本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“痴情のもつれ”を火消しできず大ダメージに 〜「彭帥事件」は中国・習近平体制が抱える問題の症例
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月14日放送)に朝日新聞編集委員で元北京・ワシントン特派員の峯村健司氏が出演。月刊「文藝春秋」にも寄稿した彭帥事件の真相について解説した。...
別窓で開く

ウクライナで中国人留学生4人が露軍爆撃で死亡か…現地紙報道 中国紙は否定
ロシアのウクライナ侵攻が続くなか、東部のハルキウ(ハリコフ)でロシア軍の爆撃により中国人留学生4人が亡くなったという報道が出ている。4日、中国の華僑メディアであるニューヨークチャイナランドットコムは、ウクライナの現地メディアを引用してこのことを報じた。同メディアは「去る3日夜、ロシア軍がハルキウのあ...
別窓で開く

【中国IPO事情】海外投資家の窓口になっている香港のIPO市場の低迷が際立つ
 中国市場における2月のIPOは、1月と比較するとやや低調だった。2月は、米国株式市場をはじめ世界的に株式市場が低調で、中旬には北京オリンピックの開催があり、下旬にはロシア軍のウクライナ侵攻が始まった。不安定な環境の中だったが、上場銘柄数は香港を含む4市場で20銘柄と、1月の35銘柄を下回ったものの...
別窓で開く

中国の各SNS、ウクライナに対する悪質な書き込みなど遮断…「ウクライナの美女難民を喜んで受け入れる」など不適切発言広がる=韓国報道
中国のソーシャルメディアがウクライナ事態に関する悪質な書き込みや虚偽の情報を遮断していることが韓国で報じられた。中国公営メディアもネットユーザーに自粛を訴え、ウクライナ駐在の中国大使館は反中が拡大している中、ウクライナ人に中国人であることを明かさないようにするよう呼び掛けた。...
別窓で開く

海外紙「ウクライナ危機で最も影響受けるのは日韓」「対ロ制裁に積極的な日本がより大きな打撃」
ウクライナ危機により原材料価格が上昇すれば、世界の製造業が集まるアジア諸国が最大の被害を見るという分析が出た。特に影響が高いのが日本と韓国だが、対ロ制裁に最も協力的な日本の影響がより大きいとみられている。...
別窓で開く


<前へ12次へ>