本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナ侵攻長期化なら北方領土返還の可能性 日本も考えるべき「悪魔の選択」
 ロシア外務省が3月21日、北方領土問題を含む日本との平和条約締結交渉を現状では継続するつもりはないと発表した。これによって北方領土問題の解決は絶望的となったかに見える。一方で、国家間の外交は冷酷無比なもので、他国のダメージが自国の利益となるのは珍しいことではない。...
別窓で開く

北朝鮮で「第1回党宣伝部門活動家講習会議」が開催
北朝鮮で「朝鮮労働党第1回宣伝部門活動家講習会議」が28日から、平壌の4・25文化会館で開講した。朝鮮中央通信が伝えた同通信は、宣伝部門活動家講習会議は、「金正恩総書記の偉大な革命思想で全社会を一色化し、思想第一主義の旗印を高く掲げて国家の繁栄・発展と人民の幸福のための責任ある闘争で宣伝部門の戦闘的...
別窓で開く

金正恩氏「引き続き強力な攻撃手段を開発」…火星17開発者と記念写真
北朝鮮の金正恩総書記が、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星砲ー17」型(火星17)の開発者らと記念写真を撮った。朝鮮中央通信が28日付で報じた。金正恩氏は、「真の防衛力はすなわち、強力な攻撃能力である、誰も止められない恐るべき攻撃力、圧倒的な軍事力を備えてこそ、戦争を防止して国家の安全を裏付け...
別窓で開く

文在寅大統領と尹錫悦次期大統領が28日に会合を行う
新旧権力間の葛藤を演出してきたムン・ジェイン(文在寅)大統領とユン・ソギョル(尹錫悦)次期大統領が28日に大統領府で会合を行う。9日の大統領選挙以降、19日ぶりのことであり、現職の大統領と次期大統領が行った会合としては最も遅い。...
別窓で開く

イタリア代表番記者が怒りの告発。W杯2大会連続予選敗退の真犯人は誰だ
 今、イタリアのサッカーはその歴史のなかでもどん底の状況下にある。これまではイタリア代表の最大の失態として、1966年のイングランドW杯で、北朝鮮に1−0で敗れた試合が挙げられてきた。しかし、これからは違うだろう。少なくともあの時はW杯に出られていたのだから。 カタールW杯ヨーロッパ予選プレーオフ。...
別窓で開く

「史上最低レベルに転落」EURO王者イタリア代表の2大会連続W杯予選敗退に、国内メディアは「災害」「衰退」「壊滅的」
現地時間3月24日、カタール・ワールドカップ欧州予選のプレーオフ準決勝が行なわれ、イタリア代表はパレルモのスタディオ・レンツォ・バルベーラで北マケドニアと対戦して0-1で敗北。前回ロシア大会に続いてW杯出場を逃した。...
別窓で開く

「禁断の味」破れかぶれで食べた北朝鮮青年を処刑
いよいよ新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した、金正恩総書記の暴走が止まらない。その一方、北朝鮮では食糧が底をついた家を指す「絶糧世帯」が続出している。穀倉地帯の黄海南道(ファンヘナムド)の甕津(オンジン)のある農場では、半数が絶糧世帯に陥ったと、米政府系ラジオ・フリー・アジア(RFA)が現...
別窓で開く

「絶対に行きたくない」北朝鮮の若者ら、金正恩政権の重要命令を拒否
北朝鮮は24日午後、平壌の順安(スナン)飛行場から朝鮮半島東の海上に向け、長距離弾道ミサイルとみられる飛翔体1発を発射した。発射されたのは、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の可能性がある。北朝鮮は先月27日と今月5日、偵察衛星開発のためとして、ICBMの性能試験のための発射を行った。...
別窓で開く

【コラム】5年のうちに「この牙を」向けていれば…韓国
 2022年3月24日午後2時33分頃(日本時間)、北朝鮮は弾道ミサイルを発射した。ミサイルは約71分間飛び、北海道の渡島半島の西方沖150kmの日本の排他的水域内の日本海に落下した。渡島半島は、津軽海峡を隔ててそれぞれ津軽半島や下北半島とも向き合う。つまり、もうちょっと飛んだら、北海道か青森県に落...
別窓で開く

理不尽な命令を拒否した「金正恩の女スパイ」の残酷な最期
北朝鮮女性のカンさん(30代)は脱北者に偽装し、中国の長白朝鮮族自治県で牧場労働者として働きながら、現地の脱北者の動向を報告する北朝鮮の両江道(リャンガンド)保衛部(秘密警察)所属の無名の工作員だった。2015年から中国で活動していた彼女に2018年1月末頃、突然、保衛部から撤収命令が下された。...
別窓で開く


[ チャン 北朝鮮 ] の関連キーワード

ウクライナ イタリア 北方領土 euro 北朝鮮