本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



岸田総理「最大9基の原発稼働」に対して「反応の悪くない」日本国民
東京大学先端科学技術研究センター特任講師の井形彬が7月28日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。チェニジアで行われるTICADの出席に合わせて調整に入った岸田総理のサウジアラビア訪問について解説した。...
別窓で開く

【雑草プロの世界転戦記3】試合に出るだけが下部ツアーじゃない! 大会をトレーニングキャンプとして活用する選手も<SMASH>
25歳でテニスを始め、32歳でプロになった市川誠一郎選手は、夢を追って海外のITF大会に挑み続ける。雑草プレーヤーが知られざる下部ツアーの実情を綴る転戦記。  *  *  * 1年を通じて52週全てでITFツアーが開催されるチュニジア。今回は大会期間中の選手の生活についてお伝えしましょう。...
別窓で開く

ウクライナからの小麦が入らず、第三世界の国々で「政情不安」が起こる可能性も
地政学・戦略学者の奥山真司が7月26日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによるウクライナ南部・オデッサ港へのミサイル攻撃について解説した。※画像はイメージですロシアがウクライナのオデッサ港への攻撃を正当化ロシア国防省は、ウクライナ産穀物の輸出拠点となるウクライナ南部の...
別窓で開く

「アルテタ体制の象徴」と目される冨安健洋。アーセナル専門サイトはリーグ開幕までの復帰に懐疑的な見方
アーセナルは現地時間7月23日にチェルシー相手に4-0の大勝を飾り、今オフの親善試合はここまで5戦全勝を飾っている。 昨季はあと一歩のところで叶わなかったチャンピオンズ・リーグ(CL)出場権の獲得に向けて順調に調整を進めているように見える「ガナーズ」だが、その一方で昨季に加入し、すぐに不動の右SBと...
別窓で開く

「阿呆になれ」を体現。最悪の中国戦で唯一気概を示した選手が…【コラム】
 ひと言で、つまらない。E-1選手権で中国と引き分けた日本のパフォーマンスは文字通り最悪だった。特に前半は見るに堪えない内容で、正直、その前半はハイライトなどひとつもなかったと言ってもいいだろう。 深刻なのは頼れるCFの不在だろう。5バックで引いた中国にほとんど恐怖を与えられなかった点で、そこが気掛...
別窓で開く

日本代表・遠藤航の「ワンピース」好きが判明!“海賊王”に絡めたジョークに反応
日本代表の遠藤航が、7月23日に放送されたサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:25〜)に初登場。カタールW杯への強い思いを明かした。森保ジャパンの“心臓”であり、所属するドイツ・ブンデスリーガのシュトゥットガルトではキャプテンを務める遠藤。...
別窓で開く

日本代表の遠藤航が初登場!森保ジャパンやカタールW杯について赤裸々に語る
日本代表の遠藤航が、7月23日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:25〜)にゲスト出演。自身が中核を担う森保ジャパンや、カタールW杯の初戦で戦うドイツ代表などについて語り尽くす。昨シーズンの『東京オリンピック』も含めて55試合に先発出場するなど、遠藤は今の森...
別窓で開く

会社も仕事もやめて旅に出ようぜ! 日本・中国からアフリカ大陸まで陸路で行ってみた結果
会社に行きたくない。仕事したくない。ならば仕事をしに行かなくていいのではないでしょうか。辞めたいなら辞めてしまってよいと思います。自分が常識なのです。自分を信じて、自分を大切にすることは大切です。会社を辞めて、旅に出るのもアリ。イタリア〜チュニジアは船を使用日本から旅立ち、約1か月かけて中国からアフ...
別窓で開く

貫禄すら──。香港戦でW杯のメンバー入りに近づいたのは西村でも、相馬でも、町野でもなく…【コラム】
 寄せのスピードもマークも緩かった香港から6ゴールを奪取。E-1選手権の初戦は日本の圧勝に終わった。ともに2ゴールを決めた相馬と西村と町野、中盤で存在感を示した藤田の活躍は目を引いたが、どうしても「相手が香港だったから」という印象が残る。もちろん結果を残した点にケチをつけるつもりはないが、香港戦で躍...
別窓で開く

◆東アジアのタイトルを狙う日本代表メンバーは? 今年11月に開幕する「FIFAワールドカップ カタール2022」まで残り4か月となり、強化の機会はわずかとなっている。そのような状況のなか、日本代表は7月19日にEAFF E-1サッカー選手権大会に参加。香港代表、中国代表、韓国代表と対戦して東アジアの...
別窓で開く


[ チュニジア ] の関連キーワード

smash ウクライナ アフリカ アルテタ カタール
ジャパン