提携や、異業種からの進出が盛んだ。今回はスマホと車との融合を取り上げる。...
別窓で開く

ジャンボとの練習ラウンドで手応え! 聖地セントアンドリュースで日本人が最も注目を集めた日【名勝負ものがたり】
歳月が流れても、語り継がれる戦いがある。役者や舞台、筋書きはもちろんのこと、芝や空の色、風の音に至るまでの鮮やかな記憶。かたずを飲んで見守る人の息づかいや、その後の喝采まで含めた名勝負の舞台裏が、関わった人の証言で、よみがえる。今週は全英オープン。...
別窓で開く

EV(電気自動車)普及元年といわれる2022年、話題の中心は四輪車で、二輪車のEV化についてのニュースは少ない。だが、実は二輪大手4社は共同で交換式バッテリー事業を進めている。その流れは、小型バイクだけでなく、中大型にも来るのか?(ジャーナリスト 桃田健史)■18カ月の実証実験が完了利用者はおおむね...
別窓で開く


[ ボルボ ] の関連キーワード

トヨタ cxc