本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ドッピエッタでMOM! FWジェコ、ゴールへの情熱衰えず「36歳でもベストを尽くしたい」
インテルのボズニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコが、26日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・第5節ヴィクトリア・プルゼニ(チェコ)戦を振り返った。同日、イタリアメディア『フットボールイタリア』が伝えている。 インテルは第3節終了時点で2勝1敗のグループC2位につけると、第4節では決...
別窓で開く

バイエルン、ナポリが5連勝! グループDは大混戦…バルサ、アトレティコは敗退決定/CL第5節
チャンピオンズリーグ(CL)・グループAからDまでの第5節が26日に各地で行われた。 グループAでは4連勝で早々と決勝トーナメント行きの切符を掴んだナポリ(イタリア)が、ホームにレンジャーズ(スコットランド)を迎えた。11分、16分と立て続けにジョバンニ・シメオネがゴールを決め、ナポリが試合を優勢に...
別窓で開く

バイエルン、無傷の5連勝で首位通過…敗退決定のバルサは枠内シュート0で試合終了
チャンピオンズリーグ・グループC第5節が26日に行われ、バルセロナ(スペイン)とバイエルン(ドイツ)が対戦した。 バルセロナは今季のCL開幕戦となったヴィクトリア・プルゼニ(チェコ)戦で5−1と大勝を飾ったものの、続くバイエルン戦は0−2で落としていた。...
別窓で開く

インテルが4発快勝、2季連続の決勝T進出! バルサはバイエルン戦を前に敗退が決定
チャンピオンズリーグ・グループC第5節が26日に行われ、インテル(イタリア)がヴィクトリア・プルゼニ(チェコ)と対戦した。 今季のCL、インテルはホームで行われた開幕戦のバイエルン(ドイツ)戦を0−2で落とし、黒星発進となっていた。それでも、続くヴィクトリア・プルゼニとの一戦を2−0で制すると、迎え...
別窓で開く

インテルがプルゼニに4発快勝、“死の組”を突破!バルサはバイエルン戦を前に2年連続のGS敗退が決定【CL】
 現地時間10月26日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第5節で、インテルがチェコのプルゼニとホームで対戦した。 バイエルン、バルセロナと同居した“死の組”で、勝点7を挙げて2位のインテルは、3位のバルサに3ポイントをつけ、直接対決でも1勝1分けとリー...
別窓で開く

2006年ファイターズを日本一に導いたマイケル中村と中嶋聡…名コンビに見る“信頼の形”
■侍ジャパンと戦う豪州代表に見つけた「マイケル中村」の名前 今回の原稿は「文春野球日本シリーズ」第4戦だ。おかげさまで文春ファイターズは読者の皆さんの支持を頂き、ここまで勝ち上がってくることができた。ただ本物のファイターズは、日本シリーズから遠ざかって久しい。今季も新庄剛志監督の就任で話題にはなった...
別窓で開く

マンU、1月のFW補強を本格的に検討?…J・デイヴィッドら3選手をリストアップか
マンチェスター・Uが来年1月の冬の移籍市場でFWの獲得に乗り出す可能性があるようだ。24日、イギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。 今夏にはアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネスやブラジル代表MFカゼミーロ、同代表FWアントニー、オランダ代表DFタイレル・マラシアら即戦力を多く獲得する積極...
別窓で開く

「現地人と誤解され…」「知らない言語の翻訳を引き受けて…」25以上の言語を学んだノンフィクション作家の“途方に暮れた”語学体験
 ノンフィクション作家である著者は、ムベンベという謎の怪獣を探しにコンゴへ出かけたり、ケシ栽培を体験するため東南アジアの麻薬地帯に潜入したりしてきた。本書はその中でも、とくに語学に焦点を当てながらまとめたものである。 新しい言語を学ぶのが大好きな著者だから、今回も「語学愛」に満ち溢れているはず。...
別窓で開く

〈ロシアの苦境〉警戒部隊が真っ先に逃げ出し総崩れに…専門家が指摘するロシア軍の弱さの原因とウクライナの3つの勝因
〈ロシアの苦境〉「動員は失敗する」徴兵逃れで指詰め、飛び降り、乱闘…プーチンの戦争の断末魔 から続く 今年2月24日に始まったロシアによるウクライナ侵攻。開戦当初は、ロシアが短期間に勝利すると見られていたが、ウクライナは首都キーウを防衛し、ロシアは東部など一部地域の占領にとどまった。そして、9月...
別窓で開く

「……今年のイノトランスですが、前回と比べて、少しおとなしめな印象を受けませんか?」9月にドイツ・ベルリンで開催されたイノトランス(国際鉄道見本市)の会場で、とあるメディア関係者にそう質問された。中国中車(CRRC)が唯一屋外展示した、汎用型機関車「バイソン」を見ての率直な感想だった。4年前の201...
別窓で開く